毎年恒例の石打スキーも少しづつ変わっていく

石打丸山スキー場に通いはじめて、5年ぐらいたつだろうか。年に2,3回行っているので、なんだか毎年冬の恒例行事となっている。夏の原始感覚美術祭や銛突きキャンプと同じように。今回も金曜の夜に新幹線で越後湯沢まで行き、タクシーでピステ石打まで。前田ファミリーとりゅうやさんと俺の5人。こちらもいつものメンバー。我が家の母子は世田谷の産後ケアセンターで木曜から土曜の夜まで宿泊。個室で食事も出て、看護師さんや助産師さんなんかもいて、いろいろアドバイスを貰えるらしい。お肌が荒れるとか、哺乳瓶から飲みたがらないとか、成長スピードが遅いとか、まあ、二人目の子だったら気にもしないようなレベルのことなんだろうけど、最初はよくわからないことばかりで、ググって調べたり、知り合いに聞いたりと。そんな日々分からないことが多くあるので、ケアセンターでゆっくり滞在しながら、いろいろと教えてもらえるいい機会なのだ。ついでに、世田谷区民はスゴイ安くて泊まれるので。

ということで、気兼ねなくスキーに。ピステに到着すると、ビールとつまみで、テレビを見ながらダラダラと話し、眠たくなったら寝るといういつものスタイル。翌朝は、だらだらと過ごして、午後からゲレンデに。昨年よりは雪が多く、今日は曇っているけれど雪も雨も降るわけでもなく、客も多くないので快適に滑れた。かすみんが、スキーの板でママに手伝ってもらって滑っていたのだが、何度かやっているうちにコツを覚えていた。色々具体的に教えるより、大きくなって、小さくなってというと、しゃがんだり立ったりするので、それでうまくなったとか。何年か前は、暖かい服を着てピステに泊まっていた、2年ぐらい前からママの背中に背負われていたのに、この変化はすごいもんだ。

夕方まで滑ってから、食事なのだ。毎年恒例の石打ドライブインで焼肉となるはずが、石打ドライブインが昨年末ぐらいに火事で休業中なのだ。スーパーのぐちで食材を買って、餃子を作ってマンションで食べることに。かなりおいしくでき、ボリュームも満点で大満足。夜中まで飲んで、お風呂に入って寝た。翌朝起きると、青空。いい日だ。しかし、俺だけ一足先にキロに。日曜の朝早めに出て、12時過ぎには帰宅。来年は家族3人でくるのだろうか。どうなるのか、今から楽しみだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。