カテゴリー別アーカイブ: 旅

シェアの時代

シェアの時代って言うけれど、つくづくそうだなと思う。

リアルな金の動きがあるのだけれど、家に余っているものを売ってメルカリ上でお金がたまり、欲しいものを買う。また、いらなくなったらメルカリで売るの無限ループ。現金とか銀行に振込はせず、メルカリのポイントだけで完結する。もちろんポイントもお金だし、このやり取りが増えれば増えるほどメルカリは儲かる仕組みなんだけど。まあ、ユーザーのポイントは売り買いすればするほど、価値は下がっていくから、メルカリ経済圏以外で外貨的にお金を増やす必要はあるのだが。

子供服を買って、すぐにきれなくなったらまた売ってというサイクルを見ていたら、お金という外の世界っぽいなといのを感じた。考えてみれば新車を買ってすぐに中古車で売って、また買ってというのやマンションの売買も似ている。ただ、これは一応現金が動くのと、お金と同等の価値だがあくまでお金でないポイントでやり取りが続くかの違い。でも、この違いが大きいんだよな。

物々交換の時代から、メディアとしてのお金ができて、また各社のポイントやマイル、ビットコインなどの仮想通貨、ウェブサービス上のメルカリのようなポイント。さらにお金というものの抽象度が増しているし、その価値が可変になってきている。円というものは、一律の価値を持っていたけれど、ポイントはあるとき2倍付与されたりとか、いろいろな運営主体の操作で変わるから、なんとまあ不思議なものだ。

楽天経済圏も大きくてポイントで買ったりするけれど、何かを売ってポイントをガッツリ貯めれないので、買うだけの一方通行。家電量販店のポイントも同じように、買った1%とかしかポイントがつかないので。AirBnB、ルームシェアにカーシェアに、ライドシェアにとシェアが一般化している。その中でも面白いのは、個人が売る側にも買う側にも容易に立てるもの。比較的AirBnBは両方の立場に慣れるが、メルカリほどではない。白タクがOKならウーバーとかはまさにどちらにも立てるサービスだよな。

趣味の道具も誰かからもらう、借りるというのが一般化するはず。レンタル倉庫に保管できて、そこに置いている間は倉庫屋がレンタルを代行してくれるとか楽だよなといつも思う。

あとは、日常だと日々の食事と家ぐらいか。とおもったけど、賃貸住宅ってそもそもシェアか。食事もキッチハイクとかいろんなサービスがあるけど、食べちゃうと再利用ができないので、シェアっていう感じは無いかも。

子育てのシェアって意味では、友達と近くに住んだら良いのになーとは思う。仲のいい友達家族と。シェアハウスってのはあるけれど、結婚して、子供がいても近くに住む。まあ、いろいろ助け合えるし、遊ぶのにもいいしと。

ネットサービスの発達で、今まではお金というどんなものにでも変えられるメディアが一番便利だったけれど、知らない場所の知らない人同士でも簡単に繋がって、やり取り(シェア)できるようになったからこその世界観だよね。だから、お金の流通量は減り、お金以外の流通量は増えていくということなんだろう。面白い世界だし、5年後10年後ってお金というものとの関わり方がだいぶ変わってるんだろうな。実際10年前は現金をおろしていたけれど、今はお金降ろさないし、ほとんどスマホで入出金したり、カードかスイカだしな。

興味関心を持つこと、行動すること

ネットが発達して、どんな情報でも得ようと思えば簡単に得られる時代になった。
調べればだいたいのことは検索できるし、詳しそうな友達にもすぐに連絡できて話を聞くことだってできる。

個人の興味に合わせた情報がSNSでも、ニュースでも配信される。
個人の興味にカスタマイズされる、一時的には良いかもしれない。

でも、そうすると雑音が少なくなる。
自分が今興味は持っていないけれど、潜在的に好きになるかもしれないことを知るきっかけが減ってしまう。
特に、俺の性格はあまり興味なくてもとりあえずやってみるタイプなので、雑音がほしいのだ。

何かに興味関心を持つと、調べる、聞く、やってみる。
すると、もっと深くということでどんどんやっていくと深さとともに、幅も広がることが多い。

トレランにハマったら、海外にも行くし、調べるために英語も勉強するし、友達増えるし、天気について学ぶし、ギアとか、科学的なことも調べ学ぶ。

結局、意思とか興味関心とか、好奇心がないと、始まらない。
そして、行動してみる。
人に話してみる。

新しいことに出会い、興味を持って、行動する。
最近、そんなことがないなーと思った。
インプットが足りないのか、雑音を取りに行く行動が足りないのか。
といいつつ、赤ん坊の脳の発達とか、不動産に興味を持ちだいぶ調べている日々。

そして、子供や赤ん坊も一緒。
何かに興味を持って、行動する。
好きとか、興味が有ることを突き詰めれば、どんどん新たな課題や、新たな領域にも触れられる。
やらされるんじゃなくて、自分の好きなことに出会える人生を送ってほしいな。

毎年恒例の石打スキーも少しづつ変わっていく

石打丸山スキー場に通いはじめて、5年ぐらいたつだろうか。年に2,3回行っているので、なんだか毎年冬の恒例行事となっている。夏の原始感覚美術祭や銛突きキャンプと同じように。今回も金曜の夜に新幹線で越後湯沢まで行き、タクシーでピステ石打まで。前田ファミリーとりゅうやさんと俺の5人。こちらもいつものメンバー。我が家の母子は世田谷の産後ケアセンターで木曜から土曜の夜まで宿泊。個室で食事も出て、看護師さんや助産師さんなんかもいて、いろいろアドバイスを貰えるらしい。お肌が荒れるとか、哺乳瓶から飲みたがらないとか、成長スピードが遅いとか、まあ、二人目の子だったら気にもしないようなレベルのことなんだろうけど、最初はよくわからないことばかりで、ググって調べたり、知り合いに聞いたりと。そんな日々分からないことが多くあるので、ケアセンターでゆっくり滞在しながら、いろいろと教えてもらえるいい機会なのだ。ついでに、世田谷区民はスゴイ安くて泊まれるので。

ということで、気兼ねなくスキーに。ピステに到着すると、ビールとつまみで、テレビを見ながらダラダラと話し、眠たくなったら寝るといういつものスタイル。翌朝は、だらだらと過ごして、午後からゲレンデに。昨年よりは雪が多く、今日は曇っているけれど雪も雨も降るわけでもなく、客も多くないので快適に滑れた。かすみんが、スキーの板でママに手伝ってもらって滑っていたのだが、何度かやっているうちにコツを覚えていた。色々具体的に教えるより、大きくなって、小さくなってというと、しゃがんだり立ったりするので、それでうまくなったとか。何年か前は、暖かい服を着てピステに泊まっていた、2年ぐらい前からママの背中に背負われていたのに、この変化はすごいもんだ。

夕方まで滑ってから、食事なのだ。毎年恒例の石打ドライブインで焼肉となるはずが、石打ドライブインが昨年末ぐらいに火事で休業中なのだ。スーパーのぐちで食材を買って、餃子を作ってマンションで食べることに。かなりおいしくでき、ボリュームも満点で大満足。夜中まで飲んで、お風呂に入って寝た。翌朝起きると、青空。いい日だ。しかし、俺だけ一足先にキロに。日曜の朝早めに出て、12時過ぎには帰宅。来年は家族3人でくるのだろうか。どうなるのか、今から楽しみだ。

自分の理念が決まれば、意思決定が早くなる、行動が早くなる。

自分の理念が決まれば、意思決定が早くなる、行動が早くなる。

どう生きていくのか。
何がいちばん大切なものなのか。
そういったパーソナルミッションステートメントというか、活きる軸が定まればぶれない。意思決定の最終的な拠り所があると、意思決定の基準が明確でぶれないので速い。そして、行動も早くなる。その行動も気合が入り、熱量が違うから成功の可能性が高くなる。

当たり前なんだけど、これって個人にも組織にも当てはまる。

自分の考え方とか、軸というもの、信じるものは定まっていても、完全にそれに従って意思決定できるかどうかというのはまた別次元。それには、現実の生活とか死の恐怖とか、周りからの見た目とか、法律とかいうものがあって、ある程度それらに従う必要がある。

まあ、稼いで食べていかなきゃならないとか、将来への不安とか、逮捕されたらもともこもないとか、周りからの目が、まあ、いろいろ。こういったいろいろな事情があるけれども、それを乗り越えて自身の信念に従って意思決定できるか。そこまでいったら、本当に覚悟が決まった信念なんだろう。そこぐらいまで昇華させないと意味が無いんだろうな。

それには、行動と徹底的に考え抜く、最後には覚悟。思うはやすし、言うはやすし、行うは難し。

今シーズン最初のスキー

日曜の予定が急遽なくなり土曜日の夕方ごろに突然行くことになったのだが、かなり早めの初滑り。日曜の朝5時にタクジさんに家まで迎えに来てもらい、出発。苗場とかぐらの早割チケットを買っていたので、それに便乗させてもらう。

天気予報的には快晴なので、青空と白い山を楽しめる日になりそうと期待して出発。1年ぶりなので、どれだけ体が鈍っているか。道路は混雑していることもなく、8時前には苗場に到着。昨年は雪が少なかったが、今年はそこそこありそうだ。

着替えて板の準備をして、さてゲレンデへ。シーズン初めということもあり、まだ人は少ない。ガリガリに凍ったゲレンデもあって、体がなれていないので力が入った。が、ゴンドラに乗ってゲレンデの上部に行くとまだフカフカだった。気持ちい滑りを何本か。

休憩したり、昼ごはんを食べたり、いろいろ喋りながら2人で滑る。まあ、今年一本目ということもあり、体が慣れておらず、ついつい力みがちだが、何本か滑るうちにだんだん慣れてきた。とは言え、踏ん張ると筋肉痛になる。早めの2時30分頃に上がって帰ることに。

おそらく、今年最後のアウトドアな遊びはこれにて終了。ベネズエラのロライマから始まり、何度かスキーに行き、神津島、奄美大島、沖縄と島をふらふらして、久しぶりに富士山や甲斐駒ケ岳に走りに行ったり、木崎湖は恒例行事、こちらも恒例化しつつある銛突きは初上陸の粟島、フィリピンのセブにも遊びに行ったな。紅葉の栗駒山もきれいだった。そして唯一のトレランレースは修行走のショートバーティカル。あまり運動したり旅行に行かなかったなと思うけど、こう列挙してみるとそこそこ行っているのかなと思う。ああ、テントで山の縦走ができなかったことぐらいが心残りかな。また、来年。