アコンカグア ヒアリングまとめ

アドベンチャーガイズの佐藤優さんと、なんとマッキンリー22回登頂、ヒマラヤ縦走などされており椎名誠のあやしい探検隊では「タワシ髭の大蔵」として登山隊長をされている大蔵喜福さんにもきていただいて、話を伺った。もちろん、お二人ともアコンカグア経験者。

もう、こんな豪華な方に話を聞ける機会は滅多にないけれど、これもアウトドア友達つながりのおかげ。感謝。

そして、僕らと一緒のときに佐藤さんもアコンカグアに行くので、現地でもいろいろお話伺えそう。

◆ウェア
 【上着】最も寒いときの服装。頂上でも暑ければ薄着
  ・キャプリーン3→薄手のフリース(パタゴニア)
  ・R1→厚手のフリース(パタゴニア)
  ・R2→厚手のフリース(パタゴニア)
  ・ナノパフ→ダウンジャケット(パタゴニア)
  ・シェル→防水アウター(パタゴニア)
  ・ダウン(パタゴニア)

 【下着】最も寒いときの服装。頂上でも暑ければ薄着
  ・速乾パンツ
  ・R1パンツ→厚手のフリース(パタゴニア)
  ・シンプルガイドパンツ→登山ズボン(パタゴニア)
  ・マイクロパフ→ダウンズボン(パタゴニア)
  ・M10→防水ズボン(パタゴニア)
  ・サスペンダー(ズボン落ちない異様に)

【靴下】
  ・サラリーマンソックス笑(DRYMAXなど速乾性靴下)
  ・ネオプレーンソックス(キャラバンorノースフェイス)
・超厚手のパタゴニア、スマートウールの靴下も念のため持つ
  ・インナー靴下は速乾性で、替えを何枚か持つ

【シューズ】
  ・スパンティークかプラスチックブーツ
  ・ベースキャンプかハイキャンプ(5900m)までは撮れランシューズOK(しかし、靴下は厚手!)
・クライミングシューズがあると遊べる
  ・サンダルもあると便利
  ・ゲイター
  ・象足

【手袋】
  ・速乾性手袋(ファイントラック)
  ・ライナーグローブ(スマートウール)
  ・フリースグローブ
  ・ダウンミトン
  ・防水アウター(ダウンミトンが厚手で防水ならいらない)
  ・濡れたとき用にライナー手袋の予備
 
【眼鏡】
  ・眼鏡はNGでコンタクト
  ・コンタクトは凍るので、常に胸ポケットに!
  ・サングラス
  ・ゴーグル(ゴーグルのときはコンタクト!

【バラクラバ】
  ・速乾性バラクラバ(ファイントラック)
  ・フリースのバラクラバ(cap4のフーディーで代用可能)
  ・ヘルメットはいらない
  ・ネックゲイター
  ・バフ
  ・ニット帽

◆装備

【ストック】
  ・ガレ場が多いので、がっちりしたストック

【ザック】
  ・ウェアを脱ぐ可能性があるので、大きなザックをぺちゃんこで登る
  ・ザックカバー
  

【うんこ・しっこ】 
  ・小さくて黒い袋をたくさん持っていく→うんこ用
  ・ジップロックもたくさん
  ・トイレットペーパーも
  ・シッコは、入り口が大きいナルゲンのボトル(できればプラティパスのようなソフトケースが便利)

【GPS】
・GPSがあると下山の道迷いがない
  ・地図
  ・コンパス
  ・腕時計(高度計)

【ファーストエイドキット】
  ・基本的な薬やファーストエイドキット
 
【その他】
  ・iPhoneを5回充電できる充電器Amazonで買える
  ・iPod
・携帯電話
  ・充電器
  ・充電ケーブル
  ・一眼レフ
  ・GoPro
・予備バッテリー
  ・ピッケル
  ・スリング
  ・アイゼン
  ・防水袋
  ・ビニル袋
  ・ジップロック
  ・ホッカイロ
  ・エマージェンシーシート SOL
  ・食器
  ・バーナーヘヘッド
  ・ガス缶を現地で買う
  ・ライター(バーナーつかない)
  ・テルモス
  ・ナイフ
  ・コッヘル
  ・フォークスプーン
  ・コンタクト
  ・眼鏡ケース
  ・ウェットティッシュ
  ・折り畳みコップ
  ・

◆現地情報

【ネット】
  ・ベースキャンプのヤシの木があるドームテントのネットカフェが一番安い(しかし、遅くて15分2000円。。。)

【登山行程】
  ・コンフレンシアとプラザデムーラで血圧などのテストあり
  ・グランカナレーターまでいけたら、頂上までいける
  ・5900mのハイキャンプまで一気にあがってしまう。ハイキャンプの往復を順応ですると、それだけで疲れるため。
  ・とにかくゆっくり登る。呼吸を気をつける。深い呼吸
  ・下りでも高山病になるので、5900mまではゆっくり

【おみやげ】
  ・日本のボールペン、コアラのマーチなどお土産として喜ばれる

【許可証】
  ・日本で下記URLから入力して、バーコードを出力。PDFでも保存して現地でなくしてもOKな用にしておく
   http://www.aconcagua.mendoza.gov.ar
  ・現地での支払いと登録は別の場所
  ・支払いは観光局横の宝くじ売り場みたいなところ

◆その他チップス
  ・ダイアモックスは半錠ずつ毎朝飲む(おしっこに行きたくなるので、夜は飲まない)
  ・水分をこまめにとって、排泄もこまめに
  ・血圧をあげるにはビールを飲んだり、バイアグラを飲んだりする
  

◆保険
  ・千代田保健センターのあいおい損保がベスト 天野さん

◆食事
  ・プラティパス2Lを2つ
  ・ハイドレもあると常に水を飲みやすい
  ・食器も個人装備
  ・テルモス
  ・アタックではフリーズドライを各自持つ
  ・行動色も各自
  ・カフェインジェル、カフェイン錠剤、トメルミン、眠眠打破など

アコンカグア ヒアリングまとめ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 旅バム blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。