2018振り返り

今年はどんな年だったか思い返してみる。

去年は実質的に父としてはじめての年で、小さかった。赤ん坊というのが正しくて話さなかったし歩かなかった。

今年は正月に歩くようになり、話始めコミュニケーションが普通に成り立つようになったのが非常に大きかった。

コミュニケーションをとれるようになると、こちらの行為にフィードバックがあるので、親としてもいろいろと考えるようになる。社会の捉え方も社会の未来も子供の未来も。というのが今年の一番だなと思う。

遊びでは昨年末に八重山に久しぶりに行き、新年は岐阜と横浜で過ごした。子供一人の存在が、まわりの多くの大人を幸せにする。これは想像以上にすごいパワーだなと実感する。

冬は鈴木康博さんの展示&温泉に箱根に行った。4月からは新しい保育園。お花見をして、はじめてのひな祭りも。

ゴールデンウィークはファミリーキャンプにはじめて出掛けた。6月は鬼怒川へ。8月は岐阜へ。9月は友達ファミリーと川場キャンプ。仲良いファミリーとのキャンプははじめてで楽しかった。子供同士も楽しく遊んでていい経験だなと。最後のキャンプということで丹沢キャンプでは焚き火デビュー。

夏はプールデビュー、お庭のプールも、多摩川も、大きな大蔵公園プールもデビューした。水族館や上野動物園、夏祭りにもでかけた。仲の良い友達が転勤するので、新潟にもでかけたなー。

11月には松本に誕生日旅行へ。これは昨年から始まった行事。両家集まってのワイワイ楽しい旅行。クリスマスリースづくりにでかけたり、ファミリーコンサートでも大盛り上がり。

なんだか、こういうお出かけばかりが記録に残りやすいが、日々の何気ないことがとてもいい時間になっていたりする。今までよりも子供とのコミュニケーションが増えるとそうした時間の幸せさ、大切さというものを実感するようになっている。

個人的には、入笠山、尾瀬や白馬、車山のスキーや乗鞍岳バックカントリー、鳳凰山へトレランしたり、久しぶりに北アルプス穂高岳へテント登山、伊豆の海に行ったり、富士山行ったり、本当にきれいだった谷川岳馬蹄形、伊豆のトレイルへと。そして年末年始はアフリカへと。家族のイベントも個人的なことも楽しくできていて、本当に家族や周囲のみんなには感謝しかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。