teratown のすべての投稿

「ちくわ」と「かまぼこ」から物事の理解の過程を考える

もともと「ちくわ」という存在しか知らなかった。

以前に、ちくわが好きで、よく食べてたからだ。

そして、ちくわを食べながら、ちくわちくわと話していたので、名前も色も形も記憶しているとは思っていた。

そうしたら、色も形も違う「かまぼこ」を先日始めて食べたら、「ちくわ?」と聞いてくる。

かまぼこだよと、教えた瞬間に、ハッと思った。

モノは色や形が似ているかどうかで判断していたと思い込んでいた。

それが、味でも判断していたのだ。

味が同じだから、色も形も違うけど、ちくわ?と聞いてきた。

かなり、鋭い味覚があって、そこから類推できるようになったんだなー。

論理的な思考ができるようになったのも、単語の数が増えたのも、この、ちくわと、かまぼこがベースかもしれない。

要は、頭のなかで、物事をとらえる軸ができた。最初は聞いた言葉を真似して繰り返し話していただけ。

それを繰り返すなかで、ある程度のワード数を覚えた。(100ワードぐらい)

すると、ジャンル分けできることに気づく。そのジャンルには、何かしらの統一性があり、これとあれはここが共通だとわかる。

色が同じ、形が同じ、味が同じなどなどの軸で分類していったのだろう。

そうすると、ランダムに記憶するよりも、効率的に単語を覚えられるようになった。こんな推測。

論理展開も、これとあれは、形が同じだから同じ分類とか、そういった思考がベースになってる。

時を同じくして、色という概念も持ち始めた。モノの種類ではなく、違うものでも色で、分けられる。

ズボンの色とおもちゃの色が一緒とか言える。同じ形のもので色違いである代表のようなクレパスで、色を学んだのが一番しっくりきてた様子。同じものなのに、大人が違う呼び方してる。なぜだ??違いは色だ。これが色ってやつか。みたいな。

そういって軸で分類していっているのは、言葉の意味とか固有名詞とか動詞ってのも含まれてそう。だから、文章でいっきに話せるようになっている。この分類ができ始めているから、文章をどんどん話せるようになっているっぽいなと。

「ママいないね」を応用して「パパいないね」
「ニンジンいやだ」→「ピーマンいやだ」
とかとか。

まあ、話せるようになるということは、すごい大きな変化で、脳の中でも何かすごい変化が起こっているはず。これに関しては、ずっと興味があるので、ついつい日々の変化を見ながらいろいろと考えを巡らせていている。先日、MITで研究してた友達に話したら、当時自分の子供の言語習得過程を研究するために、ずっと動画で撮ってる教授がいたよと。そうだよなー。理想的にはそれで記録して、子供の声の部分だけ自動抽出したら、より細かく分析できそうだし、面白いことがわかりそう。

まあ、ダラダラ書いたが、この1歳8-9ヶ月ぐらいのコミュニケーション能力向上っぷりがすごい。記憶していく単語のスピードはいっきにあがり、どんどん単語を覚えていく。そして、文章で話せるようになり、コミュニケーションが取れるようになってきた。驚くばかり。そして、「ぞうさん」「きらきら星」「カエルの歌」「ABCの歌」「ちょうちょ」などの歌もどんどん覚えて歌えるようになっている。次はなにが起こるのか、楽しみ。

論理的な思考が可能に

肌着を嫌いになってはや数ヶ月

何をしても嫌がる

歌を歌いながら、話しながら、大好きなアンパンマンぬいぐるみをエサにして

一方、動物のシャツはずっとお気に入り
てんとう虫、クジラ、パンダなど

昨日から、肌着を着たらてんとう虫シャツ着れるよと言うと、すんなり肌着を着た

今日も同じ方法でトライ

今日も肌着をただ着せようとすると泣き叫んだが、肌着を着たらクジラ着れるよと。すると肌着をすんなり着た

論理的な展開を解釈できている。

単語を覚えて、2語や3語ではなし、意思表示を始め、会話のキャッチボールが少しできるようになって、ついには論理的な思考まで可能に。

もしくは報酬にたいして耐えることを知ったのか。これも論理と未来推測し、今の行動を変えることだからより高度な気がする。

そして、話せなくても、聞いて理解することはできるんだなという、当たり前のことも学ぶ。大人の言語習得もひたすら失敗しても自分で話し、失敗して教えてもらい、聞けるようになり、それを使って話せるようになるこれだな。

明るい未来のために

平日の晴れた朝、少し子供が早起きをした。
ママが早く仕事に出掛け、二人で朝食を食べる。

野菜がたっぷり入ったホットケーキと、牛乳。親子一緒の食事。食べながら、いっしょ、いっしょ、と話しかけてくる。

あまりにも天気がよく、日差しがリビングまで差し込んでいる。俺の方が先に食べ終わり、子供の食べる姿をみていたら、ふと思ったのだ。この子のために、未来が明るい世界であってほしいなと。

未来のためにって言うと、なんか大げさだけど、この子が生きる世の中が、心地よく暮らせる世界であってほしいな、そしてこの子の子供もそんな世界で暮らせるといいなと思った。

自然が好きだし、大切だし、いろいろな地域を旅していろいろな人に出会い、世界中がより良くなればいいなと思ってはいたが、それとは少し違う感覚。

もう少し自分事としての未来がその感覚にはあったのだ。明るい未来であってほしいかそうでないかという問いがあれば、誰でも明るい未来を選ぶが、もう少し積極的な意思をもった明るい未来にしたいという気持ち。

今目の前で無邪気にご飯を食べ、おーいしと笑顔でいるこの子が生きる世界がよりよくあってほしい。そうしたい。そうなるように自分も行動したい。そういう気持ち。
 
子供ができて初めて感じることができた感情だな。

ひとりひとりがエゴのために動くのではなく、発言するとき、行動するとき、意思決定するとき、そんな瞬間に明るい未来に向かって一歩でも近づけるように動けれたらいいな。

カーシェアリングの便利さ

カーシェアとかレンタカーをこの2年で使うようになったので、その使ってみた感想。個人的にはカーシェアリングが好き。一番の理由は、直前でも借りられる、キャンセルできるから。これが一番のポイント。

ただ、残念なことに、HONDA everygoというカーシェアリングが最寄りだったのだが、なぜかふFITから軽自動車に変わってしまい使えなくなったこと。カレコも契約しているので今後はそちらに乗り換えかな。ただ、2日とか3日借りるとカレコは高いので、そういった場合はレンタカーになりがち。若干高いぐらいならカーシェアリングだが、2倍近くなるとさすがにレンタカーにするので。ということで、カーシェアリングの好きなポイント。人間がどのサービスを選択するかという要素なので、メモ。

■メリット

・直前(会社によって異なるが数分前とか)まで予約とキャンセルがスマホから可能
 →こどもの体調や天気で行くかどうかが直前まで変わる。突然でかけたくなることもある。レンタカーだと1週間前からキャンセル料かかるので、予約も躊躇する。その点、カーシェアは気楽に予約できる。

・利用延長もスマホでwebかアプリで可能なんでらくちん

・ガソリン満タンにして返す必要がない
  →ガソリンスタンドの最寄り位置とか覚えてないので助かる。ガソリン少なくなったときに、入りやすいスタンドで入れればいいので。これは、地味に重要

・家から3分の場所に5-10台ぐらいある
 →レンタカーと違って、そこらへんの駐車場にある。車種もけっこう豊富だし、バックカメラとかついているのも多い

・車の種類や機能を選べる
  →レンタカーは車のグレードを選ぶだけで、細かな選択ができない。カーシェアは車の車種も色も機能も選んで予約できる
  →最近、最寄りのカーシェアがフィットから軽自動車になったのが問題

・値段はレンタカーと同じぐらい。自動車の新しさとか機能もレンタカーと同じぐらい。
  →厳密には少し高い気がするが、便利料だと思う
  →長期間借りるとかなり高くなることも

■デメリット

・2週間とか1ヶ月先までの予約しかできない
  →2,3ヶ月先の予約もしたい

・整備や掃除がされてない(まあ、汚いことはないんだけど、なんとなく)
  →これはなんとなく、他人が使った感が嫌というやつ

・保険は入っているんだけどNOC(ノンオペレーションチャージ)の数万円をカバーする保険がないのはちょいデメリット

快適な野宿と、快晴のアルプス

軽く山にでも行こうという話になり、土日のどちらかでということだけ決まって、理由は忘れたが日曜にしようとなった。丹沢にするか、谷川岳にするか、鳳凰三山にするかと検討したが、結局鳳凰三山に。個人的には何度か行っているので、トレランしたことない谷川岳に興味があったが、アルプスのほうが眺めが良いので、こちらが選ばれた。

土曜の夜に愛甲石田駅で集合。メンバーは5人ほど、たくじさんの車に拾ってもらってゴー。二人ほどはじめましてな方がいて、いろいろな話を聞けるのは面白い。夜叉神峠の駐車場に、1時ぐらいに到着。ナイトランで日の出を上で見るか、駐車場で野宿するかを直前に決めることに。路面が濡れていて、ガスっていたので、とりあえず寝ることに。久しぶりに、テントなしで野宿。標高もあるので寒いかと思ったら、エアマット、モンベル5番の寝袋、エスケープビビイ、ホッカイロ2個で、とても快適に寝れた。外気が13度あったのも大きい。

朝4時ぐらいに起きて、4時半に出発。すでに、空が白んで来ていた。まずは登り。話しながら登っていると、あっという間だった。樹林帯を超えると、青い空とアルプスの山々。やっぱりいいよね、この景色。丹沢じゃ味わえない景色。あまりにも景色がいいので、みんなついついテンション上がって、叫んでいた。地蔵岳まで景色を楽しみながら。今回はストックを持って行ったので、足への負担を軽減できた気がする。

ハイペースでもなく、のんびりしながら。この時期の鳳凰三山はトレランに便利なので、何人か友達にもあった。まちなかで友達に偶然会うよりも、山のほうが友達に会う可能性が高いのって、面白いよなとつくづく。山で食べるおにぎりはうまいし、下りで南御室小屋で飲んだ冷たい水もうまかった。夜叉神峠の駐車場にある売店にお風呂があったので入り、ごはんはぼんち食堂。大盛りと聞いていったが、あんな大盛りが出てくるとは。中華丼を頼んだら、680円なのに、5人前ぐらいw食べれるはずがないが、インパクトは抜群だった。

中央道が渋滞で、富士五湖道路から東名高速に移動し帰宅。それにしても、梅雨の時期なのにいい天気だった。山の晴れの日っていいよね。本当に。