年を取ったら綺麗にしよう

ちょっと前に気がついたことがある。
年を取ったら綺麗にしよう。と言うこと。

若いうちは若さ故にだらしがなくても、まだ見てられる。
肉体的にも若いということは、それなりの生命力を感じる。
いきいきとした感じがある。
もちろん、若いときはこれからくる未来にも夢や希望を感じている。
そんな精神も希望で満たされている。
だから、カッコウが多少だらしがなくても、生命力や希望でカバーしているから見てられる。

ただ、若いからだらしがなくても許せるが、歳をとってだらしがないとみっともない。
みっともないというか、見窄らしい。

年を取ると肉体的にも衰えてきて、そこにはみなぎる生命力というものは存在しない。
すげー運動している人は別だが、だいたいの人は衰えて行く。
精神だって、希望がなくなるという訳ではないが、大いなる夢を抱き、それの為に邁進する人は少ない。
漲る生命力というのは薄れて行く。
これは、もちろん自然なことであると思うが、一般的なまぎれもない事実である。

だから、年を取ってだらしがないと、トリプルパンチだ。
肉体も精神も見た目も。

年を取ったら、自分の意志でなんとかできる、見た目はこぎれいにしていたいものである。
高い服を着て、今年の流行を調べて、ということではなく、こぎれいにしている、しっかりしている、そんな感じ。

年を取っていきなり綺麗にすることも、難しいと思う。
だから、少なくともだらしがないということはやめようと思う。
気をつけようと思う。。。

送信者 大分、熊本、宮崎

[夜神楽@高千穂](モデル: PENTAX K10D SIGMA70-300mm ISO: 1600 露出: 1/25 sec 絞り: f/4.5 焦点距離: 70mm)

「つながる旅の記憶~寺町健 写真展~」
期間:9月30日(火)~10月5日(日)
   12:00~20:30(Fri ~22:00、Sun ~20:00)
場所:ウナカメラリーベラ
   中野区中野2-12-5 メゾンリラ101
 最寄り駅は中野駅になります。
   お茶やランチもできます。金曜日の夜と土日はいると思います。
http://www.unacame.com/access.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。