Rwenzori10 和やかな下り道

ぐっすり寝た。改めて、みんなで一緒に登れてよかったなとしみじみ感じて、スマホの写真をなんども見返す。みんないい顔をしている、振り返って写真をみても喜びが湧き上がる。青空が見え、今日もいい一日になりそうだ、もちろんマッディーなトレイルらしいが笑

朝食を食べ、いつものように準備をして下山を始める。ルートはまた違うので、飽きないのが助かる。それにしても、マッディーというよりも、沼だ。どこまでも足がとられてしまう。ランチタイムは今日もサンドイッチ、こちらも飽きてくるw

トレイルが滝のように水が流れる場所や、巨大な岩に囲まれた谷など、本当に景色の変化はすごく、いったいどんな果ての地に来たのだろうと思う。旅をしていて、いつも思うのが、こうした人里離れた大自然のど真ん中にポツンといるとき。ああ、遠くまで来たんだなと。

それから最後のキャンプ地へ。泥沼も最後の日はだいぶましになるということで、川でオーバーパンツを洗った。しかし、1週間以上泥で汚れたパンツは洗っても、泥がしみついていた。

今日は大晦日。2018年の終わりをルウェンゾリの山の中で迎える。夕食は、豪華にポテトとチキン。さらに、ガイドが白ワインをくれた。

ガイドやポーターへのチップをいくらにするか議論をしたり、山での思い出話、アコンカグアの話などの話に花をさかせながら、new yearをまった。最後の日ということで、残っていたカップラーメンやおしるこなんかをすべて食べ尽くす、豪華なパーティー状態。ああ、この山にいるのもあと1日かという寂しい気持ちと、疲れて山を降りてちょっとゆっくりしたいなと言う気持ちを抱きながら、年越しを迎えてシュラフへと潜り込んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。