1本の電話

知らない番号からの着信。
打ち合わせ中でとれず。
いつもは1回の着信なら流して終わる。
なんか気になって、夜に折り返した。
つながらず、再度かかってきた。

「おう。」
「・・・です」
うまく聞き取れず。
「はい」
と生返事。

「スイッチの新井です。」
「お、お久しぶりです。」

「そろそろ、アコンカグア出発かと思って連絡した」
「出発前に顔見たいと思って」
「壮行会とかないの?」

「それは、予定してなくて。。。」
「じゃあ、いつかえってくるの?帰ってきたら、会いに来いよ。」

「お前、記事かける?」
「coyoteにアコンカグアの記事書ける?」

「ありがとうございます。」
「書けると言っていいか分かりませんが、書いてみたいです」
「写真は?」
「一眼レフでとってくる予定です。」

「じゃあ、出発前に会えそうな日あったら、連絡して。」

coyoteは星野道夫さんの特集をしたりする大好きな雑誌。
好きでcoyoteのクリエイティブライティングの講座にも通った。
そんな、とっても尊敬するcoyote編集長からの突然の連絡。
毎年恒例の年末のforget me notにも出れないけれど、気にかけてくださっていて、なんだか、うれしい電話だった。
まあ、どうなるか分からないけれど、記事の話も楽しみだ。

2013/12/05

送信者 クリエイティブライティング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。