カテゴリー別アーカイブ: 運動

言葉を使わずに考える

言葉を使わずに考えるということを、大人はあまりしないらしい。

しかし、言葉を知らない赤ん坊は、言葉を使わずに考えている。

大人がロジカルという方法も、赤ん坊は言葉を使わずにできる。

俺も、言葉を使わずに考えることは、今でもしていて、でも、そのプロセスを他の人に説明する難易度がいつも高い。だから、理解してもらえない。

で、赤ん坊を見ていて、一緒だなと思った。

言葉は分からないけれど、ソファから降りる時に後ろ向きになって足から降りる、これは前から行くと、足の曲がる方向と足の裏が設置するのが不向きで、足がつかないからと理解していて、それの解決策を思考した結果、後ろ向きで歩いているわけだ。

少し距離がある場所へ飛び乗ろうとするときも、長さを予測し、自分の身体能力を検討した結果、いけると判断して飛んでいるわけだ。

我が子はまだ言葉は使えない。

すなわち、言葉を使わずに、論理的に思考して、推測して、行動しているわけだ。

言葉を使わずに論理的に考えれるという証明だなと、思うのである。

入笠山と富士見パノラマスキー場

数年前に行った入笠山、軽い山登りとスキーができる場所ということで、出かけることに。

新宿から日帰りバスツアー。往復のバストリフト代込で4900円という驚きの安さ。直前予約なので天気も晴れると分かっているし、こんな便利なものはない。ただ、日程調整できないので1人にはなってしまうが。

あえて、スキーのシールを使った登りを思い出すために、スキーとシールを持って。予想通りの晴れで、富士見パノラマに着いて着替えて、2,3本滑って今シーズン初滑りの足慣らし。それから、ゴンドラでトップまで行き、シールを付けて、えっちらおっちら1時間程度で入笠山の山頂に。まだまだ雪が少なかったが、八ヶ岳や南アルプスなどぐるっと一周綺麗に見えた。

頂上で温かい紅茶とパンを食べて下山。ゴンドラのトップから子供でも行ける場所に、昔のスキー場があって、一面雪の滑り台。プラスチックの簡単なお尻に敷くソリを持った人たちがたくさんいて大人から子供まで滑っていた。スキーやボードの人がいないので子供でも気兼ねなくシリセードみたいなソリで遊べるのがいい場所。

それからスキー場で何本か。上手い人のを見て、頭でイメージして滑るがなかなかうまくならないものだな−。1人だと飽きるので、軽い山登りとスキーセットだとちょうどよい。4時ぐらいに上がってバスで新宿まで。全く渋滞して無くて、8時過ぎには家に帰っていた。

須走口メモ

富士山には4つの登山口がある。もっともメジャーでアクセスが良い吉田口。その他に富士宮と御殿場と須走口。

今まで須走口だけ行ったことがなかったけれど、今回偶然須走口から。

新宿発の始発バスが満席でなかったので、予約無くても乗れるというので、家から新松田駅に行き、そこから路線バスで須走口5合目まで。路線バスと行っても、直行バスなので楽なのだ。家を5時40分ぐらいに出て、コンビニに寄り、成城学園から新松田駅まで小田急の急行で一本だいたい1時間。
新松田駅7時40分発のバスなので、ギリギリに新松田駅到着でよかったな。30分以上前に着いてやることなかった。席も満席にならなかったので、早く到着する必要はなさそう。駅前には小田急のコンビニとかもあった。

そこから1時間20分で須走口五合目に。だいたい1時間20分。人も少なくて、ささっと登り始める。このルートは木々があって日陰になるのはいいが、アブとかコバエが多かった。途中で富士吉田ルートと合流して、頂上には約3時間で到着。12時ぐらいで、30分ほど昼寝。この日は友達がたくさん山頂にいたっぽいが会わず。30分ほど昼寝をしてしまい、日焼けした。完全にミスった。

下山は富士吉田ルートで、いつもの砂埃を浴びながら。バス停まで1時間30分ほど。走ってないけどこれぐらい。14時のバスに乗り込んで、新宿に。5時過ぎに家に着。なんと、さっくりと行けるのだろうか。帰りも須走口から新松田駅の方が、早く家に着きそうだな。渋滞ないし。

学習する生き物

赤ん坊の鼻水や鼻くそが溜まっている。自分で鼻はかめないので、麺棒にワセリンをつけてとっていた。最初は麺棒を突っ込んでいたんだが、

それを嫌がるので、お風呂でガーゼを細くして鼻に突っ込み始めると、嫌がらずにとれた。かつ、湿度が高いので鼻にも傷がつかないし最高じゃんと思っていたのだが、しばらくするとお風呂でガーゼも嫌がり始めた。嫌がるだけでなく、ガーゼを引っ張ったりして抵抗する。

これって、はじめはガーゼで何をされるかわからなかったので抵抗しなかっただけで、何度かやられるうちに理解し始め、どうしたら抵抗し辞めさせれるかを学んだのだ。すごいなー。日々学習しているのだ。こうして、人は物事を学ぶ。また、ひとつ実体験から勉強させてもらった。

ミルクも同じ、昔は哺乳瓶を口につけると口が勝手に動いて吸っていただけなのに、今日は両手で哺乳瓶を持った。そして、自分の口へと持っていく。しばらく飲んで、呼吸したい時は哺乳瓶を離して、また口へと持っていく。もちろん、哺乳瓶の乳首の部分がうまく口に入らなかったりもするのだが、全体としての行動は、彼女が実現したいことを達成するのにマッチした行動なのだ。これは、親の行動を見て、その結果としてミルクが飲めていた。これを自身の頭で解釈して、抽象化して、ああこのボトル(縦長の物体)に美味しいものが入っている。それを口へと近づけると、飲めるんだなって解釈したってことなんだよね。

今は、おそらく言語は話せないし、脳の中にもそうした言語に基づく解釈の回路は無いと思うんだけど、目から入ってくる情報と自分の肌やお腹、口で感じた情報を組み合わせて理解して、それを行動に移し替えている。大人になると言語を使って考えることだけが全てになりがちだけれど、人間の根本の能力というか、学習する方法というのは、こうした視覚情報と自分の身体を通した知覚などを組み合わせて、トライアルアンドエラーを繰り返すことによって学んでいくもんなんだよなと。

言語を使い論理で詰めたほうが速い学びもあれば、やはりこうした身体を通した経験から学ぶこともある。この両方がバランス良くできると良いんだよね。と、赤子の学習過程を見ながら、自分の学びという行為のブラッシュアップに活かさせてもらう。

見えないものを予測すること

赤ん坊が、布で遊んでいた。ハンカチみたいなんだけど、中にセロファンみたいなのが入っていて、ガサガサと音がする。だから楽しいらしく、このハンカチみたいなのを手で握ったり食べたりして遊んでいた。実に楽しそうに。

ふと、その布を目の上にかぶせてみると、布を手で払って視界を確保するのではなく、両手をバタバタするだけで、布を触ることすらなかった。すなわち、目で見えるものを触って楽しむことができる。一方で、目の前にあっても、肌でその存在を感じていても、その布がどこにあるかを理解していない。だから、布が目にかぶさってて見えなくて邪魔なのに、取り払うことができない。

目で見えないものがどこに存在するかを予測して、手を動かすことができないのだ。まあ、身体感覚の延長がまだできていないんだな−とおもった。これができるようになった時に、見えないものを予測することができるようになった瞬間なんだろう。

以前、腕が腕の位置にあることがわかったとブログに書いたことがあったり、歩いていて見た月の位置の変化を予測できなかったことについて書いたことがあるんだけど、それと似たこと。どんな風に覚えていくんだろうなーと思いながら、手を舐めるようになったり、物をつかむようになったり、不安定な場所では何かにしがみついたりするようになっている。ちょっと前は、しがみつくとかそんなことなかったのに。そういった行動の変化を見ていると、日々の細かな経験を通して身につけていっているんだなと思う。何かが起こって、それに対して自分が行動した際のフィードバックを得て、何度も自分の中でそれを繰り返していくことで、正しい反応(行動)というのを学んでいく。ああ、やっぱり何でも経験して、失敗して、出来るようになる。すべての学習はこれなんだなと思う。大人はいつの間にか失敗することを恐れてチャレンジしなくなるけれど、いつまでも学ぶためには失敗をたくさんすること、それが一番なんだなと毎日教えてもらっている。

有から無になることの感情とボディシェーマ

ボディイメージ

月の奥に鏡を見る

ビルの隙間から見えた月の位置