三浦半島縦断トレイル、まさかの失格事件

昨年も参加した三浦半島トレイル。
東京から近くて日帰り可能、かつそこそこの距離があるので調整には便利な大会だ。

今回は心折れ部から大量参戦で15人ぐらい?
その他にもトレラン仲間がたくさんいて、楽しい大会になった。

From sports

が、結果は初めての失格。。。
チェックポイントが12カ所もあるのだが、そのうちの11番目を飛ばしたか機械がうまく計測しなかったと思われる。
うーん、残念だが、まあしかたない。

もし、失格になっていなかったら、5時間28分で75位ぐらいの結果だった。
去年は5時間35分46秒だったから、だいたい同じ。
同じレベルには調整できていると言うことだと思うが、今年はUTMFとUTMBが待っているので、それに向けて調整しよう。

===

朝は4時30分に起きた。
前日は12時前まで飲んで帰って、準備。
睡眠時間は3時間だったが、無事に起きれた。

コンビニで食料を買い、駅へ。
まだ真っ暗だ。
5時2分の電車で阿佐ヶ谷を出る。
品川まで出てから、京急に乗り換える。
と、ヒデキチさんに遭遇。
一緒に爆睡しながら三浦海岸駅へ。

ふと目を覚ますと太陽が昇って来た。
7時ぐらいに三浦海岸駅につくと、多くの心折れ部メンバーが同じ電車だった。
寒さに驚きつつも受付会場のホテルへ。
心折れ部で記念撮影。

From sports

着替えたり準備をして、スタート地点の海岸へ。
すると、インドで出会い、初めてのハセツネを一緒に走った友達がきていた。
STY(UTMFと同時開催の90kmレース)に参加するための調整だ。

1分ごとのウェーブスタート。
スタート後2キロぐらいは海岸沿い。
砂浜を走るのはなかなか難しい。
砂漠ってもっと大変なんだろうな。

From sports

その後、住宅街を抜けトレイルへ。
アップダウンが少ないが一部マッドかつスリッピーなトレイルがあった。
体重が増えているので、体が重かった。

樹林帯のなかなので眺めは良くないが一部で富士山が見えた。
まあ、なによりも晴天で走っていて気持よかった。
朝はすっごく冷えたけど、10時ぐらいには温かくなっていた。

From sports

住宅街に出たり、トレイルに戻ったりを繰り返しながら走る。
相変わらず道標が少なく、コースが分からない。
まあ、迷ってもすぐに住宅街なので困らないので地図も持っていない。

From sports

コースが分からなければ、立ち止ってコースを知っている人が来るまで待つ。
去年と同様のスタイルをとった。

後半はさらに自分の登りの筋力の衰えを感じながらも、ゴール。
5時間28分!
と、思って荷物置き場に行ったら、失格となっていた。
残念だったが、まあ、勝負レースでもないので悔しさはなかった。

From sports

これがUTMFやUTMBだったら悔やんでも悔やみきれないのだけれど。
その後、続々とゴールする友達を待って、おふろの王様という港南台のスーパー銭湯に。

風呂から上がって、みんなで飯を食って解散。
とても楽しい時間だった。

通過タイム
http://www.npo-outdoor.com/trailrun/miura/miura_no02/seiseki/Lap/lap_u7537u5b50_20u4ee3.htm

三浦半島トレイル2011
http://teratown.com/blog/2011/02/19/eacoaeo5thoueea/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。