ひょいっと奄美大島

やってきました、奄美大島。

今回の旅のメインディッシュはもちろんトカラ列島。だがしかし、トカラ列島に行くには鹿児島から週に2便出ているフェリーとしまに乗るのが最も一般的。しかし、週に1便は鹿児島から出てトカラ列島を経て奄美大島へ向かう便がある。その便は奄美大島を折り返し、トカラの島々に寄って鹿児島へ帰港する。そう、週に1度だけ奄美大島からトカラ列島へ行くチャンスがある。


飛行機わくわく

鹿児島はすでに2度ほど行ったことがある。それよりも奄美大島に興味がある。そこそこ小さい島には行ってみたくなる。奄美大島は西表島と似た感じでマングローブもある熱帯の島というイメージに吸い寄せられているのだろう。そこで、あえて鹿児島からフェリーとしまに乗らず、奄美大島に行き1日半ほど旅した後にトカラ列島へ向かうスケジュールにした。


出発だ

5月1日(金)午前中の仕事を終え、いざ羽田空港。羽田空港の拡張工事が大規模に行われているなーと眺めつつ、空港へ向かう。空港はそんなに混雑しておらず、比較的スイスイ手荷物検査を終える。飛行機に乗り込むが、窓際の席が取れなかったので外を見れないのでとりあえず、機内誌を熟読する。そして音楽を聴いて熟睡。あっという間に鹿児島空港に到着。5度目の鹿児島空港だ。やることもないので、外へ出てみる。すると、以前この空港に来たときのことやその旅を思い出し非常に懐かしくなる。場所は記憶を鮮明に蘇らせる。そんなことを思い出しつつ、展望デッキへ。飛行機の発着をみながらカッコいいなーと改めて感じる。地方空港の乗り換えの時間は展望デッキに限る。


いざ奄美大島へ


夕暮れの西の空

奄美大島行きの飛行機が離陸するので、機内へ。今度は窓側。ヤッタ!飛行機は離陸し、桜島や開聞岳が眼下に見えた。やっぱり空からの眺めは最高だ。その後も小さな島がいくつか目に入ってきた。ここがトカラ列島なのだろうかと思いを馳せながら、覗きこんでいた。奄美大島へはすぐ着いた。着陸の際にちょうど日が傾きかけていて、西の空が輝いていた。上空から見た奄美大島は想像していたよりも小さな島だった。


いもーれ奄美

奄美大島に着くと名瀬市内行きの最終バスに飛び乗った。1時間程度で名瀬市内に到着。もう暗くなっていた。さて、宿までどうやって行こう。宿に電話してみると、バスの終点にいれば迎えにきてくれるとのことで、しばし待つ。すると元気なおばちゃんが迎えにきてくれた。車に乗り15分ほどで到着。ゲストハウス涼風というドミトリー。1980円にシーツ代が300円。安い。荷物を置き、ちょっと遅めの飯を食いにいく。歩いて1時間弱で名瀬市中心部に着き、目的の島唄居酒屋を探す。そのお店の名前は「かずみ」という。かずみさんというお母さんがやっている店で、このお母さんが唄の名手。唄のコンクールで優勝したことがあるらしい。


おいしい食事とビール

扉を開けると満席でお客さんは陽気に歌っていた。最初、「満席だねぇ、ごめんね」と言われたが、「ああ、一人?一人ならカウンターに座れるよ」と、席を作ってくれた。なんともありがたい。ビールを頼むと、「うちはおまかせしかないよ」と言われ「それで大丈夫です」と答える。煮物や揚げ物、刺身とこれでもかというほどの量。食べていると、唄と踊りがまた始まった。常連のおっちゃんが三線を弾き、店のおばちゃんが手拍子で歌う。それにつられてみんなが歌い始める。何処からか馬の皮の太鼓が回ってきて、リズムをとる。すると、一人また一人と立ち上がり、カチャーシーの様に手を動かし踊りはじめる。なんとも楽しく陽気である。ワイド節など何曲か楽しんで、宴は終わった。


みんなで踊る

一組が帰り始めると、皆帰り始め、残ったのは俺と三線を弾いていたおっちゃんだけになった。カウンターに座って、話しながら飲んでいた。嵐の後の静けさのような店内は、これが普段のお店だよと教えてくれたような気がした。宴の後の日常の空間が好きな俺には、とても楽しい時間だった。話していると、一人、また一人と地元のおっちゃんが入ってくる。飲みにくる人もいれば、ただお茶だけ飲みに来る人も。どのお客さんも近くの常連さんっぽくて、みんなで楽しそうに話してお金も払わない。俺もただで焼酎を頂いた。

歩いて帰ろうとすると、隣のおっちゃんが車で送ってくれると言う。ありがたい。これだから島は楽しい。おっちゃんが奄美のいい店を教えてくれたり、他愛もない話しをしていると宿に到着した。礼を言って降りると、おっちゃんはUターンして戻っていった。

旅日記の続きはコチラ「ブルルン 奄美大島。最後は耐久戦。」

トカラ列島の旅ルートに関してはコチラ。
トカラの旅 概要
トカラの温泉
トカラの朝日と夕日
トカラの神々

2 thoughts on “ひょいっと奄美大島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。