Rwenzori 2 フォートポータルへバスの旅

カンパラから、フォートポータル、カセセ、キレンベと移動する予定だ。キレンベ(キルム)がトレイルヘッド。まずは、ここまで行く必要があるのでだ。

朝起きる。ホテルの近くを歩くが、朝の始まりは遅いようだった。屋台で朝食を食べれるよなところもなく、結局昨夜と同じjavas cafeでの朝食。25000シリング(800円ぐらい)でコーヒー、マンゴージュース、パンに肉にとついてくるセット。お腹いっぱいすぎるぐらいの量で、特にマンゴージュースが格別。豪華なご飯を食べていたら意外と時間が過ぎていたので、荷物をまとめてバスターミナルへ。

昨日の散歩の途中で聞いていたのだ。LINK社のバスが良いという噂で、まずはLINKバスターミナルへ。ホテルの前のバイクにニケツで向かう。早朝は空いていたのに、道路は混雑し始めていた。バイクも最初は進んだが、途中から渋滞で全く進まず。ダッフルバッグを背負っていて、かなり重いのとひったくりとかも嫌で気になっていた。

LINKバスターミナルに着くと、すごい人で溢れかえっている。チケット売り場も大行列。さらに、クリスマスシーズンからか料金も特別に高いようで、手書きで張り出されていた。行列は長かったが思ったよりもすぐに進み、フォートポータル行きのチケットを4枚ゲットしバスに乗り込む。バスはウガンダで一番良いという噂だったが、まあ、いい感じでボロかった。アフリカ仕様の1列が3席シートと2席シート。ダッフルを預けて席に座る。どんどん人が乗ってきて、ファミリーやら鶏やらも一緒に。

大渋滞のカンパラを出るまでが長かった。全く進まず、カンパラを出るのに1時間30分ぐらいかかったかと思うほど。この時点で、フォートポータルまでで良かったと思った。カセセだったら夜遅い時間の到着だっただろうから。集落があると止まって降りたり乗ったり。そのタイミングで、バスに物売りがくる。マトケ(バナナ)の焼いたものが非常に美味しかった。バナナなんだけどもう少しかたくて青い味なので、焼くと芋っぽくてうまいのだ。

夕方にフォートポータルに着くと、宿を探す。バックパッカー向けのルウェンゾリトラベラーズインに。ウガンダビールを何本か開けて、ゆっくりとした。明日以降の日程をどうしようかと相談。弘樹さんの体調がよくなかったので、フォートポータルに一泊延期するか、キレンベまで行き一泊余分にして出発を遅らすか、予定通りで行くか。最終的に、翌日にキレンベまで行き、キレンベで2泊して体調整えて登山を開始する事になり、登山開始を1日遅らせることにした。

夕食はガーデンズというフォートポータルで外国人に人気のレストランへ。串焼きとライスというメニューで非常に美味しかった。ここについたときにちょうど帰る日本人男性2人がいた。スーツだったのでおそらくビジネスマン。ウガンダのこの場所ではどんな仕事をしているのだろうか。資源か?コーヒーか?観光か?日本車の輸入か?とか気になった。夜の屋台なんかを見学してホテルに戻った。水シャワーを浴びて寝た。

蚊帳がある場合が多く、その中で寝たが、ディート30の虫よけを何度もつけて慎重に蚊をよけたが、実際蚊はほとんど飛んでいなかった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。