快適な野宿と、快晴のアルプス

軽く山にでも行こうという話になり、土日のどちらかでということだけ決まって、理由は忘れたが日曜にしようとなった。丹沢にするか、谷川岳にするか、鳳凰三山にするかと検討したが、結局鳳凰三山に。個人的には何度か行っているので、トレランしたことない谷川岳に興味があったが、アルプスのほうが眺めが良いので、こちらが選ばれた。

土曜の夜に愛甲石田駅で集合。メンバーは5人ほど、たくじさんの車に拾ってもらってゴー。二人ほどはじめましてな方がいて、いろいろな話を聞けるのは面白い。夜叉神峠の駐車場に、1時ぐらいに到着。ナイトランで日の出を上で見るか、駐車場で野宿するかを直前に決めることに。路面が濡れていて、ガスっていたので、とりあえず寝ることに。久しぶりに、テントなしで野宿。標高もあるので寒いかと思ったら、エアマット、モンベル5番の寝袋、エスケープビビイ、ホッカイロ2個で、とても快適に寝れた。外気が13度あったのも大きい。

朝4時ぐらいに起きて、4時半に出発。すでに、空が白んで来ていた。まずは登り。話しながら登っていると、あっという間だった。樹林帯を超えると、青い空とアルプスの山々。やっぱりいいよね、この景色。丹沢じゃ味わえない景色。あまりにも景色がいいので、みんなついついテンション上がって、叫んでいた。地蔵岳まで景色を楽しみながら。今回はストックを持って行ったので、足への負担を軽減できた気がする。

ハイペースでもなく、のんびりしながら。この時期の鳳凰三山はトレランに便利なので、何人か友達にもあった。まちなかで友達に偶然会うよりも、山のほうが友達に会う可能性が高いのって、面白いよなとつくづく。山で食べるおにぎりはうまいし、下りで南御室小屋で飲んだ冷たい水もうまかった。夜叉神峠の駐車場にある売店にお風呂があったので入り、ごはんはぼんち食堂。大盛りと聞いていったが、あんな大盛りが出てくるとは。中華丼を頼んだら、680円なのに、5人前ぐらいw食べれるはずがないが、インパクトは抜群だった。

中央道が渋滞で、富士五湖道路から東名高速に移動し帰宅。それにしても、梅雨の時期なのにいい天気だった。山の晴れの日っていいよね。本当に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。