カテゴリー別アーカイブ: 思うこと

宝物が変わる

子供って、宝物が変わっていく。
大人になると宝物が変わらなくなる。
そして、宝物がなくなる。

このおもちゃが宝物って手放さなかったのに、いつの間にかそのおもちゃは手元から離れていき、次はぬいぐるみ、次はおままごとセット、いつの間にか洋服とかネックレスとかになるのだろうか。

男の子なら、◯◯レンジャーの服、ゲーム、野球のバットとか。

宝物が変わるって、素敵なことだな。そのときそのときの価値観があり、変化している証拠。

大人はお金とか、家とか、車とか、貴金属とか、誰々の美術品とか、ブランドの何かとか、より普遍的な社会一般の価値観にそったものを大切にするようになりがち。
子供の頃、日々変わる宝物って、いいもんだね。

と、こういうのがおっさん臭いな。
子供をみて、いろいろ学ぶ、感じるシリーズでした。

作り手に意味あった作品が、買い手には全く意味の作品(異物)として買い手の空間にあることの意味

アート作品には作り手がいる。
一方で、その作品を見る人がいる。
アート作品を購入して家に飾るなどした場合は、この人は買い手となる。

作り手にとって作品は非常に深く、複雑な意味が込められたものであることが多い。
その思いや背景は言葉ではなく、より抽象化されたアート作品という形で世に出ていく。

作り手にとって意味があった作品、意味を込めた作品が、買い手(見る側)にとってその意味がなくなる。
意味がなくなるという表現は適切ではないかもしれないが、買い手(見る側)が作り手の背景を理解し、いくら深く広く考えたとしても、作りての意図を完全に理解しきれない。

そうした観点からすれば、意味のないものが、買い手(見る側)の家などのプライベート空間に突然存在することになる。

作り手にとってはどこまでも深い意味があったものが、買い手(見る側)にとっては全く意味のないものが家に存在することに意味がある。
そういうものが、空間にどう影響与えるのか、買い手(見る側)やその家族にどう影響をあたえるのか、そこに興味がある。

と、フランクフルトでビールを飲みながら蓮沼画伯が語った。

作家の溢れ出す思いや気持ちを作品に乗せて、世の中の人に伝えたいという気持ちもあるんだろう。でも、その領域を越えて、自分の作品が自分から離れてどんな価値を生み出せるか、そこを一番のポイントとしていることが、ああ、そういう視点かと勉強になった。

そんな話を聞いて帰国後、世田谷美術館ではらぺこあおむしの作者エリック・カールさんの展示を見ると、絵本という作品もそういった視点で見えてくる。

スマホだけで旅をする

・航空券をスマホで買う
  →オープンジョーのチケットもネットで簡単に買えるから便利だ

・ホテルの予約をスマホでする

・飛行機の中で無料wifiを使う

・飛行機はの中ではスマホのKindleで本読んむ。
 買ったのすべて読み終わったので、追加で買える。

・飛行機の中でglobal SIMに変える

・現地に着けば、自動的にスマホの時間が2つ表示される
 現地時間と日本時間

・現地に着いて、移動方法をスマホで調べる

・タクシーアプリでタクシーを呼び、移動して、会計も完了

・近くの飲食店の評価はスマホからtripadvisorで

・近場の移動は町中のレンタルチャリ、これもスマホのアプリで完了

・スマホのgoogle mapで場所を確認して店に。

・朝ランするときも、スマホで地図を確認し、勝手に距離とスピード、歩数、もちろんGPSでルートも記録してくれる

・観光地に行ったときの写真ももちろんスマホ

・飛行機の遅延も自動的にスマホに通知がくる、ゲート決定もディスプレイと、同時にスマホでわかる

・友達や家族とのやりとりはスマホのLINEかフェイスブックでいつも通り

・日本に戻れば、googleフォトが勝手に位置情報と写真をまとめてアルバム化

===

うーん、本当に便利だな。スマホ。
ThreeのグローバルSIMは40カ国以上で使えて差し替えもあまり必要ないし、安いし。

あとは、お金の支払だけ。
クレカでだいたいOK。現金はほんの少しで十分。
ちなみに、外貨とのレートはAMEXが悪いらしいので、VISAかマスターが良い。VISAとかの場合、日本円決済か現地通貨を選べる場合、現地通貨を洗濯しないとレートが悪い。

中国の深センとか北京、上海って、屋台でもwechat payとかで払うって言うし、本当にスマホで完結するよね。いずれ、世界中がこうなるんだろうな。スマホと洋服だけがあれば、すべてOK

なんか旅の仕方って変わったよね。
俺が学生の頃は、旅先でネットカフェを見つけてたまにやっていた。だから不便だけど、その面白さがあった。不便さに面白みを感じるタイプだから。仕事だと、便利な方が圧倒的に良いので、スマホは命。スマホ1つでこれだけ旅が変わる、生活が変わるんだなと、改めて実感した。スマホ1つでこれだけ変わったということは、結局、情報が旅の楽しさ、不便さ、便利さを決定づけているんだよね。情報って恐るべし。そして、こういう時代だからこその新しい、旅の楽しみ方ってのがどんどんうまれてくるんだろうな。

10年15年でこれだけ変わったんだから、次の10年後にはどうなっているんだろう。
スマホ

物価高いと海外で思い、日本の将来を思う

この5年ぐらい海外って物価高いなーと思うようになった。

行く国も昔と比べて変わったし、限りなく安い手段でバスや食事してたのとは、少し旅のランクも違うというバイアスはある。

とはいえ、高い。食事もホテルも移動も。逆に日本が安すぎるのだ。

日本の国力落ちてるな、そもそもデフレだし。海外は基本少しずつのインフレトレンドのはずだから差は開くばかり。

日本で完結するなら安く仕入れて安く売って、そのレベルの利益を出せばよい。しかし、今の時代そんなわけにいかないし、日本は人口減少社会。

海外とやってくには、物価高くてもそれが当たり前と受け入れ、自分達が作り出す付加価値をもっと高くしないと、他の物価高い国に使われて終わりになりそう。

資源もないから日本を使ってもくれなくて、物価高い国のよい製品も買えないし、物価高い国のよい設備を買うこともできず、結果付加価値の高いものを作って売れず安くしか売れなくて貧しさのスパイラルに陥るのだろうか。なんとかしたいジャパン。

ロンドンのホテルで朝食食べながらふと思ったのでメモ。

7ヶ月

この世界の空気に触れてから、7ヶ月が過ぎた。

いろんな感情も生まれてきたり、意思もでてきたり、甘えるということを覚えたり、空間認知能力も上がったり、もちろん目もしっかり見えるようになってきた。であろうと、彼女の様々な行動から推測。

進化のプロセスがすごく早く、かつ学んでそれらの能力が身に付くようになったいた脳や身体の基本設計もすごいよなーと。

まさに、AIと同じような機械学習というかディープラーニングというか、それらの概念と同じだなーと。

人間という生き物は、なんとまあよく作り込まれているのかとおもう。

そして、何しててもかわいいと思える、そんな親の感情まで赤ん坊がコントロールし、かつて赤ん坊だった親の脳では小さい頃から赤ん坊をかわいいと思う感情が育まれていたのだろう。