旅は会話みたいなもんだ。

旅は会話みたいなもんだ。

旅は偉い人が棒読みする決まりきった挨拶文のようではない。
これはツアー旅行のようなものだ。

一番良いのはちょっと酔ったぐらいの会話のような旅だ。
相手が問いかけたことに対して、その場で判断して答える。
そんな連続で会話は成り立っている。
話し始める時に、何を話すか決まっていない。
自分でも今まで言葉にしたことがなかったことが、口から出てくることもある。
偶有性。

かみ合っていつつ、少しずれる。
それが想像もしなかった方向へと導いてくれて、面白くなる。

まさに旅のようだ。
始めから何も決まっていない
そのときの出会いや状況に寄って、どんどん変わって行く。
偶然の出会いに巡り会う。
なんと旅は楽しいのだろうか。

グウユウセイの会話みたいな旅。

送信者 Aconcagua&Patagonia

小笠原で偶然あった仲間が、同じ職場で働いていた。
そして、彼は世界一周に旅立った。
そんなことを知り、どこかの島で、お酒を飲みながらろうそくを囲んで、答えのない禅問答のような話を朝までしたい気持ちになった。

そして、旅とは音楽とも似ている。そう思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。