カテゴリー別アーカイブ: IT

8年で時代は変わる zozo suits

zozo suitsが発表されて、すぐ申し込んでいたらしばらく前に届いた。スパッツみたいな黒いタイツに丸く大きな白い水玉がたくさん。その白い水玉の中にはドットがあって、そのどっとの位置が水玉ごとによって違う。それで、水玉の位置を把握して正しくボディーサイズを計測しているみたい。

で、さっそくスマホを置いて、zozo suitsを来て、1回転してサイズを計測してみた。で、そのままジーパンとTシャツを購入。すんなりと購入できて、先週ぐらいに届いて、何度か着てみた。果たしてぴったりなのかどうかは不明。特に、洋服のサイズを意識しない人間なのでピッタリかどうかわからないwしかし、ジーパンはいつも丈の調整をしてもらうより、短めだった。これが流行りのピッタリなのだろうか。謎。

と、昔、空港の全身金属探知機みたいな機械で体のサイズを測ったことを思い出す。

それは、8年前。
で、今はこんなに身近なツールで体のサイズが計測できて、フィットする服が買える時代がくるとは。
さらに、ぴったりフィットTシャツ1200円で計測の数日後にに届くとかすごい。

まあ、洋服のぴったり感は感動していないが、計測が簡単で、計測後にスムーズにジーパンとシャツが買えるのは気持ちよかった。
何よりも、普通ならzozoで服を買うことのない、ファッションに興味ない俺がこうして試して、買っちゃう。これはマーケティングとしても、すばらしい。

そして、1度試すとこのデータはzozozに蓄積されていく。データはすごい価値を持って、日本人の体型データを彼らが持てば、商品にも活かせるし、何度かサイズ測ってもらえれば、年令による体型データも持てる。

こうしたデータをどう活用して、どんなサービスがでてくるのか、楽しみだ。

SKINS SCANNING PROJECT IN JAPAN

Nature remo とgoogle homeを使って声で家電操作

スマートスピーカーとかAIスピーカーとか言われる物がある。

まあ、声で話しかけると、天気とかスケジュールとか、音楽かけてくれるとか。
スマホだと手を使わないといけないので、料理のタイマーとか、子供の相手をしながらって時は、声で時間を聞いたり、天気を聞いたりできるのは便利だ。

まあ、そこまで高いものでもないし、新しい世界を見ておきたい性格なので、とりあえず買ってみた。

天気、時間、タイマー、音楽、ニュースあたりをよく使っている。

でも、それだけじゃなくて、ネイチャーリモ(Nature remo)とIFTTTを使うと面白いと聞いて買ってみた。

NatureRemoは簡単に言うと、赤外線操作ができる端末。NatureRemoにエアコンやテレビのリモコン操作をさせることができるのだ。
このNatureRemoとgoogle homeをつなぐと、音声で操作できるようになるってことなのである。
直接もいけるのだが、IFTTT(イフト)を使うと、いろいろと設定できて面白い。
IFTTTってのは、If this then thatの略で、「もしこれだったら、あれをする」という設定ができるサービス。

エアコンつけて[google home(assistant)](if this)というと(then)、NatureRemoでエアコンをONにする(that)というのを定義する。
他にも、テレビを付けてというと、NatureRemoでテレビをオンにするとか、
LINEで◯◯と送ってというと、LINEでAさんに◯◯と送信するとかってのを定義できる。

これが、簡単でいいものだ。
特に、朝の時間に、子供の準備をしている時に、天気を聞いたり、時間を聞いたり、他の作業しながらエアコンを声で付けれる。
リモコンフリーで探す必要もないし、便利。
エアコン、テレビ、ライトがリモコン操作なので、全て声で操作できる。もちろんスマホのアプリからも操作できる。

高いスマート家電買わなくても、既存のものでここまでできれば満足度高い。
自動的に何時に電源入れるとか切るもできるし、家の半径3キロに来たら、エアコンの電源入れるなんてのも。

===
ココからは設定のメモ。

アンドロイド7.0 HUAWEI P9でやったのだが、家のwifiがなかなか認識しない。パスワードもあってる。理由は不明だが、10回目ぐらいで繋がった。つながるまでに、読み込み中っぽい画面になるのだが、5分とか10分ぐらい待っていたら繋がったので、待つ必要あるのかな?

あと、一回remo wifiにつなぐ、しかしネットワークに繋がってないので、別のWi-Fiに繋ぐか聞かれるが、無視して待っていると、リモのアプリで家のWi-Fiを探してくるので、パスワードを入れる必要あり。ネットに繋がるwifiに自分で変更しないのがポイント。

うちは同じエアコンが家に3台あるが、1つ登録すれば終わり。というか、赤外線が届くと全てのエアコンがONになるので注意しないといけない。考えてみれば、リモコンをNatureRemoに登録していて、リモコンは3つのエアコン共通だから、そりゃそうだよね。

中学校で講演会

大学時代の友達から声をかけてもらって、荒川区の中学校で話をしてきた。中学2年の生徒さんたちに25分+質疑応答10分のセットを3回ほど。最後に任意参加で生徒さんたちと円を作ってざっくばらんに話した。

中学生と話すことなんてまずなくて、おそらく自分が中学の時以来。キャリアについてとか、働くことについて、仕事の内容などというテーマ。なかなか中学生をイメージすることが難しく、どんなことを考えてるんだろう、どのぐらい知識とかあるんだろう、どんなことに興味があるんだろうというのを想像しながら、話すことを考えた。

自分が中学の時を思い出し、今振り返ってあの時、どんな話を聞きたかっただろうか、聞いてたら人生が変わっただろうか、そんなことを考えながら資料を作り、講義の内容を組み立てた。中学生の時間は貴重だ。若いときの時間は大人よりも貴重だと思っている。その時間をもらうなら、より多くの人に、ひとつでも新たな気付きだったりとか、考える切っ掛けや、興味をもって帰ってもらえたら嬉しいなと。生徒さんの時間を無駄にはできないなーと。

雨の土曜日6時半に起きて、向かう。8時15分学校集合だったので7時の電車に乗る必要が会ったのだ。こう思うと先生ももっと早起きだろうし、中学生も親も大変だな−と。細菌は毎朝6時30分おきだけど、もっと早起きしないといけなくなるのだろうかなーとも思いながら。

学校でみんなに挨拶して、講義スタート。最初はどんなリアクションがあるか分からず、探り探りだった。質問を投げかけたり、身振り手振りで伝えたりと。最初の印象はみんなおとなしいなーということ。もっとやんちゃかと思っていた。そして、熱心に聞こうとする子もいれば、寝てる子も、ぼーっとしている子も。中学の時から人ってこんな違うんだなと。大人も人それぞれだけど、子供のほうが差が大きく感じた。本来人間って違うけど、社会常識を学んでいくと同じようになってしまうんだなと。それって、やっぱりつまらないなって。中学生の質問もストレートで面白かった。1つ目が年収いくらですか?って聞かれて、良い質問だなーって思った。大人同士だと初対面でこの質問はしない。けれど、彼女は気になったからストレートに聞いているのだ。だから、正直に答えた。さらに、話した内容とぜんぜん違う、好きな食べ物何かと聞かれ、講義内容と全く関係ないのに聞いてくる感じが、また良いなと。そういったのにとらわれる必要なんて無いのだから。

2回めの講義では、話す内容を少し変えた。難しい内容だったところを簡単に変えたり、より身近な例を使ったり。少しずつエンジンが掛かって来た感じ。3回目は、講義前に場を温めようと、授業の前にクラスに行き中学生と雑談した。すると、授業での質問も少し多くなった気がした。最後に任意で話したい学生さんだけのこって、車座で10年後のなりたい姿を話してくれた。みんなけっこう具体的で驚いた。水泳が好きとか、バレエが好きとか、象が好き、だからそれができる中学を見学しに行ったとか、こんな仕事やってみたいとか。自分が中学の頃なんて、そこまで考えていたかなと。すごいなーと。一方で大人数だとそれを共有してくれなかったのは、ちょっとシャイなのかなと。

すべてが終わり、先生と今日の講師が集まって話を。校長先生やアクティブラーニングの主任の先生の話を聞いて、こういう先生が増えるといいなって本当に思った。本当に真剣に考えていて、そのために試行錯誤されていた。今回の社会人をよんだ講演会もやる必要が有るわけではないのだが、中学生に少しでも社会を知るきっかけをと本当に努力されていた。良い場をもらっている学生もうらやましいなーと。そして、彼ら彼女らが10年後は24歳。社会に出て働いているだろう。どんな風に人生を歩んでるのか、その時にまた会ってみたいなと思った。

■乾燥
興味ありなしの差がある
興味あると思って、心掴んだと思ったら、5秒後には飽きている
みんな行儀がいい
生徒さん一人ひとり全然違う(体格、興味関心、元気さ、表情)→すでに中学の時にこんな差があるんだと
部活とか好きなことがけっこうある
おとなしい→度を越えたやんちゃがいない
授業とか大人数だと静かだけど、少人数とかだとなんでも喋ってくれる
先生によってクラスの雰囲気が大きく違う
目に見えるもの、大きな動きがあるもの、ビフォーアフターの差がはっきりと分かるものに興味
美容師さんのスタイリングはすごい反応良さそうだった
抽象的な概念を伝えるよりも、具体的な事例を見て聞いてもらうほうがよい
授業開始前に、クラスで生徒さんたちと他愛もない話をして打ち解けておくと授業の反応もよい
話に抑揚を付ける、ちょっとオーバーなリアクションとかで話す
具体的な事例を使う(中学生の興味あったり、テレビで知っていることを例に例える)
前で話すだけでなく、机の横まで歩いて話してみる
講演型式の席配置ではなく、車座にするとリアクションが変わる
最初の話始めで興味をもってもらったり、空気をゆるくするのが重要
背伸びしましょうとか、自己紹介でボケてこの人ってオモシロイと思ってもらうなど
大人の研修でやるようなチェックインとかチェックアウト、共同でやるゲームなんかを織り交ぜると良さそう

==講演会概要===

場所:荒川区立の中学校
時間:10月14日(土) 8:15
公演時間:10月14日(土)8:45~11:50
25分講演、10分質疑応答
対象:中学2年=14歳

==伝えたかったこと==

人生の可能性は無限大

想像もしない世界がやってくる、多様な生き方でOK

だからこそ、自分の意思が大切

そのためにも、まずは、自分の心に素直になること
Follow your heart

好きなこと、意思を持つこと
Where there is a will, there is a way

そして、未来を自分の手で作ること
The best way to predict the future is to invent it

イギリスとドイツ

どちらも行ったことがなかった国、イギリスとドイツに仕事で。月曜の夜中の便で羽だからドバイへ。乗り継ぎ時間が無くて、空港のスタッフと一緒に並んでいる列をワープ。乗り継ぎできないことが最近2回もあったのでドキドキしながらだあったが、セーフ。まずはロンドンのヒースローに。到着が1時間程度遅れたが無事に到着。ベネズエラの帰りにアトランタから飛行機が飛ばず、最短がロンドン経由だったので、アメリカ→イギリス→日本というルートを取りイギリスに来たのが1年半前だから、それ以来。ロンドンは暑かった。

飛行機の中でThreeのSIMに変えたら、空港ですぐにネットに繋がる。空港から市内へはgoogle mapで調べ、念のためポンドを少しだけ両替。バスで10ポンド。ビクトリア駅付近までGO。宿に入ると便利な場所だが狭い部屋だった。ロンドンは部屋が高いという噂は聞いていたがまさに。あと、飲食店やホテルのフロントはインド系の人が多い気がした。現地のアプリを使ってみるということで、Gett(Get Taxi)というtaxi配車アプリをダウンロードして、さっそく呼んでみた。Uberとほとんど同じかな。バッキンガム宮殿の横を通って、大英博物館へ。最近イギリスはテロが多かったけど、特に警備が厳重ということもなかった。

大英博物館

大英博物館は、非常に大きく、かつ無料ということに驚く。さらに、世界中からかなり貴重な展示物が集められていて、当時のイギリスって権力集中がすごかったんだなと感じるとともに、日本の文化の独特さというのも感じた。あと、湿度と温度が高いし、見てる人は展示物触ってるし、管理が日本と比べるとゆるいなとも。ビッグベン、ウエストミンスター寺院なんかを見て、夕食はとりあえずフィッシュアンドチップスとビール。高いし、まあうまくもない。ただ、まずいわけでもなかった。

翌朝は早起きして、ハイドパークへ朝ラン。時差解消にもいいし、旅ランは町を楽しむ意味でも非常に好きなのだ。朝食を食べて、アポへ。せっかくなので町中にあった自転車で。中国はこのアプリで借りるレンタルチャリが流行りらしいので、イギリスでも町中にけっこうあったのでとりあえず借りてみた。アプリからはどこの場所に何台あって、何台空きの設置場所があるかが分かる。アプリは登録しなくても、カードを自転車置き場の横の機械に入れれば借りれるという簡単さ。santander cycleというもので、おそらく行政がやってるっぽかった。

仕事を終えて、またチャリでパディントン駅に向かい、ヒースローエクスプレスで空港に。飯を食べてなかったので、空港の回転寿司。ビールはサッポロビールが650mlと大きく、丸紅が販売しているようだった。回転寿司は高いし、うまくないし。一番うまいのはガリだったwルフトハンザで、ミュンヘンに。空港から電車で町中へ。町から少し離れたミュンヘンパッシングという駅で降りて宿にチェックイン。ドイツのほうが、町がのどかで陽気な気がした。ユーロの現金を欲しかったが夕方遅かったこともあって、両替できず。。。イギリスと同じく夜が長いのに、銀行とか閉まるのははやいなんて。。。ドイツのほうがホテルは広くて安いし、飯も。

そうそうSIMを変えなくてもスマホが使えて便利で翌朝またgoogle mapを見ると近くに大きなお城があった。シュロスシュパーク・ニーンペンブルクというところ。朝ランで行くことに。広くて気持ちいい。緑も多いし、車もこないし。朝飯を食って、仕事へ。仕事を終えると、フランクフルトへ移動。新幹線みたいなICEで、3時間半ほど。文化庁からの派遣でフランクフルトで創作活動をしている芸術家の蓮沼さんがフランクフルトなので、落ち合って露天でご飯とビール。フランクフルトはりんごワインが有名らしいが、うまくはなかった。久しぶりに会って、いろいろ離して面白かった。ドイツ人はホワイトアスパラが大好きらしく、国内でとれたホワイトアスパラの食べれる時期が決まっているらしい。6/24までだったかな?それぐらいらしく、ホワイトアスパラをごちそうになった。

画伯の家

翌日も朝ラン。マイン川沿いを。それkら、大聖堂とかみたり、町をぶらぶら。再び蓮沼さんと会って、店でビールを飲み。家に行ってご飯を頂きながら話していたらすぐに飛行機の時間。フランクフルトは空港が非常に近くて便利だった。またエミレーツで、ドバイ、羽田と。羽田からは新宿までバスで夜中に家に着いた。そうそう、行きも帰りも飛行機では映画をよく見たし、スマホのキンドルで本を読んだ。昔は飛行機で映画を全く見なかったが、変わったなと思う。そして機内食も昔は全て食べていた。胃が持たれるとか考えもしなかったが、今回は機内食も時間帯を気にしてあまり食べなかったりと、若々しさがなくなったのかなと、少し思いながら。

スマホだけで旅をする

・航空券をスマホで買う
  →オープンジョーのチケットもネットで簡単に買えるから便利だ

・ホテルの予約をスマホでする

・飛行機の中で無料wifiを使う

・飛行機はの中ではスマホのKindleで本読んむ。
 買ったのすべて読み終わったので、追加で買える。

・飛行機の中でglobal SIMに変える

・現地に着けば、自動的にスマホの時間が2つ表示される
 現地時間と日本時間

・現地に着いて、移動方法をスマホで調べる

・タクシーアプリでタクシーを呼び、移動して、会計も完了

・近くの飲食店の評価はスマホからtripadvisorで

・近場の移動は町中のレンタルチャリ、これもスマホのアプリで完了

・スマホのgoogle mapで場所を確認して店に。

・朝ランするときも、スマホで地図を確認し、勝手に距離とスピード、歩数、もちろんGPSでルートも記録してくれる

・観光地に行ったときの写真ももちろんスマホ

・飛行機の遅延も自動的にスマホに通知がくる、ゲート決定もディスプレイと、同時にスマホでわかる

・友達や家族とのやりとりはスマホのLINEかフェイスブックでいつも通り

・日本に戻れば、googleフォトが勝手に位置情報と写真をまとめてアルバム化

===

うーん、本当に便利だな。スマホ。
ThreeのグローバルSIMは40カ国以上で使えて差し替えもあまり必要ないし、安いし。

あとは、お金の支払だけ。
クレカでだいたいOK。現金はほんの少しで十分。
ちなみに、外貨とのレートはAMEXが悪いらしいので、VISAかマスターが良い。VISAとかの場合、日本円決済か現地通貨を選べる場合、現地通貨を洗濯しないとレートが悪い。

中国の深センとか北京、上海って、屋台でもwechat payとかで払うって言うし、本当にスマホで完結するよね。いずれ、世界中がこうなるんだろうな。スマホと洋服だけがあれば、すべてOK

なんか旅の仕方って変わったよね。
俺が学生の頃は、旅先でネットカフェを見つけてたまにやっていた。だから不便だけど、その面白さがあった。不便さに面白みを感じるタイプだから。仕事だと、便利な方が圧倒的に良いので、スマホは命。スマホ1つでこれだけ旅が変わる、生活が変わるんだなと、改めて実感した。スマホ1つでこれだけ変わったということは、結局、情報が旅の楽しさ、不便さ、便利さを決定づけているんだよね。情報って恐るべし。そして、こういう時代だからこその新しい、旅の楽しみ方ってのがどんどんうまれてくるんだろうな。

10年15年でこれだけ変わったんだから、次の10年後にはどうなっているんだろう。
スマホ