I believe I can fly

単刀直入に言うと、「空を飛びたい」
猛烈に空を飛びたい。

夢でも、空を飛ぶ夢を見る。
夢の中では、体ひとつで空を飛ぶ。
直立した姿勢で、地面と水平になって飛ぶ。
歯を食いしばるとスピードが出る。
そんな夢を見る。

中学のグラウンドにスペースシャトルが僕を迎えにきて、乗り込んで宇宙へ行く夢も見た。

夢だけじゃなくて、現実でも空が好きだ。
飛行機が好きだ。
モーターパラグライダーやウルトラライトプレーンにも興味が凄く強い。
でも、できるだけ、生身の体で空を飛びたい。
だから、スカイダイビングもした

小さい頃に、二宮忠八の本を読んだ。
黄色の表紙だった。
強烈に記憶している。
カラスをモデルにして、飛行機を作ろうとした日本人だ。
彼の飛行機が出来上がる直前に、ライト兄弟が空を飛んだ。
1903年のことだった。

インドのドミトリーで一緒だった兄ちゃんと話していた。
彼は東北大学のサークルで鳥人間コンテストに出て、パイロットとして3位になった人だった。
質問攻めにして、いろんなことを聞いた記憶がある。
翼の素材や設計に関して、準備期間、パイロットの体力の付け方など。

青い空を見るだけでワクワクする。
数年前に行った、飛ぶ夢を見たという写真展も強く記憶に残っている。

そして、今は写真展のために写真の整理をやっている。
すると、空が好きなんだなと思う。
空の写真がかなり多いのだ。
いつの間にか空を撮っている。

動物が見たいというより、青い空に引き寄せられてガラパゴスに行った。
チベットも空が青いことに魅了された。
ボリビアの青い空も忘れられない。
部屋にも青空の写真が何枚も貼ってある。

空に対してとりとめもなく色々書いたが、ようは「空を飛びたい」。
鳥人間になりたい。鳥人間コンテストに出たい。

プロペラ部門は難しいので、まずは滑空部門で出てみたい。
設計図の書類審査があるので、設計図を書く必要がある。
全く知識がないが、調べて、いろんな人に聞いて出たい。
本気で出たい。
来年が無理なら、再来年まで準備してでも出たい。

空を飛びたい。
設計できる方や、流体力学とか詳しい人教えてください。

機体設計における解説があった。
http://www.ytv.co.jp/birdman/formular/bn/formular01.html

広島大学 設計図など
http://birdman.hiroshima-u.ac.jp/body/

早稲田
http://portal.nifty.com/special05/09/23/

人力飛行機製作法
http://kurumetori.blog63.fc2.com/blog-category-7.html

送信者 いろいろ

[日の出と共に飛ぶ鳥](PENTAX K10D DA18-55mm ISO: 100 露出: 1/750 sec 絞り: f/5.6 焦点距離: 55mm)

「つながる旅の記憶~寺町健 写真展~」
期間:9月30日(火)~10月5日(日)
   12:00~20:30(Fri ~22:00、Sun ~20:00)
場所:ウナカメラリーベラ
   中野区中野2-12-5 メゾンリラ101
   最寄り駅は中野駅になります。
   お茶やランチもできます。
   詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。