自由で楽しめる組織

どんなピンチになろうとも、それすら楽しんでしまおうと思ってずっと生きている。
何かをするなら、楽しまなきゃ損だというのが根底に流れている。
いつもそんなことが頭のどこかにあるから、少し時間が出来たり、新しいことを知ったりすると、楽しそうなことを実際にやってみようという発想になる。

何気なく友達と話していると、「自由」とか「楽しむ」ってのが重要なんだねと言われることがある。
確かに、自由と楽しむってことは常にそうしたいと思っているので、無意識のうちに口から出ているのだろう。

・自由
・楽しむ

さらにプラスであるといいのは、少しの体力と少しのお金、そして少しのユーモア&好奇心を持ち続けることだと思う。
何歳になっても楽しみ続けるには、これがポイントだとずっと思っているから、この体力・お金・ユーモアは保ち続けたい。

一人だったら、体力などがベースにあり、自由に楽しめばいいと思うが、人と関わる場面ではこれだけでは足りない。
実際の生活では1人で生きている訳ではないのだから。
仕事にしろ、日々の生活にしろ多くの人々と支え合っている。

特に仕事などの組織では、上の「自由」「楽しむ」に加えて、この4つがポイントだと思う。

・信頼
・スキル
・当事者意識
・思いやり

しっかりしたスキルを一人一人が持ち、当事者意識で責任を持って行動する。
結果として、お互いを信頼し合え、思いやりが生まれ組織がうまくいく。
これに、個人のある程度の自由があれば、色々なアイディアが生まれ楽しくなっていく。
まさに、こんな状態の組織が理想だろう。

こんな状態を作るには、居心地の良い笑いの溢れる空間を作り上げることがとっても重要だ。
そんな、笑いがある組織はお互いの関係性がよく、コミュニケーションも円滑になる。
ギスギスした組織からは何もいい物は生まれない。

これだと楽しい組織になるし、仕事などもうまくいくと思う。
そして、プラスのスパイラルになって、何事もうまく回り始める。
そんなこと、誰でも知っているし、そこら中の本に書いてあることだ。
でも、実際に自分がそんな組織にしたいと思って、いろいろ行動してみると、つくづく実感する。

まあ逆に、マイナスのスパイラルに陥った中にいたこともあるからこそ、わかるこの重要さ。
酸いも甘いも知らないと、良さも分からない。

そして、やっぱり楽しく自由な状態でいられるのが、一番幸せだ。
いい仲間に出会えて楽しいなと思うメモ。

いつか、マイナスのスパイラルに陥った組織になった時に、このエントリーでも見れば何かヒントにでもなるかなと思って、書き残すメモ。

From Drop Box

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。