Rwenzori 1 アフリカの大地へ

12/21今年の仕事を終え足早に家へと帰る。今年最後の家族3人での夕食をとり、風呂にサッと入ってダッフルを背をって家を出た。

新宿からリムジンバスに乗り羽田へ。バスのなかでオンラインチェックインを済ませていたので、カタール航空カウンターでは荷物を預けるだけだった。

カウンター近くにはたくじさん、たまちゃん、見送りのしんやさんファミリー、岡pさん、石ちゃんがきてくれた。しんやさんからは餞別のルウェンゾリデザインのてぬぐいをもらう。

ベネズエラは二人でさくっとだったので、見送りに来てもらえるなんてアコンカグアの時のようだ。自然とテンションも上がる。

弘樹さんも、到着してセキュリティゲートへ。出国してドルに両替して、フライト。待つ時間もなくすぐにボーディング。アフリカへ始まった。

深夜便であったので爆睡。すぐにカタールドーハに着いた。乗り換えが不便という話もあったがスムーズに。(帰りはバスで移動し不便だった。)

ウガンダ行きの飛行機からは日本人が、アジア人がいなくなり黒人ばかり。アフリカへ行くんだと少しずつ実感する。

飛行機の窓からはアラビア半島、そしてついにアフリカの大地が見えてくる。来たなーついに。着陸が近づくと赤土の大地が、そして海のように大きなビクトリア湖、みどりの森の中にあずまやのような家が。空港に着くと国際空港とはいえ、ローカル空港並みのボロさ。そして飛行機も数機しかなかった。

降りると、モワーッと暑さが。日本の冬から来たので特に、暑さを感じる。セキュリティチェック、出国ではオンラインビザを見せ本物のビザを張ってもらう。さあ、ウガンダだ!

バークレイズのATMでお金をおろし、SIMを買う。空港を出ると客引きやタクシーが。とはいえ、商売っ毛はほとんどなく、観光系の会社のブースなんかもない。タクシーと交渉して、オンラインで予約したカンパラ中心部のホテルへと向かう。

町中はやはりアフリカ。赤土の大地、黒人が頭に乗せて歩き、ニワトリがかごでバタバタし、中古の日本車が走る。中心部は車もバイクも人も多く溢れかえっていた。ホテルに着くと荷物をおろして、近くのマーケットへ。路上にじゃがいも、パイナップル、玉ねぎ、オクラ、トマト、マンゴーなどなどが並ぶ。ニワトリや魚も。もちろん、服や小物家電が並ぶエリアも。車も人も溢れ、信号もない。まあ、カオス。インドのカオスよりもカオスな町だ。バスターミナルに行くとハイエースが無数に並ぶ。バスターミナルから出れないじゃんと突っ込みたくなるような並び方。

バッタの、揚げ物をつまみ、疲れたのでジュースを飲む。何もしていないのに疲れるこの町。、とにもかくにもエネルギーがすごい。スーパーで買い物をして、ホテルの1回のjavas cafeというトリップアドバイザーで評価一位の店でピザやらサラダなんかを食べる。ホテルはbooking.comで予約したし、最近の旅はsimにatmにgoogle mapにと、変わったな。

長旅の疲れもあり、あっという間に眠りにつきウガンダ1日目を終えた。これから、旅が始まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。