「運動」カテゴリーアーカイブ

安達太良トレイル

数年ぶりのトレランレース

ずっと雨

ドロドロ、池、ツルツル

転んで滑って泥だらけ

小雨でメガネ見づらい

沼みたいなトレイルに足が取られる

ソールは泥が付いて滑る
ここはルウェンゾリかというレベル

43キロでリタイア

関門の余裕はあったけど、友だちがゴールしたので辞めた。

夏の馬蹄形

毎年1回行っている谷川岳馬蹄形に今年も増田さんと。夏ピークでとにかく暑かった。

水場は2回降りた。たくさん飲んだ。

人は谷川岳以外多くないし、夏山の景色としては最高。緑と山深い感じが。前泊はいつもの土合山の家にお世話になった。

そして、週末少しランニングしているが、登りの脚力がなくなっていることを実感。

ニセコ

初めてのニセコへ。今まで一度も行ったことがなかったし、海外からの旅行者も少ないこのタイミングは逃せないということでタイトなスケジュールだったが、2泊3日で。新千歳からニセコへはバス。荷物は現地に宅急便の往復便を使ったので、移動も負担なく。スキー場の受付みたいなところだったのでかなり便利。

グランヒラフへ到着すると、ニセコ自体は小さな町という感じ。でも、雰囲気は日本というか、海外の日本食屋があるエリアみたいな店の作り。

タクジさん、しんやさん、カッセさんと合流。ゲレンデも広く楽しめるし、すぐにサイドカントリーに出られる。
ゲート5からトラバース、落とすとふわふわのパウダースノー。なかなかパウダーは難しいが、楽しい面もあり。スキー場はかなり広いのでいろいろなところを楽しんだ。あと、朝イチはパウダーが多いので、楽しんだ。

ご飯は部屋で鍋の日々。仲の良い仲間と一緒にワイワイガヤガヤ話しながら、遊び、のんびり飯を食い飲むのは楽しい。

外国人観光客はいないので、静かなニセコを楽しんだ。東急の株主優待で、リフトが3300円になったのもラッキーだった。

それにしても高級ホテルがわんさかできていて、沈没する日本では港区かニセコなら地下上がりそうと思えた。外国人観光客戻って来るかな?それ次第。

尾瀬岩倉スキー場

志賀高原のスキーが楽しかったので、続けて尾瀬岩倉へ。ここは数年前に行き、2度目。
体が軽いというか、板が雪とうまくなじんだというかで滑りやすく、滑っている瞬間が非常に楽しかった。ゲレンデのコースレイアウトも楽しめた。

いつもより心地よく滑れているなと感じていたが理由は、前回の志賀高原でスキー板を借りたことだと思う。自分の板は太くて長いからバックカントリーも行けるがゲレンデでは取り回しが悪い。

借りたものはゲレンデスキー用の板でそれで滑ったから、感覚が掴めた気がする。
尾瀬岩倉はパウダーなところもあり自分の板で良かったし前回の志賀高原から日が浅いのでその感覚も残っていたから上手く滑れた。

行き詰まったり、上達しなかったら、道具を変えてみる、やり方を変えてみるって大切だなと改めて。そして、何かを始めて習得する際は短期間で頻度高くやることが上達への近道。1回は短時間でもいいから頻度高く。車の運転とかスキーとか体で覚えるものは。

尾瀬岩倉スキー場は広くて、朝イチはパウダーで良いスキー場だった。

志賀高原スキー場

2021年も終わる。相変わらずこのブログは書いていないが、年を取ったらまた自分の振り返りで読むかもなので、2021年を雑に記録。

朝イチ家を出て新幹線で長野駅、そこから志賀高原の高天ヶ原マンモススキー場へ。10時に到着。

ブーツやストックは手持ちで、板だけ借りた。板が細くて短くて自分のより滑りやすかった。
それにしても、広いスキー場。昔のスキーブームの時は、相当な人が来ていたとか。
タクジさん、しんやさん、カッセさんと滑ったのは久しぶりで楽しかった。

夕飯を食べて、日帰りで2020飯山駅発の新幹線で帰宅。
志賀高原日帰りするとは思わなかった笑が、意外とフルで楽しめた。