Akariかわば田園キャンプ場

露天風呂に夕方入った
石の上に座って、足を投げ出し、両腕を持たれた石にかけながら、
「あったかいねぇ、きもちいね」

家のお風呂ではそんな事言わないから、わかるのかな。景色を見ながらの風呂は気持ちいい。
そして、温泉の後はお肌すべすべ。

はしゃぎまくってた。
こういう経験は家の近くではできないから、キャンプって貴重な機会だな。

そして、友達ファミリーは3歳と6歳の女の子。
少し年上のお姉さんがいると、いろいろとかまってもらえる。特に6歳ぐらいだと、遊んでくれる。
いろいろと刺激をもらえるから、いい機会だな。
子供同士遊んでいる間に、親が作業をできるのも助かった。

3連休ということもあって、環八が大渋滞で、環八から関越道に抜けるのに2時間と悲しいぐらいに時間がかかって、川場まで4時間半かかってしまったけれど、それ以上によい機会だった。
特に何をしたということはないけれど、川場道の駅のアスレチックで遊んだり、温泉行ったり、川遊びしたり、アイスクリーム食べたりと。

俺的には、偶然上州武尊トレランの会場まで走って5分ということで、行ってみた。岡野さんがボランティアで来ていたので、久しぶりに会って話した&俺はシューズとパンツが安かったので購入できたのも良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。