目標を正しく捉えることと誤認によるチャレンジ

今回のPTLは目標(レースの内容)を間違って捉えていた。
どんなコースなのか、どれぐらいの制限時間の厳しさなのか、エイドはどうなのか、といったことを正しく認識していなかったことが、最大の敗因だと思う。

間違ったゴールをイメージして、それに向けた準備をいくらしても、ゴールには近づかない。
正しくゴールを認識すること、いかにこれが大切か。

レースじゃなくても、仕事でも、人生でもそうだと思う。
ゴールを正しく把握するために使う時間は大切だ。ここをおろそかにしてはならない。

一方で正しく認識していたらPTLにチャレンジしていなかったかもしれない。
誤った認識(甘い認識)だったからこそ、スタート地点に立った。
それによって、普通じゃ出来ない非連続の成長可能性もある。

非常に難しい塩梅だけれども、この辺りが何をするにしても肝だなと思うし、ここのラインのせめぎ合いが面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。