白馬八方尾根スキー場

今シーズン最後のスキーという話になり、白馬へ。タクジさんもかっせさんも今シーズン最後という、こんな早い時期に珍しい。最後になるので日帰りだけど、ちょっと遠出しようということで白馬になったのだ。

前日土曜夜8時に家まで迎えに来てもらって、双葉SAへ。ここで静岡から来たかっせさんと合流して、カッセさんの車に乗り換えていざ白馬へ。夜中の0時頃に駐車場に到着して、社内で寝る体制を整えてからの宴会。車中泊は久しぶりだが、やはり白馬は寒かった。ステップワゴンの後部座席におっさん三人が互い違いになって眠りについた。

朝の5時30分ぐらいに寒さと明るさで目を覚ますと、窓ガラスは凍っていた。やはりエクスペディションのシュラフが良かった。外に出ると、空気がキリッと冷たく、目の前には白い北アルプス。昨夜は真っ暗だったからこんな近くに山があるとは。目隠しされてたときのサプライズのようで喜びが倍増する。それにしても、美しい。気持ちいい朝だ。

朝、外に出ると白い北アルプスの山々。スカッ−と気持ちが良い。だらだらして、大阪から来ているべっちさんと名古屋から来ているもんちさんと話して、白馬八方尾根スキー場の国際リフトの駐車場へ。

はじめて白馬のスキー場に来たが、白馬八方尾根スキー場の上部からは、北アルプスが目の前に。本当に気持ちがいい。スキー場からこんなにきれいな山が見れるなんて幸せだ。やはり上越方面や水上あたりのスキー場とは違う。そして、広い広い。こりゃいいなー。白馬最高だな。東京からはちょっと遠いけど。

天気も良くて、青空。そして、白い山。久しぶりにこんな山みたな。落ち着くな。やっぱり最高だ。夕方までガッツリ滑って、帰路に。松本のスキーショップに寄り、東京へ。途中みどり湖サービスエリアの食堂で夕食を食べたが、ここがSAと思えないほど安くてボリュームたっぷり。渋滞もなく帰り着いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。