カテゴリー別アーカイブ: 自然

景色が抜群の谷川岳馬蹄形を歩く

10月の最終週の週末に谷川岳馬蹄形コースへ。
谷川岳は何度か行ったことあるけれど、トレランは初めて。
馬蹄形コースはコースタイムで18時間ぐらいだが、距離は30キロ弱しかない。すなわち、走るコースではない。アップダウンが小刻みにあって体力づくりにはよいとか。

増田さんに誘ってもらって、昼に東京を出て夕方に土合山の宿に。2食付きで7000円とお得で、飯を食べて19時には寝た。夜中の1時30分に起きて、2時30分に宿を出た。もちろん暗いので、ヘッドライトでスタート。最初から斜度のある登り。ストックを持ってきてよかった。ひたすら登りだが暗いのであまりダラダラした上りでも気にならず。空を見上げると満天の星空、翌日は快晴だろう。真っ暗ななか、白毛門山、笠ヶ岳のピークをすぎる。思ったよりも寒くはない。ロングTシャツでOKな感じ。朝の5時30をすぎると、だんだんと明るくなってくる。久しぶりに山歩きしながら夜明けを迎える。この時期ぐらいになると空気が澄んでいて、ひんやりしている。景色もきれいだ。凛としたこの山の空間がたまらなく美しい。ああ、山っていいな、こんな時間を味わえて幸せだなと思いながら、山を歩いていた。そして、このコース、景色が抜群なのだ。ネットで調べるとハードなコースとばかり出てくるが、それよりも景色だろう。こんなに美しい山ってなかなかないと思う。山深いところにこんなアクセスよくこれるなんて。時期もあってか、ほとんど人もいない。

草花には下が降りている。ああ、冬が近いなと。霜が降りたからなのか、土壌の特性なのか泥がぐちゃぐちゃな路面も多かった。日の出を迎えると、雲ひとつない青空。これは気持ちがいい。景色が良すぎて、景色を楽しんでいたので歩いている距離とかアップダウンが気にならず、いつの間にか半分を過ぎていた。景色が綺麗で気分転換できているので、疲れもほとんどなし。

偽ピークが何度もある茂倉岳を超えると、あとは谷川岳のみ。このあたりから人が増えてくる。谷川岳はロープウェイで行けるし、まあそりゃそうだ。肩の小屋で休憩して、そのまま下山。12:30ぐらいに下山して、ロープウェイ乗り場で飯を食べて宿へ。夕方には東京に戻れるという、ありがたいスケジュール。

コースの時間:10時間

人の多さ:谷川岳以外ほぼいない

装備:防寒はしっかり、手袋、雨具、ストック、ヘッドライト

難易度:危険な場所はなし

紅葉:1300mぐらいがベストな状態だった

水:1.6リットル(時期的に秋だから 夏はもっといるはず)

丹沢キャンプ

寒くなるので最後のキャンプへ。

10/20,21の普通の土日に1泊2日で。今までは2泊だったので、1泊だとタイトなスケジュールなので近場で検索。いろいろ候補があったけど、丹沢のバウアーハウスジャパンに。普通のキャンプ場より高いけど、評価は高かったのでここにしてみた。

今回はカーシェアリングでいつものように10時に借りて、荷物を詰め込む。スタートは11時ぐらい。東名なのでひどい渋滞はなかったけど、軽めの渋滞にははまってしまう。そして、子供が酔うといけないので三保ダムにピットインしてお散歩してからキャンプ場へ。

噂通りのきれいなキャンプ場だ。そして、利用方法の説明とかしっかりしている。トイレもお風呂もこんなにきれいなのかってぐらいきれい。キャンプしない女性でもこれなら余裕だろう。

テントサイトも大きいので、ゆったりと使えるが仕切りがないのでそれがあればベストだな。いつもどおりテントを立てて、川遊びをしたり散歩して松ぼっくりを拾ったり(松ぼっくりは家に持ち帰り宝物になった)

暗くなるころ、小雨が降ってきた。。。うちはタープがないのでテーブルはテントに避難。テントは大きいので、テーブルも余裕で置けるので。雨の間にお風呂に入りに行き、広くてきれいで大満足。

テントに戻っても雨なのでテント内で食事をして雨が止むのを待つ。天気予報では一時的な小雨だったが予報通り。子供が寝てから外で焚き火をして、ワインを飲んだ。

焚き火を見ながらのんびりできるのはいい時間だ。

夜は冷えたけれど、下に毛布を敷いて寝袋があれば全然余裕な気温だった。

朝起きて、軽くランニング。ウェルキャンプ西丹沢がすぐ近くにあったが、ここと比べると施設の綺麗さはけっこう違ってた。

朝はバッチリ晴れてくれて、テントも乾いた。

12時チェックアウトだったので1泊だけれどゆったりできて、今年最後のキャンプを楽しく締めくくれた。

また、来年もキャンプへ行こう。誰か一緒に行く人募集中。

伊豆の吉田へ

噂に聞いていた吉田集落
島に来たみたいに、隔離された場所で落ち着く

噂には聞いていたけど、噂通りの良い場所。良い場所と行っても、俺にとって良い場所で一般的には不便な場所だと思う。ドコモの携帯がつながらないところだし。

南伊豆町にあるんだが、行く道が分かりづらい。トンネルの直前に脇にそれる道があるのだが、そこからしか行けない。妻良(めら)方面へ行く136号のトンネルの直前で曲がるのだ。この道も細い山道。で、20分ぐらいこの山道を行くと、20人弱の集落が登場する。もちろん海沿いで、どん詰まり。そこに吉田亭というすばらしい宿があって、飯もうまいし、芝生でBBQできるし、お風呂も露天が気持ち良い。

だいたい、シュノーケリングとか釣りに来る人が多い。もちろん我々も海の中へ。透明度が高くて海の奥底まで見える。耳抜きがうまくできず、今回は潜れなかったが魚影が濃い。いろいろいるし、サイズもでかい。ただ、波が高かったので、ほとんど泳げず、庭でBBQをやって、伊勢海老2匹ついてくる夕食を楽しむ。これだけの料理が出るのに、本当にオトクなお宿。そして、夜までみんなでいろいろ話、翌日も5時に起きて、海へ。波はおさまったが濁っていて視界は悪かった。

道路が混むので、朝食を食べてから東京へと戻った。

上高地から前穂・奥穂・涸沢岳

最近テント泊の登山をしてないな~と思っていた。写真で振り返るとすごい久しぶり。遡るとベネズエラ依頼っぽい。日本だと15年だかに仙丈ヶ岳に行っているっぽいが、このときのテントは頂上付近じゃない。もっと遡ると14年。この年は雲ノ平とか農鳥とか尾瀬とか何度か行っている。サクッとトレランで行くのが荷物的にも時間的にも、まあ、いろいろと簡単なんでそれで済ませていた。が、やはりテント担いで3000m付近で泊まるのは楽しい。夕焼け、星空、朝焼け見れて、ゆっくりできるから。

いろんな条件が揃えば行きたいと思っていたが、アクセス考えると思いつきはなかなか難しいので、とりあえず夜行バスをとった。晴れたら行こうという感じで。運良く天気予報は晴れだったので、金曜の夜行バスで新宿から上高地へ。運良く、バスの隣の席に人がいなかったのでゆったりと。5時30分ぐらいに上高地につくとひんやり。やはり東京都は違う。今回は上高地から紀美子平、前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳へ行くことに。

久しぶりの重い荷物で、登りがつらい。まあ、でも景色が綺麗なので、そんなことも忘れる。森林限界を超えると、アルプスの山々が。南アルプスとはまた違った景色で見とれてしまう。まずは、前穂高岳へ。思ったよりも人も少なく、頂上からは360度青い空と、山。あー、気持ちいい。一人で登っていると自由だ。旅でも山でも一人でのんびりやっていると、自由だな、解き放たれているなという、心が体が軽くなるワクワクがこみ上げてくる。その後に、奥穂高岳へ。岩がゴツゴツしているのと、落石もあるというのでヘルメットを付けて。ただ、特に危ないところもなく、景色を楽しんで。ただ、テントサイトが小さいというので、少し早歩きで早めに到着して場所確保を意識しながら。

12:30ぐらいに穂高岳山荘に。そして、テントを張る。早めなので、平で良い場所が取れた。ここは、夕日も朝日も見れるテント場だから俺的に最高な場所。どちらかしか見えないところも多いので、高度が高くて西も東も見えるテント場が好みなのだ。電波が通じるので携帯触ったり、キンドルを持ってきたので本を読んだり、ビールを飲んで、音楽を聞いたり、昼寝したり。あっという間に5時ぐらいになり、夕食を準備。今回はちゃんぽん。そして、夕焼け空を楽しんだ。雲海に太陽が沈んでいき、空はオレンジやピンク色に。そして、山の上に月が輝く。

暗くなれば眠たくなる。3000m近い標高かつ、急に涼しくなったので夜はすこし寒かったが、ホッカイロがあったのでぐっすり寝れた。夜中の1時を過ぎた頃に目がさめ、外をのぞくと満天の星空。月も沈んでいるので、本当に星、星、星。天の川も。ただ、今回は一眼レフを持ってきてないので、目で見て終わろうかなと。しかし、スマホでマニュアルモードでとってみたら、撮れた。おどろくぐらいきれいに取れた。本当に一眼レフを持っていかなくてもいいなーと思ってしまう。

翌朝も、周りの音で起きると、日の出を楽しむ。温かい紅茶を入れて、テントを乾かしている間に、涸沢岳へピストン。テントを撤収して、涸沢ヒュッテ経由で下山。涸沢ヒュッテへ下るパノラマロードあたりから望む穂高連峰は美しい。本当に、息を呑むような美しさ。こりゃ紅葉はきれいだろうな、一度は来てみたいなーと。その後は、樹林帯と林道をひたすら歩く。距離が長くて、飽きた。上高地に下山後は日帰り温泉に入り、昼ごはんを食べた。時間があったので偶然ぶらっと上高地のビジターセンター行ったら、なんと山の友達が働いていてびっくり。昔北アルプスの下ノ廊下にも一緒に行ったことのある友達。山に来ると、どこかで友達に会うから面白い。また、晴れた山でゆっくりしにこよう。

論理的な思考が可能に

肌着を嫌いになってはや数ヶ月

何をしても嫌がる

歌を歌いながら、話しながら、大好きなアンパンマンぬいぐるみをエサにして

一方、動物のシャツはずっとお気に入り
てんとう虫、クジラ、パンダなど

昨日から、肌着を着たらてんとう虫シャツ着れるよと言うと、すんなり肌着を着た

今日も同じ方法でトライ

今日も肌着をただ着せようとすると泣き叫んだが、肌着を着たらクジラ着れるよと。すると肌着をすんなり着た

論理的な展開を解釈できている。

単語を覚えて、2語や3語ではなし、意思表示を始め、会話のキャッチボールが少しできるようになって、ついには論理的な思考まで可能に。

もしくは報酬にたいして耐えることを知ったのか。これも論理と未来推測し、今の行動を変えることだからより高度な気がする。

そして、話せなくても、聞いて理解することはできるんだなという、当たり前のことも学ぶ。大人の言語習得もひたすら失敗しても自分で話し、失敗して教えてもらい、聞けるようになり、それを使って話せるようになるこれだな。