カテゴリー別アーカイブ: テクノロジー

8年で時代は変わる zozo suits

zozo suitsが発表されて、すぐ申し込んでいたらしばらく前に届いた。スパッツみたいな黒いタイツに丸く大きな白い水玉がたくさん。その白い水玉の中にはドットがあって、そのどっとの位置が水玉ごとによって違う。それで、水玉の位置を把握して正しくボディーサイズを計測しているみたい。

で、さっそくスマホを置いて、zozo suitsを来て、1回転してサイズを計測してみた。で、そのままジーパンとTシャツを購入。すんなりと購入できて、先週ぐらいに届いて、何度か着てみた。果たしてぴったりなのかどうかは不明。特に、洋服のサイズを意識しない人間なのでピッタリかどうかわからないwしかし、ジーパンはいつも丈の調整をしてもらうより、短めだった。これが流行りのピッタリなのだろうか。謎。

と、昔、空港の全身金属探知機みたいな機械で体のサイズを測ったことを思い出す。

それは、8年前。
で、今はこんなに身近なツールで体のサイズが計測できて、フィットする服が買える時代がくるとは。
さらに、ぴったりフィットTシャツ1200円で計測の数日後にに届くとかすごい。

まあ、洋服のぴったり感は感動していないが、計測が簡単で、計測後にスムーズにジーパンとシャツが買えるのは気持ちよかった。
何よりも、普通ならzozoで服を買うことのない、ファッションに興味ない俺がこうして試して、買っちゃう。これはマーケティングとしても、すばらしい。

そして、1度試すとこのデータはzozozに蓄積されていく。データはすごい価値を持って、日本人の体型データを彼らが持てば、商品にも活かせるし、何度かサイズ測ってもらえれば、年令による体型データも持てる。

こうしたデータをどう活用して、どんなサービスがでてくるのか、楽しみだ。

SKINS SCANNING PROJECT IN JAPAN

停電

停電というと日本の場合は東日本大震災後の計画停電ぐらいのイメージだった。

あくまで計画的なので、いつ停電が発生するか分かっていた。

一方、海外だと停電はちょくちょく経験していて、まあ、仕方ないよねぐらい。

そしたら、偶然にも、昨日の夜中に停電。夜中の2時とかなんで気づかないはずだが、これは大型マンションのよくもあり悪いところ。

放送で停電のアナウンス。家の電気つかないけど、共有スペースはバックアップ電源で灯りついてるよと。そもそも、寝てて気づかないだろと笑

その後もマンションだけじゃなく周辺も停電ですとか何度も何度も4時ぐらいまで放送が流れた。寝不足w

調べてみると東京電力エリアだけで、昨日7エリアで停電発生しており、想像以上に多かった。それに驚き。理由としては、弊社設備のトラブルとか、設備への車両衝突とか、設備へ鳥獣の接触、樹木の接触とか。

いろいろあるんだなと、学んだ。

そして、マンションのアナウンスはマンション内なのか、リモートの、管理会社?セコムみたいなとこが別の場所からやってるのかとかとか、気になった。

Nature remo とgoogle homeを使って声で家電操作

スマートスピーカーとかAIスピーカーとか言われる物がある。

まあ、声で話しかけると、天気とかスケジュールとか、音楽かけてくれるとか。
スマホだと手を使わないといけないので、料理のタイマーとか、子供の相手をしながらって時は、声で時間を聞いたり、天気を聞いたりできるのは便利だ。

まあ、そこまで高いものでもないし、新しい世界を見ておきたい性格なので、とりあえず買ってみた。

天気、時間、タイマー、音楽、ニュースあたりをよく使っている。

でも、それだけじゃなくて、ネイチャーリモ(Nature remo)とIFTTTを使うと面白いと聞いて買ってみた。

NatureRemoは簡単に言うと、赤外線操作ができる端末。NatureRemoにエアコンやテレビのリモコン操作をさせることができるのだ。
このNatureRemoとgoogle homeをつなぐと、音声で操作できるようになるってことなのである。
直接もいけるのだが、IFTTT(イフト)を使うと、いろいろと設定できて面白い。
IFTTTってのは、If this then thatの略で、「もしこれだったら、あれをする」という設定ができるサービス。

エアコンつけて[google home(assistant)](if this)というと(then)、NatureRemoでエアコンをONにする(that)というのを定義する。
他にも、テレビを付けてというと、NatureRemoでテレビをオンにするとか、
LINEで◯◯と送ってというと、LINEでAさんに◯◯と送信するとかってのを定義できる。

これが、簡単でいいものだ。
特に、朝の時間に、子供の準備をしている時に、天気を聞いたり、時間を聞いたり、他の作業しながらエアコンを声で付けれる。
リモコンフリーで探す必要もないし、便利。
エアコン、テレビ、ライトがリモコン操作なので、全て声で操作できる。もちろんスマホのアプリからも操作できる。

高いスマート家電買わなくても、既存のものでここまでできれば満足度高い。
自動的に何時に電源入れるとか切るもできるし、家の半径3キロに来たら、エアコンの電源入れるなんてのも。

===
ココからは設定のメモ。

アンドロイド7.0 HUAWEI P9でやったのだが、家のwifiがなかなか認識しない。パスワードもあってる。理由は不明だが、10回目ぐらいで繋がった。つながるまでに、読み込み中っぽい画面になるのだが、5分とか10分ぐらい待っていたら繋がったので、待つ必要あるのかな?

あと、一回remo wifiにつなぐ、しかしネットワークに繋がってないので、別のWi-Fiに繋ぐか聞かれるが、無視して待っていると、リモのアプリで家のWi-Fiを探してくるので、パスワードを入れる必要あり。ネットに繋がるwifiに自分で変更しないのがポイント。

うちは同じエアコンが家に3台あるが、1つ登録すれば終わり。というか、赤外線が届くと全てのエアコンがONになるので注意しないといけない。考えてみれば、リモコンをNatureRemoに登録していて、リモコンは3つのエアコン共通だから、そりゃそうだよね。

進化する水族館

品川駅すぐのアクアパーク水族館に行くと、水族館とは思えないエンターテイメント性ある空間になっていた。
小さい頃は親と一緒に水族館に何度か行ったことがあるが、おとなになってからは水族館に行く機会はなかった。

昔は水槽に魚が泳いでいただけだったが、次は全面ガラス張りの大きな水槽にジンベイザメとか泳がせるようになった。そして、ジャングルを真似た水槽&空間やイソギンチャクとか海の生き物になどに触れ合えるゾーン、珍しさで深海魚の特別展示とか、あとは昔からあるイルカショーの類。最近はクラゲをライティングして幻想的な空間にしたり、夜の水族館で寝れるというイベントをしたりしていたのは知っていた。

花火というコンセプトで、ネイキッドというプロジェクションマッピングとかをやっているアーティスト集団が手がけていた。LEDを使った空間や、水槽に映像を映し出して水槽を触ると、魚が映し出されてズームしたり、360度回転して見れたりと、昔みたいなダラダラ書かれた文章だと読まないけれど、こっちのほうが身になるなーと。

こうしてどんなものも変化していく。ITの技術というと厳密には違うけれど、ネットが普及し、高性能のパソコンが当たり前になり、プロジェクターとかそういったデバイスもそれに連れて発達すると、いろいろな活用方法が生まれる。それは、もちろん水族館という場にも。

ネットやVRなどの発達で、フェスなど含めてリアルのイベントが価値を持つようになると言われているが、イアルなイベント&テクノロジーを使った演出ってもっともっと加速度的に発展するんだろうな。どんどんコストかからなくても出来るようになるし。楽しみな世の中だね。

どんな場所でも、行ってみないとわからないなー。いろいろな発見があるし、こういった場にもたまには行かねばと思った。

イギリスとドイツ

どちらも行ったことがなかった国、イギリスとドイツに仕事で。月曜の夜中の便で羽だからドバイへ。乗り継ぎ時間が無くて、空港のスタッフと一緒に並んでいる列をワープ。乗り継ぎできないことが最近2回もあったのでドキドキしながらだあったが、セーフ。まずはロンドンのヒースローに。到着が1時間程度遅れたが無事に到着。ベネズエラの帰りにアトランタから飛行機が飛ばず、最短がロンドン経由だったので、アメリカ→イギリス→日本というルートを取りイギリスに来たのが1年半前だから、それ以来。ロンドンは暑かった。

飛行機の中でThreeのSIMに変えたら、空港ですぐにネットに繋がる。空港から市内へはgoogle mapで調べ、念のためポンドを少しだけ両替。バスで10ポンド。ビクトリア駅付近までGO。宿に入ると便利な場所だが狭い部屋だった。ロンドンは部屋が高いという噂は聞いていたがまさに。あと、飲食店やホテルのフロントはインド系の人が多い気がした。現地のアプリを使ってみるということで、Gett(Get Taxi)というtaxi配車アプリをダウンロードして、さっそく呼んでみた。Uberとほとんど同じかな。バッキンガム宮殿の横を通って、大英博物館へ。最近イギリスはテロが多かったけど、特に警備が厳重ということもなかった。

大英博物館

大英博物館は、非常に大きく、かつ無料ということに驚く。さらに、世界中からかなり貴重な展示物が集められていて、当時のイギリスって権力集中がすごかったんだなと感じるとともに、日本の文化の独特さというのも感じた。あと、湿度と温度が高いし、見てる人は展示物触ってるし、管理が日本と比べるとゆるいなとも。ビッグベン、ウエストミンスター寺院なんかを見て、夕食はとりあえずフィッシュアンドチップスとビール。高いし、まあうまくもない。ただ、まずいわけでもなかった。

翌朝は早起きして、ハイドパークへ朝ラン。時差解消にもいいし、旅ランは町を楽しむ意味でも非常に好きなのだ。朝食を食べて、アポへ。せっかくなので町中にあった自転車で。中国はこのアプリで借りるレンタルチャリが流行りらしいので、イギリスでも町中にけっこうあったのでとりあえず借りてみた。アプリからはどこの場所に何台あって、何台空きの設置場所があるかが分かる。アプリは登録しなくても、カードを自転車置き場の横の機械に入れれば借りれるという簡単さ。santander cycleというもので、おそらく行政がやってるっぽかった。

仕事を終えて、またチャリでパディントン駅に向かい、ヒースローエクスプレスで空港に。飯を食べてなかったので、空港の回転寿司。ビールはサッポロビールが650mlと大きく、丸紅が販売しているようだった。回転寿司は高いし、うまくないし。一番うまいのはガリだったwルフトハンザで、ミュンヘンに。空港から電車で町中へ。町から少し離れたミュンヘンパッシングという駅で降りて宿にチェックイン。ドイツのほうが、町がのどかで陽気な気がした。ユーロの現金を欲しかったが夕方遅かったこともあって、両替できず。。。イギリスと同じく夜が長いのに、銀行とか閉まるのははやいなんて。。。ドイツのほうがホテルは広くて安いし、飯も。

そうそうSIMを変えなくてもスマホが使えて便利で翌朝またgoogle mapを見ると近くに大きなお城があった。シュロスシュパーク・ニーンペンブルクというところ。朝ランで行くことに。広くて気持ちいい。緑も多いし、車もこないし。朝飯を食って、仕事へ。仕事を終えると、フランクフルトへ移動。新幹線みたいなICEで、3時間半ほど。文化庁からの派遣でフランクフルトで創作活動をしている芸術家の蓮沼さんがフランクフルトなので、落ち合って露天でご飯とビール。フランクフルトはりんごワインが有名らしいが、うまくはなかった。久しぶりに会って、いろいろ離して面白かった。ドイツ人はホワイトアスパラが大好きらしく、国内でとれたホワイトアスパラの食べれる時期が決まっているらしい。6/24までだったかな?それぐらいらしく、ホワイトアスパラをごちそうになった。

画伯の家

翌日も朝ラン。マイン川沿いを。それkら、大聖堂とかみたり、町をぶらぶら。再び蓮沼さんと会って、店でビールを飲み。家に行ってご飯を頂きながら話していたらすぐに飛行機の時間。フランクフルトは空港が非常に近くて便利だった。またエミレーツで、ドバイ、羽田と。羽田からは新宿までバスで夜中に家に着いた。そうそう、行きも帰りも飛行機では映画をよく見たし、スマホのキンドルで本を読んだ。昔は飛行機で映画を全く見なかったが、変わったなと思う。そして機内食も昔は全て食べていた。胃が持たれるとか考えもしなかったが、今回は機内食も時間帯を気にしてあまり食べなかったりと、若々しさがなくなったのかなと、少し思いながら。