神流マウンテンラン&ウォーク 大集合な2日間

神流マウンテンラン&ウォークには心折れ部から16人参加。去年は4人だったから、良いと言う話しを聞いて一気に増えた感じ。

いつものように現地集合。現地集合と言っても到着時間も知らないから、まあ、現地に着いたら会うだろうという感じ。今回も岡野さんの車に乗せて頂いて神流へゴー。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

かなり天気が良く、気持いい感じ。高速を降りて神流へ行く道は湖があり、紅葉が鮮やかでとてもいいドライブだった。到着した神流町は、こじんまりとした田舎町。紅葉がピークだけれど、アクセスがちょっと不便だからか、シンボルがないからか観光客はいなさそう。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

受付を済ませると、50%OFFのノースフェイス製品を物色。ニットキャップとシャツを買った。すると、知った顔にたくさん会う。オフィシャルバスで来てたり、車で来てたり。二人で町を歩きながらビールを飲む。鍋焼きうどん屋に行ったが満席で、そばやに移動。ここでも、天ぷらそばとビール。受付したら2日間だけ使える地域通貨1000円分をもらったので、早速使った。こういう取り組みも、非常にいいなって思う。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

神流マウンテンラン&ウォークは、トレランシーズンの終わりに開催され、ちょうど気軽に泊まりで行ける距離の場所である。前夜祭も盛り上がることから、トレラン仲間が集まる忘年会と化している。そこで、昼間からビールを飲んで、ワイワイがやがや。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

鏑木さんのコース説明を聞き、前夜祭。何と同じテーブルにヤマケンさん、リッカさん、千春さんとかなり豪華な席。VIP席じゃないですか!マジで。ヤマケンさんはピレネー100マイルレースで優勝してるし、いやー大物テーブル。乾杯と同時にハイエナのように食べ物に群がるトレイルランナー。さすが、良く食べ、良く動く人たち。地元のお母さん達が作ってくれたおいしい料理を食べながら、日本全国から来ている友達と飲み食べ、多いに盛り上がった。こんなに盛り上がる前夜祭はトレランでは始めてだと思う。地域の方が一生懸命もてなしてくれている感じが伝わる。地元の竹で作ったコップでお酒を頂いたり、自然と神流への愛着がわいてくる。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

終わるのは意外と早く20時頃にはバスで移動。民泊予定だったけれど人数オーバーで今回は老人ホームで宿泊。民泊を楽しみにしていたので、ちょっと残念だった。民泊するトレラン大会なんて聞いたことがないから、大会側も地元もひとつになって取り組んでいる証なんだろう。噂では、民家に到着すると再び料理とお酒が振る舞われることが多いと言う。地元のおじいさんとおばあさんと話しながら楽しい時間を過ごせるとか。俺たちはロージンホームの大広間で軽く飲んで、風呂に入って睡眠。その前に、ゼッケンに落書き。この大会はゼッケンに自分のニックネームなどを書き込むようになっている。これも面白い取り組みのひとつだ。レース前だからか想像していたよりもみんな飲まないで就寝。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

翌朝は4時に起きて準備。会場で朝食を食べて、いざスタート。まだまだ真っ暗。さらに冷え込んでいる。スタート直前に外へ出ると薄らと明るくなりはじめた。6時にスタートした頃には、ヘッドライトがなくてもギリギリ走れるぐらい。今回はスーパーロングペア50キロに参加。ペアの相手はホヤ先生。トレラン大会で2人ペアで出る大会って少ない。もっと長い距離なら数人で走るレースをたまに聞くが、50キロを二人でって珍しい。前半は先生が体調がすぐれずスローペース。でも、心折れ部の仲間数組で前後しながら走って、話しながら紅葉のトレイルを楽しんだ。このコースは本当に走りやすくかつ紅葉が美しかった。走っていて、本当に楽しかった。曇っていたのが唯一の心残り。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

昼が近づいても気温は上がらず寒いまま。先生がスローペースだったので、俺の心拍は上がらずウィンドブレーカーをずっと着たまま走った。涼しかったからか、自分で持っていた水は全然飲まなかった。ゴールまでのトータルでも300mlぐらい。エイドも充実していたので、来年はウェストベルトだけでも良さそう。食料もエイドに十分あったので、自分で持っていったものは、カロリーメイトみたいなバーを2本食べただけ。あとはエイドでたくさん食べた。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

走っていると心折れ部意外の友達とも何回もすれ違い話した。そして、エイドに着くと必ずと言っていいほど誰か友達が居た。後半はガスがスゴく、メガネが曇った。パラパラ雨が降ったが、体が濡れるほどではなく雨はギリギリセーフで免れた。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

持倉集落に行く前のトレイルは本当に走りやすく紅葉が抜群に綺麗だった。こんなトレイルは走ったことがない。紅葉をこんなに楽しめるトレイルは最高だ。前を走っていた方とも話しながら。今年の夏にUTMBのCCCに出たと話していて、一気に親近感がわいた。お互い神流は始めてだけど、来年も来たいですねーと。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

持倉集落では、そばを2杯食べ、ラストスパート。ホヤ先生が復活しだしたので、ここからはそれなりのペースで走って行った。最後は下り基調ということもあって、あっという間に神流の町に戻ってきた。そして、町の人に出迎えられてゴール。8時間26分。予定よりもかなり遅かったが、紅葉を楽しみながら走れた。次回はペアを組んで7時間切りを目指して5位以内に入ってみたいなと。始めてのペアレース、スピードが違ったりして難しい部分もあるけれど、いつもと違った感じでなかなか良い。もっともっと色々な大会であれば面白いのにと。

送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012
送信者 神流マウンテンラン&ウォーク2012

ゴール直後に雨が振り出し、心折れ部らしく各自バラバラに帰っていった。岡野さんと近くの桜山日帰り温泉に入って、カツ丼を食べて帰路に。今回もとっても楽しい2日間になった。紅葉っていいもんだなー。しみじみ。神流は来年もぜひ訪れたい。

開催日 平成24年11月11日(日) (前夜祭10日)
■ メイン会場 群馬県多野郡神流町万場中心市街地
■ クラス スーパーシングル 50km
スーパーシングル・スーパーペアクラス
   第1関門  西御荷鉾山登山口  午前11時00分(5時間)
   第2関門  みかぼ森林公園管理棟  午後12時30分(6時間30分)
   第3関門  持倉集落  午後 1時30分(7時間30分)
   ゴール  午後 4時00分(10時間)
■ゼッケン 232
■順位 15位
■時間 8:26:21

◆食料
・ボトル750ml(200か300mlぐらい飲んだ)
・水500ml(全くのまず)

・カロリーメイトみたいなやつ1袋だけ食べた(ジェルやパワーバーなどは一切食べず)
・エイドの水と食料はたくさん食べた

◆服装
・ファイントラック
・半袖コンプレッション
・心折れ部Tシャツ
・アームカバー
・ウィンドブレーカー
・バフ
・パンツ
・ロングスパッツ
・ランパン
・ウール靴下
・マゾヒスト
・手袋
・ゼッケンベルト
・GoPro
・時計
・デジカメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。