カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

長い旅の途上~ひとつの旅のはじまり~新しいブログ始めました

MMAという新しいトレランブランドのサイトでブログを始めました。
心折れ部のエディさんや渋井さんが立ち上げたブランドで、なんだかおしゃれなオーラが漂っています。

そんなMMAでブログを書くことになりました。基本的にはトレランネタになる予定です。そして、こちらのブログにも全く記事をコピペで掲載予定です。こちらはアーカイブ機能として、そうしたいと思っています。

長い旅の途上
http://mountain-ma.com/teratown/
===

人はいつも、それぞれの光を捜し求める、長い旅の途上なのだ。-星野道夫-

 

送信者 いろいろ

ブログのタイトルになっている「長い旅の途上」とは、写真家であり文筆家であった星野道夫さんの言葉だ。僕は、星野さんの写真と言葉がとても好きで、ことあるごとに本を読み返している。

星野さんが残した言葉の中でも、「長い旅の途上」という言葉は非常に好きで、生きていく上での指針のようなものになっている。

もともと、好奇心が強い性格で、自分でやったことのないこと、感じたことのない感情、全く想像もつかないこと、そんなことを自ら体を使って、肌で感じとり、沸き上がる感情を味わってみたい気持が非常に強い。

送信者 ALASKA 2009

そんなこともあって、知らない世界を見てみたいという動機から世界各地、日本各地を旅していた。同じ場所に何度も行くことは少なく、今までとは違った文化のエリアに行くことが多かった。ヨーロッパ諸国、インド、ネパール、チベットなどのアジア諸国、エクアドル、ボリビア、ペルー、チリなどの南米諸国、モロッコ、イランなどの中東およびアフリカ諸国、そしてオセアニア地域ではパプアニューギニア、北米のアラスカと異なる文化圏へ行き、現地の人と同じ物を食べ、同じようにバスに乗り、同じように生活した。

送信者 イラン

そうした旅の中で、価値観や文化/習慣の大きな違いに触れ、衝撃を感じるとともに、世界の広さ、そして面白さに気づいていった。都会に行くことは少なく、どちらかというと自然の中へ行き、広大無辺な自然を楽しんでいた。いつの間にか、自然が好きになり、その中でも山に魅了されていった。

送信者 パプアニューギニア2011

運動は小さい頃から大嫌いだったが、富士山に人生で1度は登りたいと大学時代に山登りを始めたのも、社会人になって人生で1度はフルマラソンを走ってみたいとチャレンジしたのも、自らの体で体験したいと言う好奇心からだった。

初めてのフルマラソンで前泊した時に、トライアスロンサークルの友達の友達が、「先週、奥多摩の山を24時間以内に走るレースに出て完走した」と語った。フルマラソンが一番キツい耐久競技だと思っていたので、そんな競技があることに驚くとともに、一度は挑戦してみないとどんなものか分からないと思い、翌年の参戦を決めた。

思い返すと、これがトレランとの出会いだった。そして、この大会が「ハセツネ」だった。初めてのトレランがハセツネで、友達もいなく、当時はネットの情報も少ないまま、本番を迎えた。レース中は筋肉疲労、眠気、水の不足などから、拷問かと思うような連続だった。

リタイアして終わると、経験したことにはならないので再度挑戦しなければならないと思い、もう二度と走りたくないという気持ちだけでなんとか完走した。そんな風に思っていたのに、ゴールでいろいろな人に「おかえり」「おめでとう」などと声をかけられ、胸が熱くなり、うれしく、そしてホッとした。この瞬間に、71.5kmの辛い道のりを走ってきてよかったと思えた。不思議な物だ。

送信者 いろいろ

やっている最中に、もう二度とやりたくないと強く思うものごとであればあるほど、その後からやりたいという気持が強く沸き上がるのは何だか面白い人間の性質だ。

こんなトレラントの出会いがあり、それ以来徐々にレースに出るようになり、1人で3年ぐらい山を走っているといつの間にか仲間が増え、今は「心折れ部」というトレランチームで楽しく山を走り続けている。

しばらくは、トレランをし続けるだろう。理由は純粋に楽しいからだ。ただ、人生と言う長い旅の途上にいることも事実で、様々なことを自分で体験したいと言う好奇心は止まることがない。自分で飛行機を作って自分で飛びたい、自分で家を建てて自分で住みたい、カヤックで長い期間旅をしたい、などなど上げれば切りがない。

送信者 ドロップ ボックス

旅行と言う意味での「旅」ではなく、僕はいつも旅の途上にいる。その旅が今は「トレラン」ということだと思っている。今も新たな何かに繋がっていく過程であり、今後の長い旅がどう変わっていくかをここに記していきたいと思う。

====

 

最後に、実は記録魔で、厖大な文章と写真を残している。こちらのブログではトレランをメインに書いていき、その他の旅や思うことネタは以下の自分のブログに書いて以降と思う。

自らのブログはこちら。http://teratown.com/blog/

自らのHPはこちら。http://teratown.com/

 

「BE-PAL(小学館)」リアル旅人図鑑に見開きで紹介されてます!現在(12/10~)発売中

小学館から出ているアウトドア雑誌「BE-PAL」1月号(12/10発売)に、見開き2ページで大っきく紹介して頂きました。
「石田ゆうすけのリアル旅人図鑑」というコーナーで、P138、139に大きな写真とともに載っています!

このコーナーは7年半かけて自転車で世界1周した石田ゆうすけさんの連載で、毎月1人の旅人にスポットを当てて紹介している記事です。
その最新号に「旅するように、トレランを楽しんでいます」というタイトルで掲載して頂きました!

送信者 記録

もともとはトルコに始まり、インド、ネパール、チベット、ボリビア、エクアドル、カンボジア、イラン、アラスカ、パプアニューギニアなどなど世界各地を1人で旅していましたが、今回の記事ではこの5年ぐらいハマっているトレイルランニングの切り口での記事になっています。

山を走るトレイルランニング(トレラン)を始めたきっかけ、なぜトレランをしているのか、その時にどんな気持なのか、などなど、とても分かりやすく僕の気持を代弁するかのように書いて頂いています。

今年のハセツネの日に撮影&インタビューでしたが、カメラマンの安田さんには昼の撮影に始まり、夜中のゴールシーン、朝の撮影、そして昼の荷物撮影にいたるまで徹夜でやっていただき、とても感謝の気持でいっぱいです。実は、夜中の1時ぐらいにゴールして、汗で濡れたTシャツを着替えて休んでいたのですが、夜明けとともに明るい場所での撮影と言うことで再び濡れたTシャツなどを着て写真を撮ってもらいました。再び濡れた服を着る気持悪さはたまりませんでしたが、満面の笑みで写ってます(笑)なんと、そのショットがメイン写真で使われています。

読まれた方は、ぜひ感想を聞かせてください!

===

送信者 記録

BE-PAL
12月10日(月)発売 
小学館
特別定価680円
石田ゆうすけのリアル旅人図鑑」P138、139

今月は寒冷前線歓迎特集「2013年 今が旬の15スタイル・完全ガイド―ニッポンの冬を遊びつくせ!」です。特別付録『星野道夫2013年カレンダー』は、星野さんの蔵出しベストショット&珠玉の名言付きです!

===

そして、うれしかったのはこの号には星野道夫さんの特集がされ、付録としても星野道夫さんのカレンダーがついています。一番好きな写真家であり、物書きである星野さんと同じ号に掲載されたのはただの偶然ですが、それがとてもうれしく感じた。

ついでに、今年はUTMF100マイルを走ったり、モンブランへ行きUTMBに出たりとトレランライフの中でも集大成のような節目の年だったので、このような記事にしてもらって幸せです。

来年のUTMFがやってこない

2013年のUTMFの抽選結果が12/1の9時に発表された。
どうかな?どうかな?と結果を見に行くと、なんと落選。

マジかっ。
ぐはっ。

何度も何度も確認し直したけど、やっぱり落選。

今年のUTMFは心残りなので、また走りたかったのに。
周りの友達もかなり落選している模様。

特に今年UTMF走った人の当選率は低そう。
そして、今年STY走った人の当選率は高そう。

あー、宮古島トライアスロンは当たらないかな?
でも、UTMFの方が走りたかった。

◆来年のUTMFの楽しみ方は下のどれかだろうな。

・85kmの短いSTYにエントリーする
・仲間のサポートをする
・ボランティアでスイーパーをする
・100マイル走りながら応援して写真を撮る
・完全に無視してGWはどっかに旅

送信者 UTMF2012心折れ部&金環日食

スマホ手袋が欲しくてスマホを買う

ジョージアと言う缶コーヒーがある。
普段は缶コーヒーなんて飲まないが、周りで流行っている。
スマホ手袋が当たるキャンペーンがやっているからだ。
ジョージアを1本飲むと1回応募でき、その場で当選結果が分かる。
毎日毎日応募しているので、俺も何回かチャレンジしたが当たるはずもなく。
遊びとして面白くなり、スマホ手袋が欲しくなった。
しかしスマホをもっていないので、スマホを買うことに。
という逆転現象は嘘ですが、PHSでは不便なのと仕事的にもあったほうが良いので購入した。

条件

・防水
・電波はそこそこ良好(ドコモかau)
・テザリングが出来る(外出先でもいろんなデバイスをネットにつなげれる。GoProとeyefiで写真のアップなど)
・Wimaxが使える(テザリングとあわせれば、家の光を解約できコスト削減)
・赤外線が使える(ウィルコムのPHSから通常の携帯にデータを移すのがとても不便。唯一便利な方法が赤外線)
・発熱したりとか、操作性が悪いなどの問題がない(使っていてストレスになるのは嫌だ)
・充電が長持ちする
・当たり前だが海外でも使える
・その他、ワンセグやお財布ケータイが使えてもなお良し

以上の条件を満たしたのはauの京セラから出ている「DIGNO ISW11K」のみだった。
ネットで調べた評判もそこそこだったし、購入することに。
一括で購入しても24ヶ月分割でも同じ値段(5万円ちょい)だったが、一括だとヨドバシカメラのポイントが10%つくので、一括で購入。
ついたポイントでmicroSDとケースを買って、スマホライフスタート。

ちょっと使った感じはなかなか良さそう。
本を読む時間を取られすぎないように、遊びます。

そうそう、家でWimaxとテザリングで使えれば、フレッツひかりを解約できてその分のコストも浮くから、スマホを持っても無駄な固定費の出費にはならない。
ラッキーだ。

あ、電話番号が変わりました。
近々ご連絡いたします。

佐渡国際トライアスロンAタイプ 完走しました。

台風が来て開催が危ぶまれましたが、スイムが3.8キロから2キロになりはしたものの無事に開催されました。
初めてのトライアスロンのロングレースで、なんとしてでも完走したいと思っていましたが、無事に完走することが出来ました。
もう、うれしくてうれしくて、最高のゴールでした。

佐渡の自然を味わい、島民のかたのサポートそして応援をいただいてとても素敵な大会でした。
特に、ゴールの前に商店街で声援をもらい、ハイタッチしながら走り抜け、ゼッケンナンバーと名前をアナウンスされてゴールするあの瞬間は幸せでした。
レース中は辛く、これを最初で最後に出ないと決めていましたが、ゴールのこみ上げる喜びを味わうと来年もと思えて来ました。

大会主催者、島の方、ネットを見ながら応援してくれた友人たち、みなさん本当にありがとうございました。
戦っているときは孤独な気持になるときもありますが、支えて応援してくれる存在を思うと本当に次の一歩だけは走ろう、そんな気持になり頑張れました。

詳細は後ほど書きたいと思います。

◆大会情報
ゼッケン:1038
氏名:寺町 健
年齢:28
性別:男
競技部門:佐渡国際トライアスロンAタイプ
競技区分:25-29男子
スイム:3.8キロ→2キロに変更
バイク:190キロ
ラン:42.195キロ

◆大会気象データ(新潟地方気象台発表 9月4日 7:00現在)
天候:曇り(少しだけ雨がぱらついた)
気温:28.1℃(最高気温は31度だったかな)
湿度:60%
風速:6.1m(海岸沿いは余裕で10メートルはあった。最高15mとか)
水温:26.0℃

◆結果
スタート時間:AM06:20:00
スイムフィニッシュ:06:57:14
住吉AS(バイク105km地点):11:04:47
ランスタート:14:42:11
畑野AS(ラン10.0km地点) :15:38:02
金井AS(ラン17.7km地点) :16:35:26
潟上AS(ラン25.6km地点):17:31:39
ランフィニッシュ:19:24:35
総合順位:312位
合計時間;13時間4分35秒
スイム:37分14秒(64位)
バイク:7時間44分57秒(509位)スイム後とバイク後のトランジションタイムも含む
ラン:4時間42分24秒(228位)
参加者:810人(国際A部門)
完走率:86.4%

大会気象データ(新潟地方気象台発表 9月4日 7:00現在)

○天 候   曇り    ○気 温   28.1℃    ○湿 度   60%
○風 速   6.1m    ○水 温   26.0℃

送信者 sports


友人GOさんがキャプチャしてくれたネットのゴールシーン中継

送信者 sports