カテゴリー別アーカイブ: 自然

どこかにマイル先は宮崎だった初家族旅行

どこかにマイルというJALの特典航空券がある。

4つの都市のなかから何処かに行くという、変わった航空券。通常のマイルの半分以下なので、かなりお得。もちろんJALは残席をはけさせつつ、ユーザーの満足度を上げるため。

宮崎の往復航空券。
家族旅行に行ってみたかったので、極論どこでもよかったので今回はこのどこかにマイルを使った。と、愛媛、北九州、宮崎、高知だっけかな。これらの中から当たったのは宮崎。フライトの1ヶ月前から予約可能で予約エントリーから3日後に行き先の連絡が来るという仕組み。

家族旅行は車移動は便利という話を聞いていたので、レンタカーで3日間旅をすることにした。出発は金曜の朝、通勤ラッシュと重なってしまうので各駅停車に乗り、山手線はつらいので新宿からバスに。バスで羽田はとても近く、あっという間に着いてしまった。これはいい。基本バスはつらいが、短時間であれば乗り換えもないし便利なものだ。。数時間乗るとなるとバスより電車がましなんだが。

羽田についてオムツを変えるなどしてフライトを待つ、飛行機はおっぱいを飲んでいれば耳も痛くならないといので、これにならったらOKだった。宮崎は1時間半ほどで到着。やはり沖縄とかと比べるとすぐ着く印象。とりあえずレンタカーを借りて出発!まずは、昼食を食べて、サンメッセ日南に行き、えぷろん亭という宿に向かうことに。初日は久しぶりの運転なので、距離は短め。まあ、午後スタートなのであんまり遠くにも行けないし。宮崎ということでチキン南蛮を食べて、ついでに離乳食とオムツ替え。やはり赤ん坊との旅行はこうしたプラスの時間がかかるので、時間はゆったり目に計画しないとと痛感。自分ひとりの1.5倍から2倍ぐらいは時間かかるかな−。

それから、イースター島に行ったこと無いので、とりあえず身近なモアイに会いにw海岸沿いにモアイ像がいくつも建っていて、これはこれでインパクトあり。運良く青空だったので、青い空と巨石はなかなかにして、かっこいい。鵜戸神宮にもたちよって、母乳がよく出るようにと。それからえぷろん亭に。海岸沿いの宿で部屋も広いし、オーシャンビューだし、ご飯は美味しいし、お得だし口コミ評価が高いのも納得。目の前の海は宮崎の海岸として有名な洗濯板状で観光気分も。散歩ついでに、はるかちゃんも海に足をつけて海デビュー。

翌朝は、東に面した宿の特権の朝日を眺める。目の前が海なので、水平線から登る太陽は美しかった。久しぶりの日の出でちょっとテンション上がり、ついでに朝ラン。うーん、やはり運動と自然はいいもんだ。朝ごはんをたべて、部屋でゆっくりしてから都井岬へ。灯台からきれいな海を眺め、馬たちとも遭遇。子馬はかわいく、人間の親子のようだなと。昼はブリ丼をいただき、霧島へ。2日目はよく運転した。運転も慣れなので、距離を運転して慣れなければ。年に3回ぐらい長距離乗れば、感覚は維持できるなーというのがこの2年の実感。

霧島神宮へ行き、お参り。なかなか立派な神社。ご神木もまっすぐ立派なキリッとした巨木だった。それから、温泉宿へ。はるかちゃんは温泉に入れないので、大人だけ温泉に入り、はるかちゃんは内湯でシャワー。夜は奥さんの誕生日に乾杯して、おやすみ。翌日も快晴で、はるかちゃんと遊びながらダラダラと。すぐ近くにある丸尾滝へ行くと、これがかっこいい。幅広い滝なんだが、岩壁の断層が鋭く、そこに流れ落ちる滝の水が跳ね返される。その絵が非常に美しく、今までみた滝の中で一番だったかもしれない。

最後の立ち寄りは霧島連山、霧島ジオパーク。せっかくなので山も味わっておきたかったのだ。白紫池まで歩き、展望台から韓国岳などを望む。うーん、青い空と緑の山々。新緑から少し時を重ねた深い緑も力強い。あとは、空港に向かって帰るのみ。4時の飛行機で羽田に向かい、バスで新百合ヶ丘まで戻り、家に。はじめての家族旅行、おもったよりも大変じゃなかった。もちろん移動や観光スポット巡りも子供がいると1.5倍の時間がかかる。離乳食をたべたり、オムツを変えたり。日焼け止めをむったりと。でも、今までとは違う視点で自然を見たり、観光地を見たり、人とのふれあいも赤ん坊がいると変わる、そして、赤ん坊からすると連れ回されているだけかもしれない。けれど、親にとってはいい思い出になる時間だな−と。お前のエゴかよという話だけれど、こうした時間を通して子供との非日常の時間を作れて、子供への愛情も増すのではと思った。もちろん、子供にとっても知らない世界に触れることで、新しい世界に飛び込むこと、新しいことにチャレンジすることへの抵抗感がなくならないかなーとか、新しい世界を見て世界を理解するのに役立たないかな−と勝手に思っていた。

モアイ像

霧島神宮

■持ち物
哺乳瓶
赤ちゃん用綿棒
おしりふき
おむつ
ベビーキャリアエルゴ
おくるみ
オムツ替えシートセット
粉ミルク
おもちゃ
肌着
ベビー服
スリーパー(バトー)
顔体用クリーム
頭用スプレー
食事用エプロン
体温計
スタイ
ガーゼ
靴下
水筒・お湯
母子手帳・保険証・乳幼児医療証
スプーン
タッパー
カーディガン
日焼け止め
帽子
鼻水吸い器
ケープ
虫除けスプレー
冷えピタ
座薬
ワセリン
レッグウォーマー
離乳食

興味関心を持つこと、行動すること

ネットが発達して、どんな情報でも得ようと思えば簡単に得られる時代になった。
調べればだいたいのことは検索できるし、詳しそうな友達にもすぐに連絡できて話を聞くことだってできる。

個人の興味に合わせた情報がSNSでも、ニュースでも配信される。
個人の興味にカスタマイズされる、一時的には良いかもしれない。

でも、そうすると雑音が少なくなる。
自分が今興味は持っていないけれど、潜在的に好きになるかもしれないことを知るきっかけが減ってしまう。
特に、俺の性格はあまり興味なくてもとりあえずやってみるタイプなので、雑音がほしいのだ。

何かに興味関心を持つと、調べる、聞く、やってみる。
すると、もっと深くということでどんどんやっていくと深さとともに、幅も広がることが多い。

トレランにハマったら、海外にも行くし、調べるために英語も勉強するし、友達増えるし、天気について学ぶし、ギアとか、科学的なことも調べ学ぶ。

結局、意思とか興味関心とか、好奇心がないと、始まらない。
そして、行動してみる。
人に話してみる。

新しいことに出会い、興味を持って、行動する。
最近、そんなことがないなーと思った。
インプットが足りないのか、雑音を取りに行く行動が足りないのか。
といいつつ、赤ん坊の脳の発達とか、不動産に興味を持ちだいぶ調べている日々。

そして、子供や赤ん坊も一緒。
何かに興味を持って、行動する。
好きとか、興味が有ることを突き詰めれば、どんどん新たな課題や、新たな領域にも触れられる。
やらされるんじゃなくて、自分の好きなことに出会える人生を送ってほしいな。

学習する生き物

赤ん坊の鼻水や鼻くそが溜まっている。自分で鼻はかめないので、麺棒にワセリンをつけてとっていた。最初は麺棒を突っ込んでいたんだが、

それを嫌がるので、お風呂でガーゼを細くして鼻に突っ込み始めると、嫌がらずにとれた。かつ、湿度が高いので鼻にも傷がつかないし最高じゃんと思っていたのだが、しばらくするとお風呂でガーゼも嫌がり始めた。嫌がるだけでなく、ガーゼを引っ張ったりして抵抗する。

これって、はじめはガーゼで何をされるかわからなかったので抵抗しなかっただけで、何度かやられるうちに理解し始め、どうしたら抵抗し辞めさせれるかを学んだのだ。すごいなー。日々学習しているのだ。こうして、人は物事を学ぶ。また、ひとつ実体験から勉強させてもらった。

ミルクも同じ、昔は哺乳瓶を口につけると口が勝手に動いて吸っていただけなのに、今日は両手で哺乳瓶を持った。そして、自分の口へと持っていく。しばらく飲んで、呼吸したい時は哺乳瓶を離して、また口へと持っていく。もちろん、哺乳瓶の乳首の部分がうまく口に入らなかったりもするのだが、全体としての行動は、彼女が実現したいことを達成するのにマッチした行動なのだ。これは、親の行動を見て、その結果としてミルクが飲めていた。これを自身の頭で解釈して、抽象化して、ああこのボトル(縦長の物体)に美味しいものが入っている。それを口へと近づけると、飲めるんだなって解釈したってことなんだよね。

今は、おそらく言語は話せないし、脳の中にもそうした言語に基づく解釈の回路は無いと思うんだけど、目から入ってくる情報と自分の肌やお腹、口で感じた情報を組み合わせて理解して、それを行動に移し替えている。大人になると言語を使って考えることだけが全てになりがちだけれど、人間の根本の能力というか、学習する方法というのは、こうした視覚情報と自分の身体を通した知覚などを組み合わせて、トライアルアンドエラーを繰り返すことによって学んでいくもんなんだよなと。

言語を使い論理で詰めたほうが速い学びもあれば、やはりこうした身体を通した経験から学ぶこともある。この両方がバランス良くできると良いんだよね。と、赤子の学習過程を見ながら、自分の学びという行為のブラッシュアップに活かさせてもらう。

見えないものを予測すること

赤ん坊が、布で遊んでいた。ハンカチみたいなんだけど、中にセロファンみたいなのが入っていて、ガサガサと音がする。だから楽しいらしく、このハンカチみたいなのを手で握ったり食べたりして遊んでいた。実に楽しそうに。

ふと、その布を目の上にかぶせてみると、布を手で払って視界を確保するのではなく、両手をバタバタするだけで、布を触ることすらなかった。すなわち、目で見えるものを触って楽しむことができる。一方で、目の前にあっても、肌でその存在を感じていても、その布がどこにあるかを理解していない。だから、布が目にかぶさってて見えなくて邪魔なのに、取り払うことができない。

目で見えないものがどこに存在するかを予測して、手を動かすことができないのだ。まあ、身体感覚の延長がまだできていないんだな−とおもった。これができるようになった時に、見えないものを予測することができるようになった瞬間なんだろう。

以前、腕が腕の位置にあることがわかったとブログに書いたことがあったり、歩いていて見た月の位置の変化を予測できなかったことについて書いたことがあるんだけど、それと似たこと。どんな風に覚えていくんだろうなーと思いながら、手を舐めるようになったり、物をつかむようになったり、不安定な場所では何かにしがみついたりするようになっている。ちょっと前は、しがみつくとかそんなことなかったのに。そういった行動の変化を見ていると、日々の細かな経験を通して身につけていっているんだなと思う。何かが起こって、それに対して自分が行動した際のフィードバックを得て、何度も自分の中でそれを繰り返していくことで、正しい反応(行動)というのを学んでいく。ああ、やっぱり何でも経験して、失敗して、出来るようになる。すべての学習はこれなんだなと思う。大人はいつの間にか失敗することを恐れてチャレンジしなくなるけれど、いつまでも学ぶためには失敗をたくさんすること、それが一番なんだなと毎日教えてもらっている。

有から無になることの感情とボディシェーマ

ボディイメージ

月の奥に鏡を見る

ビルの隙間から見えた月の位置

生後1ヶ月から3ヶ月の変化をメモに

日々の変化を散文的に。メモ。

母乳オンリーだったころは、ウンコが臭くなかった。

ミルクを混ぜ初めてから、ウンコが臭くなかった。そして、白いつぶつぶもまじってきた。脂肪分とのこと。普通なことらしいが、母乳のすごさを改めて感じる。

寝てる時に白目になることは、産まれてからずっと。

産まれてすぐはまつ毛がなかったが生後1ヶ月ぐらいからどんどんはえて、伸びている。

2ヶ月ぐらいから、首が少し安定。首が座るまではもちろんいたってない。

2ヶ月ぐらいからお出かけや散歩を始める。抱っこひもは快適らしく泣かないしすぐに寝る。3ヶ月目前でベビーカーデビュー。こちらは、親にとっては、楽だが階段とか置き場とかは少し悩ましい。子供にとっては、空が動く不思議な感覚のようで、あまり寝ない。

夜泣きが減り、夜はぐっすり寝て、うんちも昼間中心に。たまに起きるが。

冬の子で、お肌の乾燥や乳児特有のニキビみたいなので肌荒れ。床暖房、エアコンに加え加湿器をずっとつける対策。でも、医者に行き弱いステロイドの入った薬をもらい塗ったらすぐなおった。そして、保湿クリームもたっぷり塗るとすべすべ肌に3日で戻る。

とはいえ、生まれて3日ぐらいのほっぺたは格別だった。柔らかいというか、空気のように触れていないような、でもクリームのようにふんわり柔らか。おっぱいを吸うので、ほっぺたはすぐに筋肉がついてしっかりする。1ヶ月もたつとしっかりしてくる。そんな中でも、すべすべ柔らかなのはかわりなし。

1ヶ月目以降3ヶ月まで、1番柔らかいのは足の裏。大人は歩いて固いが赤ちゃんは一番使っていないので、柔らかふわふわ。考えれば当たり前だけど、面白い発見。

2ヶ月ぐらいから少し目が見えるようになったようで、物を目で追うようになる。目が合うことも。

風呂も、2ヶ月から大人の湯船に浸かる。お風呂は好きみたいだが、緊張してるのか、拳になり、脇を閉めている。

しっかり泡を落とすために、シャワーで顔に水をかけると発狂する笑。そして、にらんでくるような目付きでじっと見てくる。けっこう怖い笑

足のキック力は強く、しゃがんでいても立ち上がるほど。手もバタバタして、上からぶら下がるおもちゃをたたく。たまに、抵抗の印としても手ではたく。

哺乳瓶が、嫌いなのかミルクが嫌いなのか、たまに口を閉ざす。ミルクを少し温か目にしてあげると飲みやすそう。

寝てる時に笑顔になる。どんな夢を見ているのだろうか。楽しい夢なんだろうなと、そんなことを想像して時間が過ぎていく。