息子と2人で直島へ

上の娘が2歳の時に初めての父子2人旅を2泊3日でした。行き先は直島。高松まで飛行機で行き、フェリーで直島へ。自分にとってとても良い思い出で、下の息子とも来たいと思っていた。

息子が2歳のうちにと思い、高松からフェリーで直島という全く同じルートで2泊3日の旅を計画した。

風邪も引かず当日を迎え、羽田へ。電車の時刻がギリギリになりそうで、途中で電車からタクシーに切り替えて羽田空港へ。無事に間に合い、搭乗。

滑走路が変わったとかで全然飛ばない。りょうくんも飛ばないね。早く飛んでーと。でも、トーイングトラクターや化学消防車だっー、と、普段見ない車を見て楽しく過ごす。

離陸するとしばらくして寝た。高松は暑かった。バスに乗りフェリー乗り場へ。嘔吐しないか心配だったが、気持ち悪くなることなくバスを降りるころ、船嫌い乗りたくないと言い始める。まぁ、思いつきかなと思い、軽く対応。

しかし。何度も言う。船は臭いからヤダ。嫌い、絶対乗らない。と言う。あれれ。

バスを降りてチケットを買っても、フェリー乗り場で立って動かない。昼ごはんを買い、食べる時に、カッコいいよとか、臭くないよ、お姉ちゃん船大好きだったよとか、こっそり荷物に入れてきたミニカーをだしたりしていたら、お船乗る!お船好きとなった。

無事に船に乗り、大きくて揺れないし臭くないので、楽しんでいた。船を降りる頃、ちゅん帰ると言う。自分のことをちゅんと言うのだ。

おうち帰りたい。おうちがいいと。まぁ、赤いかぼちゃで遊ぼうと言って遊ぶが、すぐにおうちでご飯食べてねんねしたいと。

疲れてるのかなと思い、宿へ。荷物を、おろしてゆっくりしようとすると。嫌だ。帰る。おうち帰ると泣き叫ぶ。絶対帰ると。絶対を繰り返し言う。民宿の2階で泣いて飛び跳ねて、足をバタバタして。困った。

とりあえず、荷物を置いて宿を出る。かぼちゃでミニカー遊びしようと。すると泣き止んで、かぼちゃへ。しかしあまり楽しそうではない。少し遊びうんちもしたので、お部屋戻ろうと言うと嫌だと。あのお宿嫌だと。なんとか説得して宿まで近づくが、宿に近づくと泣き方が本当に悲しそうに、そして最終的に激しくなる。あの青いお宿ヤダ。

お菓子を買おうとコンビニへ行く。コアラのマーチを買ってあげて、帰る。

うんちだけお部屋で変えようと言うけど、なかなか宿の前で動こうとしない。お尻にバイキンがいて痒くなるよとか、抱っこしたりとかしてもダメ。

苦戦したがなんとかへやに。戻っても部屋でなき続けて、叫び続けて、暴れて暴れて。もう、何を話してもダメな状態に。抱きしめて落ち着かせようとしても、それすらできない。

分かった、外に行こうと、荷物をまとめてフェリーのりばに。すると落ち着き始めた。フェリー乗り場のトイレでオムツを返させてくれた。諦めて新幹線で帰ろうと宇野港、岡山方面のフェリーチケットを買う。並んでいる時も話す。と、お姉ちゃんが前に泊まった宿ならパパと2人で泊まっても良いと言う。ので、フェリーに乗らず、以前泊まった宿へ。

宿の女将さんに以前上の子と着て、同じ部屋なら泊まると言うのでと部屋を見せてもらった。ありがたい。りょうくんにきくと、小さい声で嫌だと泣く。女将さんも優しく私がいると良くないから部屋を見て決めたら教えてと奥に言ってくれた。けど、泊まりたくない。おうち帰りたいと。どうやらお姉ちゃんと一緒にお宿に泊まれると思ってOKをだしたようだった。

裏に公園がありそこで遊びながら気分を紛らわす。が、少し遊ぶとまた、おうち帰る、絶対帰ると。牛乳を飲んでも変わらない。

本当に帰るなら間に合う最後のフェリーなので港へ向かう。ギリギリまでいろいろお話ししたけど、ずっと帰る帰ると言う。このまま、宿に戻ってもまた激しく泣き叫ぶだろうし、そこまで嫌なのに親の趣味で無理やり泊まらせるのも、旅行やパパとの2人旅が本当に嫌いになりそうで、ものすごく迷ったがフェリーに乗った。

フェリーに乗ると機嫌良く、お船乗ってるね!と。すぐに宇野港に着き電車に乗ると車掌さんがシールをくれた。機嫌が良くなり、黄色い電車初めてだね、楽しみだねと。乗り物が大好きなのだ。それから、ねぇね、今おうちに帰ってるからねー、待っててねぇーと、楽しそうに1人で話している。

そしてまたすぐ寝た。岡山で新幹線に乗り換え、精神も落ち着き始めたので、何が嫌だったのか聞いてみると、さみしかったの。と言う。ママとねぇねと一緒に寝たい。旅行はママパパねぇねとがいい。

なるほどね。今もうねぇねはお家かな?と聞いてくる。岐阜のじぃじばぁばの家が東京より近いので泊まるか聞いたら、嫌だ。東京のマンションのいつものおうちに帰りたいと。おにぎりひとつ食べたら新幹線でまた寝た。

新幹線でこれをメモ。日付が変わるくらいに家には帰れる予定。電車、タクシー、飛行機、バス、フェリー、新幹線、1日でこんなに乗り物乗る日は今日ぐらいかもね。そして、日帰りでこの距離親子2人で移動するのも初めてだしこれからもないかもね。2泊の予定が日帰りに。

全く予想してない展開だったけど、あなたの強い意志と家族全員と一緒が良いと言う気持ち、親のエゴを押し付けすぎていたのかなと反省してます。

もう少し大きくなったら、泊まり2人旅できるかな?今日も日帰りだけど立派な男2人旅だったよ。

下の子は乗り物が好きなので電車や

311とロシアのウクライナ攻撃

地震から11年、すでに自分も大人で鮮明に記憶している出来事だ。

日常がガラッと変わるような大きな出来事。そんなこと起こらない、いや起こるかもしれないけど滅多に起こらないと思うこと。実は世界で数年に一度は起こってる。

東日本大震災、コロナ、ロシアのウクライナ侵攻、911も、阪神大震災も、地下鉄サリン事件も。冷戦が終わったのも20年前。

インターネット、スマホの、登場も世界を明らかに変えた。

何が起こるか分からない。そしてそれは突然起こる。それに備えて生きつつも、その変化の波をうまく捉えていきたい。

2022年 東京 ロシアがウクライナを攻撃して戦争が始まった、ロシアに対する経済制裁で世界に大きな影響
2021年 東京 コロナはまだ続き今も緊急事態宣言の真っ只中
2020年 東京 世界はコロナウイルスで今もまた歴史の中にいる
2019年 東京 同い年の友達の東大准教授就任祝い
2018年 東京
2017年 東京&夜から白馬へスキー
2016年 東京
2015年 東京 数日後からキューバへ行った
2014年 麻布十番で飲んでたっぽい
2013年 伊豆トレイルジャーニーの翌日
2012年 東京
2011年 東京

10年目の311

朝ランのスタイル

もともとランニングは好きではない。昔から楽しい山とか、何かしらのトレラン、トライアスロンのための体力作りならランニングもできた。

が、週末の朝2日とも6時、今は日の出が遅いので6時半から走ってる。

まぁ、楽しい!って訳ではないが、何か面白そうなことをするのに基礎体力がないと、いざ楽しいことをするときに出来ないから。

で、少しでも続けられるようにいろいろ揃えた。ギアに関しては興味ない方であるが。

suunto 9を買い、スマートウォッチで距離やタイム心拍数を計測

stravaにデータを溜めて記録and可視化

suuntoアプリでは、ルートをつくって時計に入れてナビゲーションしたり、トレーニングピークスの指数でトレーニング負荷をみたり。仕事だけじゃないけど、こうした遊びも視覚化されると、どこまではやろうとか、ここは改善しようとできる。まぁ、レジャー的なお気楽な要素は少し減るが。

靴はアシックスのevoride2
ランニングシューズ買うのは10年ぶりぐらいだが、厚底で先が丸くそっていて走りやすい。幅広のモデルがあるのがとてもよい。

オンライン会議が多くてairpods proだと耳が疲れて、休みに走りながらもイヤホン使うのが嫌になっていたので、骨伝導のopenmove after shokzにした。iPhoneのKindleアプリで本を開いておいて、iPhoneの読み上げ機能を使い聴きながら走っている。骨伝導なので外の音も普通に聞こえるし、耳の負荷が少ない。

さらに本を読む時間がなかなか取れないので学びにもなる。

真冬でも短パンTシャツで昔は走っていたが、長ズボンにウインドブレイカーを着て走っている。あと手袋も。携帯はバフを腕と手のあたりに巻いて携帯を固定している。万が一コンビニに行く時もマスク代わりになる。

ということをしたら、この数年続かなかった運動が続いているので、環境を整える大切さを改めて感じている。やらない理由を徹底的に無くしていくというアプローチ方法。

伊東キャンプ

家から東名高速にすぐ乗れるので、東伊豆はかなり便利で近い。さらに寒い時期でも比較的暖かいので、今回も普通のシュラフで全然寒くなかった。

行き先は宇佐美城山公園キャンプ場。新しいところでキャンプ場としては、リピートしたいという感じはない。

夜のポップコーンを焚き火でして子どもたちは盛り上がった。お風呂はドラム缶風呂でこちらもエンタメ性があり楽しめた。

帰りは小室山と、恐竜公園に寄る。恐竜公園は遊具も立派で恐竜もたくさんいて子供には最高だと思う。

座間見2021

昨年に続きファミリー座間見。総勢25人ぐらいかな?

前田ファミリーと泊港で合流し、座間見島へ高速船で向かう。先に来ている友達ファミリーと合流。

古座間見ビーチに行ったり、海亀見たり、サップに乗ったり、朝ランしたり。

下の子も大きくなり怖がる海に少し慣れ、上の子はSUPに乗り楽しいと話していた。

最後の日はビーチで星空を家族で見上げた。一年前と比べて大きくなった子供がいた。自分の子も友達の子も。時はすぐに流れてチャンスなんてなくなるから、今やれることは全てやろうと思える。

友だちと遊ぶ子どもの姿を見て、また来年も来ようと決めて帰路に着く。