アコンカグアのスケジュールと装備

アコンカグアまで1週間。
パスポートも更新して、荷物の準備。
ほぼ必要なものはあるので、後は詰め込むだけ。

◆スケジュール
Day Date Progression Accomondation
1 12/20 “EMIRATES AIRLINES(エミレーツ航空) EK319 22:00 NRT – ” Air
2 12/21 ” – 0:55 DXE EK247 DXE 07:10 – 19:45 BUE”
   ”Ayres de Libertad Libertad, 1283, Retiro Buenos Aires, 1011 +541145118420″
3 12/22 “Aerolineas Argentinas AR 1410
   AEP 16:20 – 18:10 MDZ” MDZ T.B.D.
4 12/23 Shopping, Renting gear, Getting Permit MDZ T.B.D.
5 12/24 “Bus, Mendoza to Trail head
   Trekking to Confluencia” Confluencia
6 12/25 Trekking from Confluencia to Base Camp Base Camp
7 12/26 Acclimatization in Base Camp Base Camp
8 12/27 Trekking to Nido de Condres and back Base Camp
9 12/28 Trekking to Nido de Condres and back Base Camp
10 12/29 Reserve day 1 Base Camp
11 12/30 Trekking to Cólera Cólera
12 12/31 Sumit attack and back to base camp Base Camp
13 1/1 Trekking from base camp to trail head and back to Mendoza MDZ T.B.D.
14 1/2 Reserve day 2 MDZ T.B.D.
15 1/3 Reserve day 3 MDZ T.B.D.
16 1/4 “Aerolineas Argentinas AR 2403
      MDZ11:30 – 12:36 AEP
      EMIRATES AIRLINES EK248
      BUE 21:30 – ” Air
17 1/5 – 22:45 DXE Air
18 1/6 “EK318 DXE 02:55 – 17:20 NRT”

■ルート

アコンカグア登山 ノーマルルート

◆メンバー
7名
Takuji Sasaki, Takashi Murayama, Shinya Tanaka, Hiroki Ishikawa, Tamayo Ishizu, Masahiro Katase, Takeshi Teramachi

■航空券 成田→ブエノス・アイレス 合計:256,940円 HIS
2013/12/20
22:00 – 05:00(12/21着) 東京(成田) / ドバイ(ドバイ)
EMIRATES AIRLINES(エミレーツ航空) EK319

2013/12/21
07:10 – 19:45 ドバイ(ドバイ) / ブエノスアイレス(エセイサ)
EMIRATES AIRLINES(エミレーツ航空) EK247

2014/01/04
21:30 – 22:45(01/05着) ブエノスアイレス(エセイサ) / ドバイ(ドバイ)
EMIRATES AIRLINES(エミレーツ航空) EK248

2014/01/06
02:55 – 17:20ドバイ(ドバイ) / 東京(成田)
EMIRATES AIRLINES(エミレーツ航空) EK318

■ブエノス・アイレス→メンドーサ航空券

海外からブエノスに到着するのは、エセイサ国際空港(ミニストロ・ピスタリーニ国際空港)で、国内線はホルヘ・ニューベリー空港な。

Passenger(s): Ticket(s) #: Seat(s):
Takeshi Teramachi 0442123294934 N/A

Date From To Flight Status
22 Dec 2013 BUENOS AIRES AEP, ARGENTINA
16:20MENDOZA, ARGENTINA18:10AR 1410 Confirmed
Economy

Date From To Flight Status
04 Jan 2014 MENDOZA, ARGENTINA
11:00BUENOS AIRES AEP, ARGENTINA12:36AR 2403
Operated byAUSTRAL LINEAS AEREAS Confirmed
Economy

■ブエノス空港間移動

シャトルバスあり。渋滞でMAX2時間かかる。
入国審査も遅く3時間前に到着するべき。

http://transargentina.com/

◆保険
モンベルの山岳保険

◆ウェア
 【上着】
  ・ファイントラック アクティブスキン
  ・Tシャツ
  ・キャプリーン4
  ・薄手のフリース(アディダス)
  ・R2
  ・インナーダウンジャケット(ロウアルパイン)
  ・レインウェア(モンベルトレントフライヤー)
  ・DASパーカー(パタゴニア)

 【下着】
  ・パンツ
  ・cap4タイツ
  ・インナーダウン
  ・厚手のズボン(ロウアルパイン)
  ・ゴアの防水ズボン(ロウアルパイン)
  ・サスペンダー(ズボン落ちない異様に)

【靴下】
  ・DRYMAXなど速乾性靴下×4
  ・ネオプレーンソックス(ノースフェイス)
  ・超厚手の靴下(パタゴニア)

【シューズ】
  ・プラスチックブーツ(レンタル)
  ・アイゼン(グリベル)
  ・ベースキャンプかハイキャンプ(5900m)まではトレランシューズOK(しかし、靴下は厚手!)
  ・クライミングシューズがあると遊べる
  ・サンダルもあると便利
  ・ゲイター
  ・象足

【手袋】
  ・速乾性手袋(ファイントラック)
  ・ライナーグローブ(スマートウール、ブレスサーモなど濡れたとき用にライナー手袋の予備)×2
  ・フリースグローブ(BDのソリストのインナー?ソリストも持っていく。)
  ・防水アウターグローブ(ISUKA)
  ・ダウンミトン(マウンテンハードウェア)
  
【眼鏡】
  ・眼鏡はNGでコンタクト(コンタクトは凍るので、常に胸ポケットに!)
  ・眼鏡ケース
  ・コンタクトの鏡
  ・サングラス
  ・ゴーグル(AXE)

【バラクラバ】
  ・速乾性バラクラバ(ファイントラック)
  ・フリースのバラクラバ(cap4のフーディーで代用可能)
  ・ヘルメットはいらない
  ・ネックゲイター
  ・バフ
  ・ニット帽(ノースフェイス)

◆装備

【ストック系】
  ・ガレ場が多いので、がっちりしたストック
  ・ピッケル
  ・スリングとカラビナ

【ザック系】
  ・トリコニ75L (ウェアを脱ぐ可能性があるので、大きなザックをぺちゃんこで登る)
  ・ダッフルバッグ(120L グレゴリー)
  ・町中で使う小さいザック
  ・ザックカバー

【地図系】
  ・GPS(ガーミン)下山の道迷いがない
  ・地図
  ・ガイドブック
  ・コンパス
  ・腕時計(高度計)

【ファーストエイドキット】
  ・基本的な薬やファーストエイドキット
  ・ダイアモックス
  ・ニューハレ少し
 
【シュラフ】
  ・シュラフ(モンベル ULスーパースパイラルダウンハガーEXP)
  ・シュラフカバー(SOLのエマージェンシービビィ)
  ・エアマット(マウンテンイクイップメント)

【テント】
  ・共同装備

【電気系】
  ・ヘッドライト
  ・ハンドライト
  ・iPhoneを5回充電できる充電器Amazonで買える
  ・iPod
  ・携帯電話
  ・充電器
  ・充電ケーブル(カメラ、携帯用)
  ・一眼レフ(PENTAX)
  ・コンデジ
  ・GoPro
  ・予備バッテリー(カメラ、携帯用)
  ・電源の変換プラグ

【食料系】
  ・折り畳みコップ
  ・食器(コッヘル、フォーク、スプーン)
  ・バーナーヘヘッド
  ・ガス缶を現地で買う
  ・ライター(バーナーつかない時)
  ・テルモス×2
  ・プラティパス×2
  ・ハイドレ
  ・ナイフ

 
【その他】
  ・歯ブラシ
  ・トイレットペーパー
  ・筆記用具、ノート
  ・時計
  ・財布
  ・安全袋(パスポート入れ)
  ・防水袋(圧縮袋)
  ・ビニル袋たくさん
  ・ジップロック
  ・黒い小さな袋(うんこ用)
  ・ホッカイロ
  ・エマージェンシーシート SOL
  ・眼鏡ケース
  ・ウェットティッシュ
  ・本
  ・保険証(旅行保険、山岳保険)
  ・航空券 印刷した紙(成田-ブエノスアイレス、ブエノスアイレス-メンドーサ)
  ・入山申請書類(バーコードも印刷)
  ・細引き
・カラビナ、スリング

■レンタル
 ・プラブーツ
 ・マット

■食料
 ・カフェインジェル
 ・フリーズドライ
 ・日本の缶詰的なもの。つまみとか。
 ・行動食(SOYJOYとか日本のやつ)

【うんこ・しっこ】 
  ・小さくて黒い袋をたくさん持っていく→うんこ用
  ・ジップロックもたくさん
  ・トイレットペーパーも
  ・ ナルゲンボトル カンティーン ソフトボトル おしっこ用
  ・シッコは、入り口が大きいナルゲンのボトル(できればプラティパスのようなソフトケースが便利)

送信者 アコンカグアに向けて富士山トレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。