結果的に雪の木曽駒ヶ岳でのんびりと

3連休ということで、出かけようと思ったけれど、直前まで行き先を決めないのがスタイル。
天気とかその時の気分とかに合わせて行き先を決める。

今回は木曽駒ヶ岳に。ここは以前にも夏に行ったことがあったし、千畳敷まではロープウェイで行ける。さらに、そこにはホテルがあって、日本で一番高い所にあるホテル。確か2600メートルを越えている。そこで、のんびりできて、木曽駒ヶ岳にもサクッと登れるので、チョイス。

送信者 登山

3連休と言うのに、高速バスは前日でも空席がたくさんあった。新宿から駒ヶ根駅までバスで。(駒ヶ根インターへ行くバスでも行ける。)そこから、路線バスに乗り換えて、しらび平へ。さらにロープウェイで千畳敷へ。ロープウェイを降りると千畳敷ホテルに直結。これは、登山でもなんでもないwでも、外に出ると雪景色。

送信者 登山

今回は千畳敷ホテルに泊まったのだが、路線バスの往復(駒ヶ根駅からしらび平の往復)、ロープウェイ往復、ホテル1泊2食がついて1万2千円。ホテルに普通に泊まっても1万1500円。それにバスとロープウェイで約4,000円ということで、かなりお得なプランがホテルのサイトにあったのでこれで行った。

ホテルに着くと、千畳敷カールを散歩。登山学校の人なんかも来ていて、ビーコンの使い方とかを練習していた。曇っていたけれど、風もあったのでたまに青空は見えた。その晴れたタイミングでは、白い雪、黒い岩肌、そして真っ青な青空。いつみてもこのコントラストは美しい。

送信者 登山

部屋に戻って、本を読んだり、テレビを見たり。本当にここは山なのか?と思うほど。そして、夕方に大浴場でお風呂につかる。極楽。夕食もホテルと言うだけあって、うまいし、華やかだし。かなりお得な感じ。

送信者 登山

早々に寝ることに。テレビの情熱大陸で、プロのパラグライダー乗りの女性を紹介していた。49歳の女性で、かっこいいい人だった。夢を求めて生きているけれど、どこかに不安とか何とも言えないものを抱えている感じがして、等身大の姿にとても共感。

夜から雪が舞いはじめたが、朝も引き続き粉雪。天気予報ではもっと良くなるかと思っていたが、そうはいかず。朝食を食べて、ゆっくり出ることに。ロープウェイの始発が9時なので、その人たちが到着して登山を開始するのと一緒に登りはじめた。リスクヘッジ。

送信者 登山

しかし、雪が舞い非常に視界が悪い。昨夜の雪は50センチほどで、ラッセルを強いられた。タフな行程だし、景色も良くないので途中で引き返すことに。スゴく短い距離でも、ホワイトアウトで視界がないと、迷ってしまうリスクがある。慎重にホテルまで戻る。

そのままロープウェイでくだり、駒ヶ根駅へ。予定より早かったのでバスをキャンセル。さらに、高速の渋滞を避けるために、電車で帰ることにした。交通費は高いけれど、渋滞に巻き込まれるよりはましだ。せっかく中央アルプスまできたが、完全にのんびり休息の旅になった。

送信者 登山

2/10(日) 新宿7:30発 駒ヶ根車庫11:28着 高速バス
    駒ヶ根駅発 駒ヶ根ロープウェイ行き しらび平下車 12:00 12:30 13:00 13:30のいずれか。中央アルプス観光バス
    駒ヶ根駅周辺でブラブラするか、ホテルへ行く。
    ロープウェイ しらび平 千畳敷

    ホテル千畳敷宿泊 路線バスとロープウェイのマル徳プラン1,2万円

2/11(月) 早朝から登山 昼頃下山
     ロープウェイの始発が到着する9時過ぎに登り、途中までで引き返した。
     ロープウェイ 千畳敷 → しらび平
     12:40 13:10 13:40 14:10あたりのバスで駒ヶ根駅へ。
     高速バスか電車で帰る。
     電車は不便だが、渋滞がないので、その場で判断。
     14:52発 駒ヶ根車庫 →新宿18:45 高速バス 予約済み
     結局は岡谷まで出て、特急あずさで帰宅。3連休最終日だしバスは高速の渋滞が怖かったので。

持ち物はいつもの。
一人でもビーコンなどは持った方がいいんだなと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。