親子二人で高尾登山

最近体を動かしていなかった、土曜は井の頭公園の動物園に子供と二人でいったので、日曜は運動兼ねて高尾山へ行くことに。天気予報は快晴。久しぶりにベビキャリーで行くことに。

10時前に家を出るという遅さだから、まあ気楽に行けるし、頂上の茶屋で御飯食べるので食料も少なくてOKなのが楽だ。11時過ぎに高尾山口駅に到着して、あるき始める。

子供+荷物で15キロぐらいはあるはずだから、いい負荷がかかって運動になる。10分もたつと汗がダラダラ流れて、ダウンジャケットを脱いだ。

子供の水筒をショルダーベルトにカラビナでつけていたのが便利だったが、大人の水も、フロントに付けれるようにしてあると、良かったなというのが今回の学び。

6号路を登り途中から稲荷山コースへ。ケーブルカーは使わずトレイルヘッドから50分で頂上についた。早歩き目で、ずっと子供を背をったままだった。

遠くから山を見るのと、山の中に入ると景色が違うでしょという話をしたり、小川や葉っぱを触ってみたり、でも一番反応が良かったのは看板のおさるさんのイラストだったw

途中から寝たので、一度もベビーキャリアから降りずに山頂に。山頂は天気も良いので人で溢れていた。人の少ないちょっと下の茶屋でご飯にすることにした。小仏城山までいって芝生でとも考えたが、昼ごはんが遅くなりすぎるのもよくないので。おにぎりセットとお味噌汁とおでん。しかし、おにぎりしか食べなかったので、他のを俺が食べた。

その後、頂上で遊ぶ。景色を見たり、三角点でおままごとの遊びをしたり。シュウマイを作ってくれて、俺に食べさせてくれた。最近は餃子は嫌いだが、シュウマイが好きらしい。少し前までは餃子好きだったのに、味覚の変化なんだろうか。

帰りは違うルートでと思い、薬王院方面へ。あるきたいと言ったので、下りだし歩くことに。斜度があるところを走って、はやーい、はやーいと楽しそうだった。

神社では、お参りするところ?と聞いてくるので、そうだよというと、お参り、お参りと言って、手を合わせていた薬王院を過ぎたあたりで、歩きたくないというのでベビーキャリアに乗せて、降りる。下りは寝なくて、ケーブルカー乗り場を過ぎて人がいなくなると、いろんな歌を大きな声で楽しそうに歌っていたので、一緒に歌った。人がいない自然の中だと開放的になって、歌声も自然と大きくなるのだろうか。

下りはずっとコンクリートの舗装道路だったので、個人的にはつまらなかった。このルートあんまり来ないので知らなかった。新しくできた高尾山口駅前の温泉に初めて行った。1000円と高めだが、立地的に混雑していた。露天風呂に入り、汗を流して、帰宅。

年明けから、二人のおでかけが多い。二人だとお出かけ好きな俺の性格からどこかへ行くことが多い。岐阜、SL、直島、動物園、高尾山と、二人のいろいろなパターンのお出かけにも慣れてきた。次はどこに行こうかな。

親子軽登山の装備・荷物

おしりふき
おむつ
ベビーキャリア
おもちゃ
肌着 1組
洋服 1組
帽子
靴下
水筒+大人の水
お菓子
お昼ご飯+大人のご飯
顔体用クリーム
日焼け止め
母子手帳・保険証・乳幼児医療証
食事用エプロン
スプーン、フォーク、麺きり
タッパー
コート
レインコート
絵本おもちゃ
ハンドタオル
バスタオル
ビニル袋 3枚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。