久しぶりに恋をした

惚れた。
話で聞いただけなのに、もうどうしようもない。

自分の目で見たい。
たった数分の宇宙の一致を味わいたい。
フレアが沸き立つ姿を。

皆既日食。
もう、この目で見て、月と太陽と自分の間に何も遮るものなく一直線につながりたい。
もう、どうしようもないくらいの感情に駆り立てられる。

たまんないんだろうな。
人がいない所で、ひっそりとその瞬間を味わいたい。
高度が高いと空気が澄んでいて、最高の条件みたいだ。
山の上とか砂漠の中でポツンと見つめる。

もう、想像するだけでワクワクする。
なんでこんなにも惹き付けられるのかぼんやりと考えていた。
まずは、自分の手が届かない、想像がつかない夢の世界。神秘的な世界だから。
そして、太陽と月が重なり合うという希少性のある現象だから。
さらには、太陽と月が重なりあうという動き(変化)があること。
徐々に太陽と月が重なり合っていき、完全に一致する。
たった数分の出来事という、短い時間。

こんなことをイメージしただけで、胸騒ぎを押さえられなくなる。

ずっと昔に見た人たちも、同じように衝撃を受けたんだろう。
この世の終わりと思ったのか、新しい途轍もない世界がやってくると思ったのか。
その時に見た太陽と重なりと月の重なり。
時を越えても何にも変わらない。太陽と月。
それが。

そして、宇宙の奥行きが分かるという。
皆既日食がおこった時、周りに見える星の奥行きの差が分かる。
宇宙の奥行き。

今年は8月1日にロシアのアルタイ山脈付近などで見れるらしい。
中国のウルムチから北にあがったところでも見れるので、日程調整をできないかと思う。
来年は日本でも話題になっているが、7月22日の奄美諸島付近で。
この気持ちは来年まで待ちきれるのだろうか。

どうしても、その空間にいたい。
皆既日食を。

色々まとまっていて分かりやすい記事。
http://wiredvision.jp/news/200807/2008070423.html

日食情報
http://www.hucc.hokudai.ac.jp/%7Ex10553/

こっちも日食情報
http://www.asahi-net.or.jp/~id6m-tnk/tanapapa/nissshoku_index.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。