apbank fes Reborn art festival2016

音楽番組を作っている友達Rさんに誘ってもらって、apbank fes2016に行ってきた。フェスというものに行くのは数年ぶりだったけれど、実に満喫して帰ってきた。

金曜の20時過ぎに東京駅から新幹線で仙台へ。仙台のスーパーホテルで泊まって、翌朝7時に出発。今回はRさんの友達と僕らで4人。朝、初めて顔を合わせて、レンタカーで出発。中国の広州からこのために来ていたKさんには、驚いたが毎年Rさんと一緒に来ていたという話をきいて納得。さて、出発。仙台を出ると5年前に見た風景がそこにはあった。

ボランティアで何度か来た時はまだデコボコの道路だった。それが、今はきれいな高速道路に変わっていた。ふたたびこうして、この地にくるというのは感慨深い。apbankfesの会場は、泥をかきだした海岸沿いのエリアからすぐそばの場所だった。更地になった港のエリアは大きなライブ会場になっていた。復興事業としていろいろな工事が行われており、乗用車とトラックの数が同じぐらい多く行き交っていた。

早めについて場所取り。炎天下はきついので、テントの下にシートを敷いてベストポジションゲット。ゆるゆると話したり、寝たりしながら時間を過ごしていると、ライブが始まった。Salyuを生で初めて聞く。伸びやかな歌声。これ以上でないと思ったところから、さらに伸びる声が心地よい。

音楽を聞きながら、いろいろな話をする。初めて会う人でも、いろいろな人がつながっている。おお、今宮城にいる、彼と知り合い?とか、あいつが会社作った時にサポートしていたよとか、とか、そんなに繋がるのかというほど。もちろん、音楽も。小さいころに聞いていたミスチルが演奏すれば、過去を思い出す。

そして、この石巻という場所。東日本大震災のあと二回ほどきた。2回めにGWにテントを持って来た時に、泥のかきだしをしていたが、その場所から数百メートルの場所が会場だった。生きているといろいろな物が重なりあっていって、いろいろな感情を味わわせてくれる。

ミスチルが歌い始めると、みんなが一斉に前へ前へと走り始める。そして、歌に合わせて手を振り、合唱する。これが、スターかと思った。他の歌手ではここまでならなかった。そして、その人達の顔を見ながら歩いていると、本当に幸せそうで、そういった人の感情を作り出せるってスゴイことだなと思った。と、同時に50年前とかはもっと娯楽が少なく、情報が少なかった。その次代の美空ひばりさんとかは、もっと多くの人を熱狂させたんだろうと思った。そう思うと、スターって、ヒーローってとっても重要なんだなと、音楽を聞きながら。

ミスチルが歌い終わると、いっきに人が帰っていった。次の歌手が終われば、さらに人は帰る。そして、1日目の夜の人が一気に減ってからの演奏を、木のチップが敷かれた大地に寝転んで聞いていた。七尾旅人さんが、ギター一つでゆるりと歌う声を聞くととても気持ちよかった。このゆったりとした時間が心地よい。1日を終えて、宿へ。石巻のすぐ近くの宿がとれたのでそこに。ホコリっぽかったので、風呂で汗を流し、夜な夜ないろいろなことを語りながら、お酒を飲んで寝た。

翌朝も快晴。宿を出発して、列に並んで昨日と同じテントの下をゲット。今日もここで快適に過ごすことができる。準備は今日も万端で、クーラーボックスに凍らせたスポーツドリンクがあったり、冷えピタ、エアマットや椅子もあって快適すぎる。そして、音楽が流れてくる。

2日目は、佐藤タイジ、ミスチル、ハナレグミ、ミーシャ、イエンタウンバンド、Bank Bandという神がかった流れ。特にハナレグミの心の柔らかい部分をそっと包み込むような歌、からのミーシャの力強い歌声は最高の瞬間だった。本当に満足度の高い時間。ただ、帰らねばならなく、JRというアーティストの大きな写真を撮って、帰ることに。歩きながら、BankBandの歌声が聞こえ、最高の蛍の光となった。渋滞もなく仙台に早く着いたので、ご飯を食べて東京へと戻った。






■持ち物
エアマット
ブルーシート
折りたたみ椅子
凍らせたペットボトル
お菓子
おにぎりなど
クーラーボックス
帽子
マスク
タオル
冷えピタ
日焼け止め
ウェットティッシュ
ボディタオル
レインウェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。