カテゴリー別アーカイブ: 旅

上高地から前穂・奥穂・涸沢岳

最近テント泊の登山をしてないな~と思っていた。写真で振り返るとすごい久しぶり。遡るとベネズエラ依頼っぽい。日本だと15年だかに仙丈ヶ岳に行っているっぽいが、このときのテントは頂上付近じゃない。もっと遡ると14年。この年は雲ノ平とか農鳥とか尾瀬とか何度か行っている。サクッとトレランで行くのが荷物的にも時間的にも、まあ、いろいろと簡単なんでそれで済ませていた。が、やはりテント担いで3000m付近で泊まるのは楽しい。夕焼け、星空、朝焼け見れて、ゆっくりできるから。

いろんな条件が揃えば行きたいと思っていたが、アクセス考えると思いつきはなかなか難しいので、とりあえず夜行バスをとった。晴れたら行こうという感じで。運良く天気予報は晴れだったので、金曜の夜行バスで新宿から上高地へ。運良く、バスの隣の席に人がいなかったのでゆったりと。5時30分ぐらいに上高地につくとひんやり。やはり東京都は違う。今回は上高地から紀美子平、前穂高岳、奥穂高岳、涸沢岳へ行くことに。

久しぶりの重い荷物で、登りがつらい。まあ、でも景色が綺麗なので、そんなことも忘れる。森林限界を超えると、アルプスの山々が。南アルプスとはまた違った景色で見とれてしまう。まずは、前穂高岳へ。思ったよりも人も少なく、頂上からは360度青い空と、山。あー、気持ちいい。一人で登っていると自由だ。旅でも山でも一人でのんびりやっていると、自由だな、解き放たれているなという、心が体が軽くなるワクワクがこみ上げてくる。その後に、奥穂高岳へ。岩がゴツゴツしているのと、落石もあるというのでヘルメットを付けて。ただ、特に危ないところもなく、景色を楽しんで。ただ、テントサイトが小さいというので、少し早歩きで早めに到着して場所確保を意識しながら。

12:30ぐらいに穂高岳山荘に。そして、テントを張る。早めなので、平で良い場所が取れた。ここは、夕日も朝日も見れるテント場だから俺的に最高な場所。どちらかしか見えないところも多いので、高度が高くて西も東も見えるテント場が好みなのだ。電波が通じるので携帯触ったり、キンドルを持ってきたので本を読んだり、ビールを飲んで、音楽を聞いたり、昼寝したり。あっという間に5時ぐらいになり、夕食を準備。今回はちゃんぽん。そして、夕焼け空を楽しんだ。雲海に太陽が沈んでいき、空はオレンジやピンク色に。そして、山の上に月が輝く。

暗くなれば眠たくなる。3000m近い標高かつ、急に涼しくなったので夜はすこし寒かったが、ホッカイロがあったのでぐっすり寝れた。夜中の1時を過ぎた頃に目がさめ、外をのぞくと満天の星空。月も沈んでいるので、本当に星、星、星。天の川も。ただ、今回は一眼レフを持ってきてないので、目で見て終わろうかなと。しかし、スマホでマニュアルモードでとってみたら、撮れた。おどろくぐらいきれいに取れた。本当に一眼レフを持っていかなくてもいいなーと思ってしまう。

翌朝も、周りの音で起きると、日の出を楽しむ。温かい紅茶を入れて、テントを乾かしている間に、涸沢岳へピストン。テントを撤収して、涸沢ヒュッテ経由で下山。涸沢ヒュッテへ下るパノラマロードあたりから望む穂高連峰は美しい。本当に、息を呑むような美しさ。こりゃ紅葉はきれいだろうな、一度は来てみたいなーと。その後は、樹林帯と林道をひたすら歩く。距離が長くて、飽きた。上高地に下山後は日帰り温泉に入り、昼ごはんを食べた。時間があったので偶然ぶらっと上高地のビジターセンター行ったら、なんと山の友達が働いていてびっくり。昔北アルプスの下ノ廊下にも一緒に行ったことのある友達。山に来ると、どこかで友達に会うから面白い。また、晴れた山でゆっくりしにこよう。

快適な野宿と、快晴のアルプス

軽く山にでも行こうという話になり、土日のどちらかでということだけ決まって、理由は忘れたが日曜にしようとなった。丹沢にするか、谷川岳にするか、鳳凰三山にするかと検討したが、結局鳳凰三山に。個人的には何度か行っているので、トレランしたことない谷川岳に興味があったが、アルプスのほうが眺めが良いので、こちらが選ばれた。

土曜の夜に愛甲石田駅で集合。メンバーは5人ほど、たくじさんの車に拾ってもらってゴー。二人ほどはじめましてな方がいて、いろいろな話を聞けるのは面白い。夜叉神峠の駐車場に、1時ぐらいに到着。ナイトランで日の出を上で見るか、駐車場で野宿するかを直前に決めることに。路面が濡れていて、ガスっていたので、とりあえず寝ることに。久しぶりに、テントなしで野宿。標高もあるので寒いかと思ったら、エアマット、モンベル5番の寝袋、エスケープビビイ、ホッカイロ2個で、とても快適に寝れた。外気が13度あったのも大きい。

朝4時ぐらいに起きて、4時半に出発。すでに、空が白んで来ていた。まずは登り。話しながら登っていると、あっという間だった。樹林帯を超えると、青い空とアルプスの山々。やっぱりいいよね、この景色。丹沢じゃ味わえない景色。あまりにも景色がいいので、みんなついついテンション上がって、叫んでいた。地蔵岳まで景色を楽しみながら。今回はストックを持って行ったので、足への負担を軽減できた気がする。

ハイペースでもなく、のんびりしながら。この時期の鳳凰三山はトレランに便利なので、何人か友達にもあった。まちなかで友達に偶然会うよりも、山のほうが友達に会う可能性が高いのって、面白いよなとつくづく。山で食べるおにぎりはうまいし、下りで南御室小屋で飲んだ冷たい水もうまかった。夜叉神峠の駐車場にある売店にお風呂があったので入り、ごはんはぼんち食堂。大盛りと聞いていったが、あんな大盛りが出てくるとは。中華丼を頼んだら、680円なのに、5人前ぐらいw食べれるはずがないが、インパクトは抜群だった。

中央道が渋滞で、富士五湖道路から東名高速に移動し帰宅。それにしても、梅雨の時期なのにいい天気だった。山の晴れの日っていいよね。本当に。

栃木で世界一周

去年の6月に宮崎鹿児島に行ったら、モアイ像があった。けっこう立派なモアイ像で、本物っぽく印象に残っていた。で、今年も6月は、身近な世界を感じれるところに行こうと思い、調べたら鬼怒川に東武ワールドスクエアがあるので、行ってみることにした。
自分だけだったら絶対にこない場所なので、普段経験しない体験ということでは、面白いものだ。

今回はカーシェアではなく、レンタカーをして環八を北上。やはり平日でも混んでいる。さらにトラックが多い。環八は運転の難易度高いなーと。高いというか、気を使うなと。東京外環道から東北自動車道へ。高速に乗ってからはだいぶスムーズに。しかし、吐いてしまった。SAに立ち寄ってお掃除。外の空気を入れてなかったのも原因なきがして、少しだけ窓を開けて再出発。それからは、車酔いがなくなった感じ。

2時ぐらいに東武ワールドスクエアに到着。思っていたよりも園自体は小さかったのと、何もないところにいきなりあった。軽くご飯を食べて、早速園内を。平日だったので人も少なく楽しめた。園全体は古くすごいって感じないのだが、ミニチュア世界遺産の精度はどれも高くて、ディテールがすごいなーと何度もかんじた。ここまで作り込むってすごいなと純粋に感じた。想像していたよりも、すごい完成度で、楽しむことができた。

本物の世界遺産を見た事がある建造物もおおく、懐かしいなー、あのときの旅はこうだったなーとか思い出したり、いつか子供と海外も旅したいなーとか想像したり。鬼怒川温泉ホテルへ。古いホテルなのに口コミが良かったので。部屋は結構広く、子供対応の部屋で、おもちゃとかおむつゴミ箱とか子供用の石鹸とかいろいろあって便利。大浴場もきれいだったし、ご飯も美味しかった。あとは、子供用浴衣があった。初めて浴衣を着せたら、思っていた以上にかわいくて、本人も嬉しくて笑って、はしゃいでいた。そんな姿を見ていると、可愛く、ああいい時間だな、どんなふうに感じて、どんなふうに世界を見てるんだろうなと思いながら子供を眺めていた。

翌朝は、一人で起きて朝ラン。旅先に来ると観光を兼ねていろいろ走る。戻ってお風呂に入り、朝食を食べて出発。吊橋に生き、鬼怒川を眺め、日光の田母沢御用邸に。ここは106室もある、旧御用邸で、お庭もきれいだし、素敵な場所だった。廊下とかも長く、大きな家って感じで子供ははしゃいで楽しんでいた。栃木県民の日だったらしく、駐車場も入場料もタダでラッキー。日光周辺は渋滞がひどかったけど、裏道とか使って多少回避。子供といると、スケジュールはゆったりになるけど、自分じゃいかないところに行けるし、いつもとは違った視点になるのは面白い。そして、東京へと戻った。帰って思うのは、家の横にスーパーがあること。夕食を作らなくても買える、この便利さ。

ファミリーキャンプ@猪の頭オートキャンプ場

テント泊は好きだけれど、だいたい山の上か島とかに旅行に行った時が多い。普通のキャンプはおそらくしたことないんじゃないかな。銛突きに行ったときのキャンプぐらいか。ただ、いろいろな人の話を聞いている、というかフェイスブックとか見ているとファミリーに関しては、キャンプが面白そうなので、ずっと行ってみたかった。ハードなアウトドアはできないけれど、キャンプのようなゆったりとしたアウトドアならファミリーでも可能だから。

季節と子供の年齢を考えて、GWに初キャンプ2泊3日。しかし、この時期は高速道路もキャンプ場も混雑するので、いろいろと調べた。交通情報で混雑しない時間とキャンプ場を。まあ、後は運転がへっぽこなので2時間ぐらいで行けるところという条件。それで、いくつかの候補地の中から猪の頭オートキャンプ場へ。朝霧高原エリアながら、キャンプサイトから富士山が見えないのでそこまでメジャーではない。しかし、水回りの設備とかはきれいそうで、区画なので予約できるからという感じ。

料理は徹底的にしない。キャンプ料理は荷物も増えるし、まあ、楽をしたかったので。あと、焚き火もしたかったけど、目が届かないので今回はなし。ちなみに、2泊の夕食はスーパーで買ったおでんを温めたのと、無印のレトルトカレーとナンを温めただけ。朝ごはんは、カットキャベツを買っておいて炒めて、ホットドッグ。昼ごはんは焼きうどん。そんな感じ。

標高もそこそこ高いし、UTMFで夜寒かった記憶があり、まさに同じ時期に同じエリアなので、寝るときの装備は気を使った。まずは、テントinテント。地面はブルーシート(色はシルバー)、中のテントのフロア、銀マット、エアマット、毛布、そんで寝袋という感じ。万が一のために、ホッ回路を準備。どうしても寒かったらお湯を沸かして湯たんぽかなと思っていたけれど、予想以上にテントinテントだと寒くない。というか、すごい温かい。エアマットの上に毛布を敷くと底冷えしないのと、子供が寝相悪くて動いても寒くないので良かった。

ざっくり、そんな感じ。

初日は昼に家を出る。カーシェアで近所でホンダのフィットを借りた。15分前まで予約できる便利なサービス。で、荷物を詰め込むのが意外と時間かかり45分ぐらい。大きいテントがトランクに入らず、後部座席の足元に。あとは、折りたたみのカゴを使ってそれに入れて家から車に運んだのが便利だった。昼ぐらいなので環八も東名高速も混んでおらず渋滞ゼロで到着。ほとんどが高速の時間なので、一般道が少なく楽ちんだった。テントの設営ははじめてなので慣れなかった。なんといっても大きくて、重いから、一苦労。

GRANDE studio miniの設営ポイントとしては、こんな感じ。

・テントの中心にペグと布を刺す
・8方に2箇所ずつペグを打つ
  →とりあえず、外側のペグは張り綱用なんで位置は厳密でなくても良い
・最初にシルバーシート(グランドシート代わり)を敷く
・その次にテントの本体をペグにかける
・ポールを立てる
・ペグの位置を調節して、全体がぴんと張るように
・張り綱を調整
・入り口用のポールを立てる
・完成

テント本体が重いので、一人で設営はけっこう大変だが、まあなんとかなった。夜はおでんを温めて食事。隣の区画で焚き火をしているので、その音と匂い、炎を楽しませてもらった。だんだん暗くなると、よい雰囲気になり音楽を聞きながらビールを飲んだ。子供は、すぐに寝た。家だとすぐに寝ないのに、疲れていたのか、徐々に暗くなっていくので夜だと思ったから眠くなったのか。その後は、音楽を聞きながらランタンの下で、ゆっくり飲みながら離して、なかなかまったりできて心地よい時間だった。

翌朝は、4時半に起きてダイアモンド富士が見れるので、田貫湖まで朝ランしていちおう見に行ったが、特に感動とかはない。朝焼けの空の色と時間を味わっているほうが好きだなー。ちなみに、6時ちょうどぐらいの時間がダイアモンド富士で、湖面に映る逆さ富士もダイアモン富士だった。朝ご飯はカットキャベツとソーセージを炒めてホットドッグ。テントが広いので、テントの中でゆっくりできるのがいい。でも、せっかくだから近所の観光に。白糸の滝に行ったら駐車場が満車で、かなり遠い駐車場を案内されて嫌になって、見に行かず、富士ミルクランドへ。芝生でゴロゴロしたり、子供とはしゃいで遊び、それから田貫湖へ。ここもお散歩。そして、コンビニに行ってキャンプ場に。

とりあえず、シャワーを浴びてスッキリしてから、夜はカレー。買ってきたナンを温め、カレーも無印のカレーを温めただけ。なんだけど、いつもとは違う本格的な味なので満足度高い。キャンプで料理してもいいけど、張り切って頑張りすぎるのも食器とか調理器具とかゴミとかめんどうだしwwwこの日も子供は、すぐに寝てまたまったり満月を見ながら、お酒を飲んだ。

翌朝も、快晴。いやー、気持ちがいい。何と言ってもテントを乾かさなくて良いのが最高。とはいえ、寝袋を車にかけて干したり、tent in tent の中テントを干したり。チャイを飲みながら、パンを食べてゆっくり準備をする。キャンプ場の森の中を子供がはしゃいで、両手で木につかまって空を見上げたり。いつもと違う空間で楽しそう。

荷物を片付けて、撤収、観光するところも対してないので、そのまま帰路に。サービスエリアでお昼を食べて、14:30ぐらいには家に。帰りも渋滞ゼロでラッキー。キャンプ場も、トイレやお風呂もきれいだし、まあよかった。自然を満喫したり眺めがいいかというとそうではないが、家から近いし、そういった点を含めてよかった。

あー、そうそう、シャトルシェフという、サーモスが出している保温調理器があって、これがすごい便利だった。カセットコンロを持っていくけど、ずっとガスをつけていると見てないといけないし、他の料理できないし。というのが、これがあると、保温力がすごく高くてガスを切ってもずっと温かい。火もついていないので見ている必要もないし、よいアイテムだ。

持ち物

モンベスクロノスドーム 2型
GRANDE studio mini
ブルーシート(シルバーシート)
レジャーシート
銀マット
毛布
ハンマー金づち
コット
エアマット
座布団エアマット
寝袋
エマージェンシーシート
湯たんぽ(プラティパスで代用?)
テーブル(100均の折り畳みボックス)
アウト・ドアチェア
100均一の椅子
ゴミ袋(大・小)
サランラップ
アルミホイル
カセットコンロ
登山のバーナー
ガス缶
コッヘル
山のガス缶
フライパン
鍋(シャトルシェフ)
クーラーボックス(折りたたみ可)
ボール
保冷剤
皿・お椀
スプーン・フォーク・箸
コップ
お玉
まな板
包丁
子供用エプロン
哺乳瓶
はさみ
缶切り・栓抜き
トング
ピーラー
ダスター
ふきん
ティッシュ
ウェットティッシュ
焼き網 金網
ザル
菜箸
軍手
鍋敷き
焚き火用着火剤
焚き火台
ライター、チャッカマン
キッチンペーパー
食器洗剤
スポンジ
ジップロック
タッパー
下着、靴下
着替え
帽子
サンダル
防寒着・雨具
スリーパー
雨具・傘
タオル
バスタオル
ロープ(物干しなど)、スリング
ハンガー
カラビナ
抱っこひも
おくるみ
メガネ・コンタクト
メガネケース
医薬品・ファーストエイドキット
体温計
保険証・乳児医療証
オムツ
おしりふき
日焼け止め
ホッカイロ
虫除け
ムヒ
蚊取り線香
虫除けネックレス・バンド
歯ブラシ
柔らかシリコンバケツ
ダンボール
ろうそく
LEDランタン
ヘッドライト
乾電池
モバイルバッテリー
スマホ
キンドル
携帯電話充電器
外遊びおもちゃ
おもちゃ・絵本
ETCカード
現金
iPod
BOSE スピーカー
新聞紙
チャイルドシート
お酒・ホットワイン
コーヒー・カフェオレの粉
水2L
おやつ
パン
調味料(塩、胡椒、醤油、油、味噌、砂糖、みりん、だし)


野菜(たまねぎ・にんじん・ピーマン・なす)
ソーセージ
缶詰
レトルト食品
ジュース、お茶
チーズ
粉ミルク
ナン
無印のレトルトカレー
バーニャカウダーのソース
フリーズドライ味噌汁
冷凍枝豆
レトルトハンバーグ
バケット

車山高原スキー場

3月に初めて町田駅からバスツアーでスキーに行った。行き先が少なく、あんまり選べないのがネックでいつも新宿からにしていた。

新宿よりも電車の乗車時間が若干長いが、町田からだと渋滞リスクも少ないし、新宿だと一度東に移動して長野とか西に行くなら無駄になる。
ということで、町田も選択肢としては、ありな感じ。

実際渋滞も少ないし、バスの乗車時間も短い。
トータルで考えても快適だなーと思った。来シーズンは町田を何回か使おうと思う。なんでも、やってみないとわからない。

行ったのは、車山高原スキー場。車山の山頂はゲレンデトップから5分。
かなり雪は溶けていたけど、景色はそこそこ。

春の終わりのスキーを楽しんだ感じ。