今、手を抜いたら、手を抜いた未来しかやってこないから

言葉には、その人の考えが現れる。
考えというか、価値観、周囲への感謝、物事の捉え方。
そういった、その人とは何者かというのが滲み出るのが、言葉だと思う。

coyote10周年の動画で山口智子さんが話しているのを見ていたら、彼女の言葉が、すばらしく、実際の行動を伴っている感じがして、尊敬する。

「今、手を抜いたら、手を抜いた未来しかやってこないから」

「旅の面白さは、ずーっと知っていたことを、改めて知ることにあると、噛みしめています」

なんだか、彼女の人生が凝縮されている言葉のように感じた。

そして、昨日イチローがマリーンズ入団会見で語った言葉。

『これからも応援よろしくお願いします』とは僕は絶対に言いません。応援していただけるような選手であるために、自分がやらなければならないことを続けていく、ということをお約束して、それをメッセージとさせていただいてもよろしいでしょうか。

イチローが2013/02/13 イチローの日経新聞インタビューも記憶に残っている。

「今はまだ色紙に一言と言われても書けない。大切にする姿勢や哲学はあるが胸を張って一言残せるほどの自分ではない。偉人の言葉を引用する年配の方がいるがあれはダサいと思う。拙い表現でも将来自分の言葉で伝えられたらなと思う。しかし結局、言葉とは『何を言うか』ではなく『誰が言うか』に尽きる。その『誰が』に値する生き方をしたい」

送信者 TEAMJAPON

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。