311とロシアのウクライナ攻撃

地震から11年、すでに自分も大人で鮮明に記憶している出来事だ。

日常がガラッと変わるような大きな出来事。そんなこと起こらない、いや起こるかもしれないけど滅多に起こらないと思うこと。実は世界で数年に一度は起こってる。

東日本大震災、コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、911も、阪神大震災も、地下鉄サリン事件も。冷戦が終わったのも20年前。

インターネット、スマホの、登場も世界を明らかに変えた。

何が起こるか分からない。そしてそれは突然起こる。それに備えて生きつつも、その変化の波をうまく捉えていきたい。

2022年 東京 ロシアがウクライナを攻撃して戦争が始まった、ロシアに対する経済制裁で世界に大きな影響
2021年 東京 コロナはまだ続き今も緊急事態宣言の真っ只中
2020年 東京 世界はコロナウイルスで今もまた歴史の中にいる
2019年 東京 同い年の友達の東大准教授就任祝い
2018年 東京
2017年 東京&夜から白馬へスキー
2016年 東京
2015年 東京 数日後からキューバへ行った
2014年 麻布十番で飲んでたっぽい
2013年 伊豆トレイルジャーニーの翌日
2012年 東京
2011年 東京

10年目の311

朝ランのスタイル

もともとランニングは好きではない。昔から楽しい山とか、何かしらのトレラン、トライアスロンのための体力作りならランニングもできた。

が、週末の朝2日とも6時、今は日の出が遅いので6時半から走ってる。

まぁ、楽しい!って訳ではないが、何か面白そうなことをするのに基礎体力がないと、いざ楽しいことをするときに出来ないから。

で、少しでも続けられるようにいろいろ揃えた。ギアに関しては興味ない方であるが。

suunto 9を買い、スマートウォッチで距離やタイム心拍数を計測

stravaにデータを溜めて記録and可視化

suuntoアプリでは、ルートをつくって時計に入れてナビゲーションしたり、トレーニングピークスの指数でトレーニング負荷をみたり。仕事だけじゃないけど、こうした遊びも視覚化されると、どこまではやろうとか、ここは改善しようとできる。まぁ、レジャー的なお気楽な要素は少し減るが。

靴はアシックスのevoride2
ランニングシューズ買うのは10年ぶりぐらいだが、厚底で先が丸くそっていて走りやすい。幅広のモデルがあるのがとてもよい。

オンライン会議が多くてairpods proだと耳が疲れて、休みに走りながらもイヤホン使うのが嫌になっていたので、骨伝導のopenmove after shokzにした。iPhoneのKindleアプリで本を開いておいて、iPhoneの読み上げ機能を使い聴きながら走っている。骨伝導なので外の音も普通に聞こえるし、耳の負荷が少ない。

さらに本を読む時間がなかなか取れないので学びにもなる。

真冬でも短パンTシャツで昔は走っていたが、長ズボンにウインドブレイカーを着て走っている。あと手袋も。携帯はバフを腕と手のあたりに巻いて携帯を固定している。万が一コンビニに行く時もマスク代わりになる。

ということをしたら、この数年続かなかった運動が続いているので、環境を整える大切さを改めて感じている。やらない理由を徹底的に無くしていくというアプローチ方法。

伊東キャンプ

家から東名高速にすぐ乗れるので、東伊豆はかなり便利で近い。さらに寒い時期でも比較的暖かいので、今回も普通のシュラフで全然寒くなかった。

行き先は宇佐美城山公園キャンプ場。新しいところでキャンプ場としては、リピートしたいという感じはない。

夜のポップコーンを焚き火でして子どもたちは盛り上がった。お風呂はドラム缶風呂でこちらもエンタメ性があり楽しめた。

帰りは小室山と、恐竜公園に寄る。恐竜公園は遊具も立派で恐竜もたくさんいて子供には最高だと思う。

座間見2021

昨年に続きファミリー座間見。総勢25人ぐらいかな?

前田ファミリーと泊港で合流し、座間見島へ高速船で向かう。先に来ている友達ファミリーと合流。

古座間見ビーチに行ったり、海亀見たり、サップに乗ったり、朝ランしたり。

下の子も大きくなり怖がる海に少し慣れ、上の子はSUPに乗り楽しいと話していた。

最後の日はビーチで星空を家族で見上げた。一年前と比べて大きくなった子供がいた。自分の子も友達の子も。時はすぐに流れてチャンスなんてなくなるから、今やれることは全てやろうと思える。

友だちと遊ぶ子どもの姿を見て、また来年も来ようと決めて帰路に着く。

安達太良トレイル

数年ぶりのトレランレース

ずっと雨

ドロドロ、池、ツルツル

転んで滑って泥だらけ

小雨でメガネ見づらい

沼みたいなトレイルに足が取られる

ソールは泥が付いて滑る
ここはルウェンゾリかというレベル

43キロでリタイア

関門の余裕はあったけど、友だちがゴールしたので辞めた。